香貫山の植物  ジャノヒゲ (番外編 ミヤギノハギ)    

 香貫山の登山道のすぐ脇に紫色の小さな、小さな花が見える。屈み込んで見るとジャノヒゲ(蛇の髭)の花だった。
画像
                     (登山道脇のジャノヒゲの花)

 綺麗な緑色の葉は幅が2~3mmと細い。ジャノヒゲの名は、この細い葉が左右に別れて出ている姿から付けられたと資料に有るが、ここの株はチョッと貧弱な鬚だ。
 五重塔のある香陸台広場の芝生の中にもジャノヒゲを見つけた。こちらは日当たりも良いせいか花の色も濃く、また蕾も沢山付いている。
画像
画像
                      (香陸台広場のジャノヒゲの花)

 別名でリュウノヒゲともいわれ、常緑多年草の為グランドカバーとして良く用いられると有る。又、ジャノヒゲの矮性品種のタマリュウも園芸用に使われるが葉は短く外側に反ると資料にある。

<ジャノヒゲの花>
 7月頃に葉の間に5~10cmの花穂を形成し、白~淡紫色の花を咲かせる。花弁は6枚、オシベは6本で黄色の葯が綺麗だ。普通の花ではオシベはメシベの周りに並んでいるが、面白い事にジャノヒゲのオシベは一塊になってメシベと向かい合っている。
画像
                      (オシベとメシベはお見合い中)

<ジャノヒゲの実>
 果実は葉の根元で成熟する。葉の下に隠れており、掻き分けないと見えない。実は10月頃までは美しい緑色であり、12月にはいると深い紺色に色づく、と資料に有る。冬になったら観察する事としよう。

<ジャノヒゲ(蛇の髭)>
  ユリ科、ジャノヒゲ属
  別名:リュウノヒゲ(龍の髭)
  名前の由来:細い葉が左右に別れて出ている姿から付けられた

<特徴>
  常緑の多年草
  7~8月、5~10cmの花穂を形成し白色~淡紫色の小集団花を下向きに咲かせる
  山地や草地、道端などに生える
  冬に青く丸い実が出来る  実の径8mm程度
  常緑で草丈は20cm以下、葉の幅は2~3mm

《番外編》 ミヤギノハギ
 ミヤギノハギに付いては6月16日に綴った。その時の宿題は、ネットで調べると「宮城野萩は 6 月頃から咲き始めます」と「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」と2つ有る。香貫山のミヤギノハギはどちらか?今年はその疑問を解消するべく定期的に観察する事とする、であった。
 以下にその後の観察結果を載せる。
画像
                     (開花の初め  6月14日撮影)
画像
                     (最盛期  6月29日撮影)
画像
                     (咲き終わり  7月15日撮影)

 以上3枚の画像より、ミヤギノハギは7月15日で咲き終わったと見るべきで、宿題の答えはミヤギノハギは「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」の方だった。今から2ヵ月後に又、咲き始めるとは随分タフな植物だ。(7月15日の画像を撮る前に下草刈りが始まって少し刈り込まれたが、宿題の判定には影響は無かった。)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,588歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月17日 00:41
こんばんは。うちは今「タマリュウ」の花がたくさん咲いていて、カメラで撮りました。でも花が寝ていて小さく、なかなか上手く撮れないのですよ。これと違って薄桃色です。葉も短くて日陰に強く、グランドカバーにしています。
ミヤギノハギをしっかり観察されましたね。6月からひと月も咲いていて花期が長いでしたね。恐らくまた暫く休んで咲いてくると思いますよ。
うちのエドシボリは6月の中旬から咲いていましたが、暫く咲いて休み
、また今新しい蕾が今出ています。去年開花株を求めたのは9月でしたから2~3度咲くかも??です~。公園では今満開です。
2007年07月17日 11:16
ジャノヒゲの花は良く見た事が無かったのですが、お見合い中というのは面白いですね、花の形はバランスがとれているのに雄しべが偏っていて、雌しべと見合いというのは何故なのかと気になるところです、色は爽やかな紫で綺麗ですね。
2007年07月17日 15:58
ジャノヒゲ、本当に小さな植物ですね。
花も撮るのが大変だったのでは・・。薄紫色のジャノヒゲの花、綺麗ですね。私も撮ったのですが、残念ですが花は咲いていませんでした。
オシベもメシベも 向かい合ってお見合いですね。いつもですが、小さな花をこのように綺麗に撮られて感心しています。
信徳
2007年07月17日 18:27
小さなジャノヒゲも素晴らしく良く撮れています。腕と機材が良いのでしょう。
花札の世界では赤萩は7月です。宮城野萩は7月が正しく9月は狂い咲きではないでしょうか?
2007年07月17日 18:42
一花さん、今晩は。
私も近所のお宅でタマリュウの花を撮ろうとしたのですが上手く撮れませんでした。小さくて難しいですね。ミヤギノハギはどうやら年に2回咲くことが解りました。その他のマルハギ、キハギも今、香貫山で咲き始めています。これらも秋にも咲きます。一花さん宅のエドシボリも2,3回咲くようですから、どうやらハギはどれも年に2,3回は咲くようですね。
2007年07月17日 18:48
OSAMIさん、今晩は。
ジャノヒゲの花も小さいですが拡大して見ると綺麗ですね。オシベとメシベの位置関係は何か理由が有ると思うのですが、今の所?です。
2007年07月17日 18:54
杏さん、今晩は。
ジャノヒゲの写真を撮る為には地面に膝を突いてカメラを覗き込んでいましたから、遠くから見られたら変な格好をしていると思われたでしょうね(笑)。
2007年07月17日 19:08
信徳さん、今晩は。
小さなジャノヒゲの撮影が出来たのはカメラのお蔭ですね。腕前は関係なくて、指でシャッタを押すだけですから(笑)。花札は昔からの季節感を表しているでしょうから、ハギは7月が昔からの季節感ですかね?

この記事へのトラックバック