秋田駒ケ岳ウォーキング (その1)   

乳頭山ウォーキング(前半)

 7月1日、2日と、お花の山で有名な秋田駒ケ岳に行って来た。正確には初日は秋田駒ケ岳の隣の乳頭山へ、2日目に秋田駒ケ岳に登って来た。今日はその1日目の乳頭山ウォーキング(前半)に付き綴る。
画像
           (目的地の乳頭山山頂  最後の急坂地点から山頂を望む)

 7月1日の早朝こまち1号で東京駅を発ち田沢湖駅に着く。北東北デスティネーションキャンペーン中の為か、ホームで大太鼓演奏で景気良く乗客を出迎えてくれた。
画像
                (大太鼓演奏の出迎え)

 駅を出てバスに乗り、今日の宿泊所の乳頭温泉卿に向かう。荷物を旅館に預けて昼食と水他の軽装備で乳頭山へ向かう。スタート直後から急坂の階段道だ。ブナ林の下なので日陰で助かるが汗は止まらない。登山道脇に白いキノコみたいな植物が見えた。
画像
                    (ギンリョウソウ  イチヤクソウ科)

 ブナ林を抜けて低木、潅木地帯に入るとこれまで登った山々で見た事がある山野草が現れて来た。
画像
                      (マイズルソウ  ユリ科)
画像
                    (クルマバツクバネソウ  ユリ科)
画像
                     (ゴゼンタチバナ  ミズキ科)
画像
                     (ツマトリソウ  サクラソウ科)

 急な登山道が終わりほぼ水平な尾根に出ると、そこは湿原のお花畑であった。木道がシッカリと敷かれてあり、歩くのは楽だ。両側には珍しい高山植物が現れて来た。
画像
                    (イワハゼ  ツツジ科)
画像
                   (ワタスゲ  カヤツリグサ科)
画像
                  (ガクウラジロヨウラク  ツツジ科)
 
<訂正:2010年6月14日 ウラジロヨウラクをガクウラジロヨウラクに変更>

 草叢からニョキ、ニョキと美しい花穂を出した植物が生えている。後で出会った人に名前を聞いたらコバイケイソウ(小梅慧草 ユリ科)と教えてくれた。
画像
               (乳頭山山頂をバックにコバイケイソウの群れ)
画像
                   (コバイケイソウ  ユリ科)
 コバイケイソウは雌雄同株で頂枝の両性花と側枝の雄花からなると、後で資料を見て解った。確かに、頂枝と側枝の花は構造が異なっている。
画像
                   (コバイケイソウは雌雄同株)

 更に進むと紫色の何とも美しい花が咲いていた。これも名前を教えて貰いハクサンチドリと教えて戴いた。名前も美しい。
画像
画像
                   (ハクサンチドリ  ラン科)

 これらの美しい花を見ながら木道を進むと田代平山荘に着き、ここで昼食を取った。
 乳頭山ウォーキングの後半は明日綴る。

 7月1日の歩数は19,806歩、先週の累計歩数は65,108歩/7日。

 7月2日(月)の歩数は20,607歩。今日は秋田駒ケ岳ウォーキングの疲れをとる為、ウォーキングは中止。今週の累計歩数は20、607歩/2日。 

この記事へのコメント

2007年07月04日 00:40
こんばんは。昨日、今日と夜になるとブログが混むのか送信出来ず、間に合われてラッキーでしたね。
7月1・2日、お花の山で有名な秋田駒ケ岳に出かけられたのですか?お帰りなさい~。お疲れだったことでしょうね。去年は確か、木曾駒ケ岳にお出かけでお花畑の写真を見せて戴きましたが、今年も高山植物との出会いを満喫されましたね。羨ましいです。
ギンリョウソウもゴゼンタチバナ、ツマトリソウは珍しいですよね。
イワハゼ、ウラジロヨウラクはツツジ科の可愛い花ですね。ワタスゲの近くには沼か湿原があるようですね。
コバイケイソウもこんな感じで群れて咲いているのですね。葉はシラン似で毒らしいですよ。バイケイソウは仙台の野草園で初めて見たのですが、感じが違いますね。こちらは遠目には、サラシナショウマに似ますね。
そしてハクサンチドリにも出会われたのですね。紫が濃くですね。NHKTVの朝ドラでも、先日この花が出ていましたよ。
私も植物園でなく、自然の中で、こんな風に咲いている花々をじゅっくりと見てみたいです~。明日も楽しみです~。
2007年07月04日 09:55
お出かけはどちらかなと思っていましたが、お天気も晴れもようで素晴らしい花に出会えてよかったですね、後編と本番の秋田駒ケ岳を期待しています。
2007年07月04日 12:04
秋田にお出掛けでしたか。
乳頭山の山野草、珍しい花々を初めて見せていただきました。
ギンリョウソウ、真っ白な姿が素敵ですね。コバイケイソウの白い花の群れが草原に映えて綺麗です。ハクサンチドリ、名前も素敵ですが、紫色したお花の綺麗なこと、素晴しいですね。
明日も楽しみにしています。
寅太
2007年07月04日 12:36
素晴らしい旅行でしたね。
一花さんのコメントにありますが、NHKで初老の紳士が妻との思い出のハクサンチドリを探しに盛岡に行くのですが、綺麗な花ですね。
そしてゴゼンタチバナはハクサンチドリと同じように名前から素晴らしい。実物を見たいものです。
マイズルソウは今年2回目の出会いですね。
緑の中に浮かび上がる白いワタスゲやコバイケイソウも見たい。
信徳
2007年07月04日 16:25
梅雨の間の乳頭山行き良かったですね。色々な高山植物にも会えてラッキー!一昨年尾瀬に行った時のコバイケソウを思い出しました。もうじき夏です。
2007年07月04日 21:25
一花さん、今晩は。
本当についていました。7月3日中に送信するのをほぼ諦めていたのですが、最後のチャレンジで送信完了。時刻を見たら零時2分前でした。こんなハラハラは精神上良くない!
秋田駒ケ岳も木曾駒ケ岳と同様に高山植物が豊富な所でした。一花さんならばお花畑で動かなくなってしまうのではないでしょうか(笑)?
ハクサンチドリはNHKTVの朝ドラで最近、出たと同行の仲間から聞きました。私は見ていなかったのですが、今回のウォーキングでお気に入りになってしまった花でした。
2007年07月04日 21:31
OSAMIさん、今晩は。
梅雨の時期とは思えない程の上天気でした。色々の高山植物にも出会え最高の山行でした。疲れた後の温泉も最高でした。こんな山行だったら何回でも行きたいですね。
2007年07月04日 21:36
杏さん、今晩は。
秋田駒ケ岳は高山植物で有名です。私も初めて見る花、再会した花もあり楽しい山行でした。明日以降も花のオンパレードになるかもしれませんが時間が有れば見て下さい。
2007年07月04日 21:42
寅太さん、今晩は。
ハクサンチドリは一目見て気に入ってしまいました。NHKのTVドラマを見ていなかったのですが、初老の紳士の気持が良く理解できます。奥さんとの思い出の花ならば、なお更の事でしょうね。山野草の好きな寅太さんならば、ここの高山植物の数々は目に入れたいほど可愛いでしょうね。
2007年07月04日 21:49
信徳さん、今晩は。
本当に梅雨の時期とは思えない程の天気に恵まれました。高山植物の数々に出会えて大満足した山行でした。私はコバイケイソウも今回初めて見ました。ハクサンチドリに次いで気に入った花でした。
2007年07月06日 00:57
乳頭山山頂の山の形がいいです。山好きはまず山の形からその山が好きになり、そして登ってさらに山の魅力を発見して行くのです。
さすが乳頭山、秋田駒ケ岳は高山植物が豊富ですね。山の現役の頃に見ていた花ですが、しばらく山らしい山に登っていない事に気がつきました。なつかしさをかみしめながら写真を拝見いたします。
2007年07月06日 18:23
山頂下から見た時、なかなか急な岩場で如何にも山らしいと思い撮影しました。この日は何故、乳頭山なのかな?と疑問が残りましたが翌日、駒ケ岳(男女岳)から見て初めて乳頭山の意味が解りました。1泊2日で秋田まで行った甲斐がありました。私は山の新人なので山の先輩に見ていただくのはおこがましいですが、昔を思い起こして楽しんで戴ければ幸いです。

この記事へのトラックバック