香貫山の植物  ウツボグサ     

 今年も香貫山の登山道沿いに紫色の筒状の花が咲いている。ウツボグサ(靫草)だ。今年は昨年と異なる場所で見つけた。
画像
                    (ウツボグサ)

 上の画像は先月の27日に撮影した。撮影後、昨年沢山のウツボグサを見つけた場所を訪れたが発見出来なかった。多年草なのでその内に今年も生えてくると考えて今日まで、そこを観察して来たが、今年はどうも生えて来ない様だ。ススキやその他の背の高い草に覆われて発芽出来なかったと考えられる。昨年の画像を以下に載せる。
画像
                 (一塊のウツボグサ  昨年の6月23日撮影)

 名前の由来は矢を入れる細長い容器の靫に似ているから、と資料に有るが、靫そのものを知らない。
 ウツボグサはシソ科で一つ一つの花はシソ科共通の唇形をしている。
画像
                     (シソ科特有の唇形花)

 茎の断面もシソ科特有の四角であり、更に花序もよく見ると基本は四角形である。苞葉が密に対生しており、1つの苞葉に3つの花が咲くので、上から見ると合計12の花を数えることができる。と資料にある。
画像
                 (花序を真上から見ると12の花が見える)

 別名のカコソウ(夏枯草)とは夏に枯れて黒くなった花穂の事を呼び、利尿薬にする、と資料に有る。夏枯れの状態を見たいが、ここの1本だけでは夏までこの株が残っている保証はないな、と思っていた所、数日後に別の場所でもう1本見つけた。しかし、こちらの株は日陰の中に有った為か、か細くてまた花の付き方も少ない。
画像
                (別の場所で見つけたウツボグサは生育不良だ)

 そこで思い出したのは昨年の8月7日に綴った足和田山山頂で見たウツボグサの見事な群生だった。
画像
           (足和田山山頂のウツボグサ  昨年8月7日のブログより)

 山頂で風も吹き抜けるあまり良くない環境だと思ったが、日当たりも良く回りの草に囲まれてウツボグサにとっては居心地の良い環境だったのだろう。それに引き換え今年の香貫山はウツボグサにとっては最悪の環境だったのだろうか?ウツボグサは来年に期待するしか無さそうだ。

<ウツボグサ(靫草)>
  シソ科、ウツボグサ属
  別名:カコソウ(夏枯草)
  名前の由来:矢を入れる細長い容器の靫に似ている

<特徴>
  多年草
  6~7月 梅雨時期に咲く
  道沿いや土手  踏まれる所でも生えている
  道端を明るくする花  高山までも生えている
  草丈30cmまでで横に広がる

 今日は一日中雨で、ウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月13日 22:06
こんばんは。うつぼ草って名前の由来は、海のウツボに似るのかと思ってましたら、矢を入れる細長い容器の靫に似ているからですね。
野草としては青い綺麗な花ですが、これに似た西洋ウツボグサ(セルフヒール)と言うのが出回っていて求めて育てましたが、そっくり~です。
宿根だったのですが、今年出て来ませんでした。花壇に適したハーブとしてセルフヒールの名があるのだそうです。

近くの方にノコギリソウを戴いたんですが、一緒にこれが紛れ込んでいたようで、5枚目の貧弱な感じの花が咲いてきました。草丈は30㎝もなく10㎝ぐらいです。それもウツボグサなのか、雑草なのか分からないでいます。5枚目の画像にそっくりなんですが。上から見たら12の花びらはないようですけど・・。
昨年8月7日のブログ画像は見覚えがありますよ。他、そこで色々素敵な花を見せて戴きました~。
これって、毎年同じように咲かないものなんですね。日当たりを好むようで、他の草が邪魔してのでしょうね。
昨日はアガパンサスだけ目がいってしまいましたが、アカメガシワの雌花序の赤がとても綺麗でしたね。園芸植物にない花の美しさです~。
2007年07月13日 22:16
綺麗なウツボグサですね、昨年のところになんで出てこないのか不思議ですね、草刈などの影響があったのでしょうかね?、一つで邪魔されずに咲いていると貫禄が有って別のもののようにも見えますね。
寅太
2007年07月14日 06:19
ウツボグサは1つの苞葉に3つの花が咲き、合わせて12個ですか。今度数えてみます。
次々に花が咲きますが、たいていが足和田山山頂のように花が一部終わっています。
1枚目と3枚目の写真のように、花がいっぱいなのはなかなか撮れません。
香貫山の展望台は昔の天文台の跡地でしたか。
自生といってよいほどの歴史があるんですね。
2007年07月14日 12:09
ウツボグサ、シソ科だそうですが、青紫の花が可愛いですね。
花を真上から撮った画像は、初めて見せていただきました。
さすが、デコウォーカさんですね。珍しい違った角度を楽しめました。
一番下花が咲いているウツボグサと、花後のウツボグサをWクリックしてみましたが、感じが違って矢を入れる靫の形が見えました。
信徳
2007年07月14日 15:47
 綺麗な紫ですね。この花は群馬にも有ると思いますが、まだ見た事がありません。台風4号が日本に襲来して来ました。被害が無い事を祈ります
2007年07月14日 17:50
一花さん、今日は。
私もウツボ(靫)を知らず、魚のウツボかと思っていました。西洋ウツボグサ(セルフヒール)をネットで調べたら日本のウツボグサに良く似ていますが、少し小さいとあります。すると、上から5枚目の画像がセルフヒール???香貫山に西洋ウツボグサが進出???この花を見つけた所は尾根道の林の下で日当たりも良くないので生育不良のウツボグサと思いましたが・・・???西洋が付くウツボグサか付かないウツボグサか、これからも注意しておきましょう。
アカメガシワの若い実が赤いリボンを着けた様で可愛かったですよね。一花さんに誉められて、今雨がガシャガシャ降っていますがアカメガシワも喜んでいるでしょう。
2007年07月14日 17:59
OSAMIさん、今日は。
昨年沢山見たウツボグサが何故、今年出て来ないのか?昨年の下草刈りの影響か、今年の生育環境の影響か、はたまた昨年盗掘されたか?・・・良く解りません。今年見つけたウツボグサは一本だけがスクッと立っていました。周りに他の草が無く立派な姿で綺麗でした。
2007年07月14日 18:10
寅太さん、今日は。
ウツボグサは4角形の穂に各辺に3つの花を付けて4×3=12とは数学的美(?)が有るようですね。確かに今回のウツボグサには花が沢山付いていますね。お蔭で真上から見た見事な12個の花が見えましたが、普通はなかなか見れないかも知れませんね。
香貫山の展望台は昔の天文台の跡地でしたので、今でも石垣や駐車場跡等その名残が残っています。尾根道の途中には「天文台入口」と書き込まれた古びた標識がまだ残っています。
2007年07月14日 18:23
杏さん、今日は。
ウツボグサを真上から見たら、放射状に綺麗に花が付いているので写真を撮って帰りました。調べたら「1つの苞葉に3つの花が咲くので、上から見ると合計12の花を数えることができる」とあり、矢張りそうか、とニンマリでしたよ。最後の画像を改めて2回クリックで見ると、色々のウツボが見られますね。
2007年07月14日 18:27
信徳さん、今日は。
ウツボグサは群馬でも見られると思います。是非、探して見て下さい。こちらは今日、一日中雨です。これから明日に掛けて大雨が予想されています。私も、被害が出無い事を祈っています。

この記事へのトラックバック