香貫山の植物  アガパンサス (番外編 アカメガシワ)     

 香貫山の展望台のツツジの植え込みの前に登山者を迎えてくれている花がある。アガパンサスだ。アガパンサスに付いては昨年の7月9日に綴っている。その時の画像と合わせて綴り直す事とする。
画像
                 (展望台のアガパンサス)

 アガパンサスの 名前はギリシャ語で愛(アガパ)の花(アントス)という意味を持つ。別名は南アフリカを原産地なのでアフリカン・リリー、和名は紫君子蘭という。紫色の漏斗状の花を散形に多く付け豪華にして、清楚な感のある花なのでよい名前をつけてもらっている。
画像
                (沢山の花が放射状に付き全体が球形に見える)

 斜め正面から見た花は端正な顔をしている。
画像
                    (斜め正面から見たアガバンサス)

 花の構造は
画像
               (花弁は6枚、オシベは6本、メシベは1本)       
  
 梅雨時に咲くので雨にシットリと濡れている。雨に濡れて、水もしたたる良いアガパンサスだ。
画像
          (雨に濡れたアガパンサス  昨年の7月9日撮影)
             (2回クリックで拡大出来ます)

 アガパンサスはユリ科だ。別名の英語名はアフリカンリリーでリリー(ユリ)が入っているので合格だが、和名はムラサキクンシラン(紫君子蘭)とある。クンシランはヒガンバナ科でユリ科ではないが?

<アガパンサス>
  ユリ科、アガパンサス属
  別名:紫君子蘭、アフリカンリリー

<特徴>
  日当たり、水はけの良い所を好む
  6月咲き
  草丈80cmまで  大株になる
  白色もあり

《番外編》 アカメガシワ
<アカメガシワの実>
 アカメガシワの葉の上が赤みを帯びてきた。雌花序に変化が出てきている。
画像
画像
                 (アカメガシワの雌花序が赤みを帯びて来た)

 雌花の子房(しぼう)がふくらみはじめ果実になって来たのだ。赤く見えたのは雌花が開花した時に柱頭が3分割していた部分だ。以下に雌花の画像を昨年の6月24日のブログより転載する。
画像
          (アカメガシワの雌花  昨年の6月24日のブログより転載)
 
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,692歩、今週の累計歩数は34,660歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年07月12日 20:31
 綺麗な花ですね。雨にしっとり濡れたアガパンサスは最高です。良い名前を貰いました。我が家のアガパンサスも三年前に嫁入りして来ましたが今では狭い庭を独り占めにする様な勢いです。
2007年07月12日 21:46
こんばんは。アガパンサスはOSAMIさん宅でも白やこの色を三度くらい取り上げられましたが、此処の山にもあったのですね~。誰か植えられたのでしょうが、中にススキも生えているようで、自然な感じの野性風な咲き方ですね。
これって背があり、あちこちの花壇でも好んで植えられていますね。鉢でも出回っていましたが、これと違って葉の細いタイプも出ていますヨ。
うちは地でこれがもう咲かなくなって、また春に今年開花予定株を鉢で挑戦と思って3株求めましたが、まったく音沙汰なしです。日当たりを好みますが、樹木が蔭を作っています~。名前が良くて涼しげですよね。
2007年07月13日 09:56
最初の画像で自然の中で咲く綺麗なアガパンサスは百合の感じもあり良いなと思います、本当は改良されてもう少し色が濃くなると素晴らしい景色になのなと思いながら見させていただきました。
イッチャン
2007年07月13日 10:41
いつも拝見させて戴いてます。毎日の様に観察する心前向きの姿に感心致します。私の大好きなアガパンサスの花が載っていましたので、メールしました。
我が家の狭い庭にも今盛りに咲いています。
秋田駒の花々も本当に色々とアングルも良く撮れてまして私ももう一度行って見たくなりました。これからも楽しみにしています。
2007年07月13日 11:57
アガバンサスの花、とても爽やかな薄紫色した綺麗な花ですね。
沢山の花が集まって、一つの花になっていて画像の花の数は多いようですね。とても豪華な花です。斜め正面から大きく撮られた花は、ユリの花に似ていますがユリ科だそうですね。別名の紫君子蘭、アフリカンリリーの名前も素敵です。雨に濡れたアガバンサスの花、Wクリックで見せていただきましたが、とても綺麗でした。
寅太
2007年07月13日 13:26
香貫山は植えたのでしょうが、何でも自生しているように見えます。
アガパンサスは綺麗な色に撮れています。
もう少し濃いとヒスイの色に近くなります。
和名の紫君子蘭はちょっと欲張りすぎた名前ですね。
2007年07月13日 18:26
信徳さん、今晩は。
雨に紫陽花は似合いますが、雨にアガパンサスもなかなかです。3年前に来られたお嫁さんが元気で良かったですね、きっと住み心地が良いのでしょう。
2007年07月13日 18:45
一花さん、今晩は。
展望台広場には簡易な花壇も有り、お花の好きな人が色々植えて有ります。これらの植物はなるべく取り上げないようにしていますが、香貫山に生えていることは事実なので、香貫山の植物として、適宜取り上げています。このアガパンサスも昔、誰かが持ち込んで植えたと思います。しかし、いまではススキやヘクソカズラ等の蔓植物などと激烈な生存競争の中で育っています。強い性質の植物かと思いましたが一花さんちの花壇ではこれは劣勢の仲間でしたか。大きな株なので広々とした空間が必要なんですかね(素人の勝手な推測でした)。
2007年07月13日 18:53
OSAMIさん、今晩は。
ここは展望台の広場で、植木の好きな人が適当に草等を取ることはありますがすが殆ど手入れがされていません。ツツジやサツキの木も茫々としています。そんな環境の中でこのアガパンサスは綺麗に咲いています。確かに、もっと濃い色であれば素晴らしい景色になりますね。
2007年07月13日 19:10
イッチャンさん、今晩は。初めまして、ようこそお出で下さいました。
毎日、ウォーキングが続けられるように楽しみながらの観察です。
そちらの花壇にもアガパンサスが咲いているのですね。梅雨で暗くなりがちになりますが、この花がパッと咲くと明るくなりますね。
秋田駒ケ岳はチングルマやニッコウキスゲ等の群生も見られる様で、私も何時かまた訪れたいと思っています。
2007年07月13日 19:21
杏さん、今晩は。
何時も、木や山野草の細かい花を接写で撮影しているのと違い大きな花で別の意味で撮影に苦労しました。香貫山では、これからすぐにヤマユリが咲き始めます。これも大きくて撮影が大変です。どちらも山登りで息が切れている時に見ると、何とも言えず良いものです。
2007年07月13日 19:28
寅太さん、今晩は。
このアガパンサスは誰かが植えたと思います。暫く前に綴ったカラーもこの展望台広場に有ります。展望台は昔の天文台の跡地ですから、その頃から植えられたと思われる植物は多々有ります。今はそれらが自然の姿で昔から自生していたかの様な顔をしています。

この記事へのトラックバック