沼津海岸線ウォーキング  大瀬崎     

 今日は、一昨日訪れた大瀬崎の夏の模様を綴る。大瀬崎に付いては今年の2月10,11日に綴った。その時は冬の最中の良い天気に恵まれて、青い空と青い海、更には白い富士山が良く見えていた。それに引き換え、一昨日は曇り空で、しかも霞が掛かって富士山はおろか海の向うに見えるはずの沼津市街地すら見えなかった。
 しかし、夏休み前の静かな海水浴場をゆっくりと見学する事が出来た。今週には梅雨も明けて、子供達も夏休みに入るのでここは賑やかになる事だろう。
画像
               (梅雨時で人もまばらな大瀬崎海水浴場)

 そんな中でも子供達の一グループが賑やかに海水浴を楽しんでいた。
画像
               (楽しそうな子供達の海水浴)

 この日は夏休み前の平日でもあり、子供達は少ない。むしろ大人たちが夏の海を楽しむ風景が見られた。
画像
              (今夏の海を楽しむ前のシュノーケル教室か?)
画像
                (別グループはカヤック教室で沖に向かう?)
画像
              (こちらのグループはスキューバダイビング教室か?)
 
 私のこの日の目的は香貫山で見たハマユウの姿を本場の大瀬崎で見る為に訪れたのだった。海水浴場はソコソコにして大瀬崎半島に向かう。
 ハマユウの姿は昨日の番外編で綴ったが以下に再録する。昨日も綴ったが、このハマユウは沼津市の花なのだ。
画像
                  (ハマユウ  ヒガンバナ科、ハマオモト属)
画像
                   (海の見える砂地に咲いたハマユウ)

 海岸に出ると冬の時には見られなかった緑の植物が見える。しかも綺麗な花が咲いている。
画像
                 (ハマナタマメ  マメ科、ナタマメ属)
画像
             (海岸の大きな石の上に蔓延っているハマナタマメ)
画像
                 (ハマゴウ  クマツヅラ科、ハマゴウ属)
画像
              (海岸の大きな石の間に群生しているハマゴウ)

 海の見える岩場や砂場には橙色のユリの花が見える。スカシユリのハマユリだ。
画像
               ( ハマユリ(スカシユリ)  ユリ科、ユリ属)
画像
               (海の見える岩場に生えるハマユリ)

 この日は大瀬崎から内浦三津まで歩く予定だったので大瀬崎をソコソコに出発した。これ以降は明日綴る事とする。

 今日は山梨県にある高畑山に行って来た。今日の歩数は13,349歩、今週の累計歩数は95,450歩/6日。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月22日 22:52
大瀬崎も海に来ている人も梅雨明けがまちどうしい感じが現れています、ハナナタマメというのは初めてですがビンク色の綺麗な花ですね、どんな実が付くのか気になるところです。
高畑山は私も登りましたがレポート楽しみにしています。
信徳
2007年07月22日 23:33
待望の海で~す。良いですね、もう海水浴なんかしちゃって。とても羨ましい気持ちですが画像を見せて貰っているだけで幸せ。梅雨が明けてカンカン照りが待ち遠しいですね。
2007年07月23日 00:18
こんばんは。今日は蒸し暑かったので、この海水浴の画像に憧れます。
ドボン~と一緒に潜りたい気持ち。。でもあらら^^!!私カナヅチでした~。キャー助けて~~と言いたいところ・・。
夫は以前スキューバダイビングしていましたが、今はもう止めて、車庫に重い錘など一式眠ってます。
浜辺では、山と違って色々珍しい植物が咲いていますね。
画像はハマの名前が付くものばかりですね~。
ハマユウはここでも見られていますね。
「ハマナタマメ」は初めてで、マメ科独特の花で色が綺麗です。
「ハマゴウ」はクマツヅラ科ですが、葉が臭いのでしょうね。
調べたら、「浜香」で葉はお香の主原料で、樹皮はお線香の素材の一部なんですね。円い実にも芳香だそうです。今回も先を急がれて嗅がれませんでした?
ハマユリ(スカシユリ)も太陽のような色で元気ですね。上向きでスカシユリですね。
 
2007年07月23日 14:46
お天気でしたら富士山が綺麗に見られるのに残念です。
梅雨も明ければ、夏休みも始まっていますし子供達の楽しそうな声が聞かれますね。
浜辺の花も綺麗ですね。ハマユウは、先月初めて見ましたが、拡大して見せていただきました。沼津市の花なのですね。花びらが細く長くシベも長く美しい花ですね。ハマユリの花、鮮やかな色で海の近くで咲いていますね。
寅太
2007年07月23日 15:44
ハマの植物が勢ぞろいですね。どれも綺麗だ。
ハマナタマメも良い色がでています。
中越沖地震で長岡市の寺泊海岸の海産物通りも十分の一の人通りとか。
いくら風評だと言っても、震源地の近くの海岸では遊びづらいと思います。
2007年07月23日 18:43
OSAMIさん、今晩は。
矢張り海水浴場は梅雨明けからが本番ですね。そろそろ梅雨も明けるでしょうから、そこから海は賑やかになります。
残念ながら、高畑山は雲空の下で眺望も良くなく、暗い林のなかでボケ写真ばかりでレポートは中止せざるを得ません。何枚かの画像は、いつか番外編で掲載する予定です。
2007年07月23日 18:50
信徳さん、今晩は。
矢張り海は梅雨明け以降ですね。子供達も夏休みに入りこれからは賑やかになるでしょう。しかし、年寄りには強烈な紫外線は良くないので、足を波打際で浸けて、後は日陰でゴロリと雰囲気を楽しむだけですね。
2007年07月23日 19:06
一花さん、今晩は。
歳をとるにつれて海水浴とは縁遠くなりますね。しかし、陽を避けながら海岸にいる事は好きで、時々近くの海には出かけます。今、気付きましたが今回はハマの付く植物ばかりでしたね。ハマシリーズとでもサブテーマをつければ良かったかな?(笑)。ハマゴウは、「浜香」で葉はお香の主原料で、樹皮はお線香の素材の一部なんですか?知りませんでした。今回も浜香の良香には無関心でした。残念!
2007年07月23日 19:16
杏さん、今晩は。
まだ梅雨明けしていなかったので富士山が見えないのは覚悟していたのですが、やはり残念でしたよ。ソウですね、夏の海は子供達の元気の良い声が一番似合います。今回の花は全てハマが付きます。そして塩風があたる否、強風時には塩水が掛かる所で元気に咲いているので、ビックリです。(彼らからすれば当然なのでしょうネ)
2007年07月23日 19:21
寅太さん、今晩は。
ブログを綴っている時は気付きませんでしたが、今回は全てハマが付く植物でした。地震直後の海岸では、やはり人の出るのは少なくなりますね。伊豆でも数年前の地震後はキャンセルで旅館は困ったと聞いています。

この記事へのトラックバック