香貫山の植物  コナスビ (番外編 キンシバイ)     

 昨日綴ったウメモドキの近くの草叢で小さな黄色の花を見つけた。コナスビ(小茄子)だ。
画像
           (小さな黄色の花のコナスビ)

 花は5花弁でオシベは5本、ガクが花弁の間から見える。花径は5~6mmと小さいが5角形の星型をしていて端整で綺麗な花だ。
 草叢でも縁の草丈が低い所で見つけた。資料では低い草地には普通に生育すると有るが今回初めて見た。
画像
             (低い草地に生えている)

 葉腋に一個の花をつける。また全体にまばらに毛があると資料にある。
画像
       (葉腋に一個の花をつける、花の上に有るのは蕾かな?)

 明日以降、香貫山の草叢を注意しながら歩いて探す事とする。

        ---2007年6月20日のブログより転載開始---
《番外編》 コナスビの実
 本編のテリミノイヌホオズキはナス科であったが、名前にナスビが付くがナス科でなくサクラ科のコナスビに付いて6月9日に綴った。そこでは実の情報がまだ無くて記述出来なかった。最近、別の登山道で小さなコナスビの花が同じくらいの大きさと色をしたカタバミと並んでいる所を見つけた。そのコナスビには既に実が付いていたので以下に載せる。
画像
      (階段の砂利道に咲いた似た物同志のコナスビとカタバミ)

<コナスビの実>
 コナスビとカタバミに後ろ向きになってもらい撮影すると、コナスビの丸い実が茎に沿って縦に並んで見えた。
画像
    (コナスビの小さな丸い実とカタバミの槍の様な大きな実)

 この丸い実が茄子に似ているかな?と若干疑問が残る。この先で茄子の紫色に変色するとも思えない。下の方の実は既に茶色に変色し始めているので。
        ---2007年6月20日のブログより転載終了---
        ---2008年5月29日のブログより転載開始---
《番外編》 コナスビ
 コナスビに付いては昨年の6月9日に綴っている。今年も道端で、葉の裏に隠れるように可愛い黄色の花を咲かせている。葉を少しずらし、花に陽を当てて撮影した。
画像画像
                (コナスビの花は小さいが端正で可愛い)
 
 名前にナスと付くがナス科ではなくてサクラソウ科の花だ。普通の花は萼片、花弁、その内側の雄しべは、互いに交互に位置するがサクラソウ科は、雄しべが花弁の内側に重なっている特徴がある、と資料にある。コナスビもその通りだ。
        ---2008年5月29日のブログより転載終了---

 コナスビの花と実を同時に写す事が出来たので以下に追加する。撮影場所は愛鷹山・池の平への途中に有る展望台広場。(1009年6月27日撮影)
画像


<コナスビ(小茄子)>
  サクラソウ科、オカトラノオ属>
  名前の由来:実が小さく、形が茄子に似ている

<特徴>
  多年草
  道ばたや草丈の低い草地に普通に生育する
  茎は地面を這い、葉は対生して広卵型
  全体にまばらに毛がある
  葉脇に小さな黄色の花を 1 個つける
  花は5裂し、雄しべも5本
  5月~6月に咲かせることが多いが、秋にも開花する
  
《番外編》 キンシバイの開花
 本編が小さい黄色の花だったので、番外編は大きな黄色の花のキンシバイを綴る。キンシバイに付いては昨年の5月30日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200605/article_31.html)今回は斜め横から見た姿を載せる。なかなかの美形だ。
画像
             (キンシバイ)

<キンシバイ(金糸梅)>
  オトギリソウ科、オトギリソウ属
  
<特徴>
  半落葉の低木
  6月開花  
  日当たり地から半日陰までに植える
  1日花で次から次へと咲く
  丸い株状に拡がり枝先は下がる

 今日は午後になって雨があがったので香貫山へいってきた。今、夕方になって雨が再度降り始めた。今日の歩数は9,986歩、今週の累計歩数は52,419歩/6日。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月09日 19:56
こんばんは。いつも拝見してます。大変勉強になります。これからもよろしくお願いします。
2007年06月09日 22:54
こんばんは。やはりこれは此処の山でも見られたのですね。リシマキアの記事を書きつつ、若しかしてこちらでも在るかも?と思っていたのですよ。でもコナスビは未だ実際に事がないのですよ。
平面的画像は他で見せて戴きましたがましたが、立体的に見るとこんな感じなんですね。花は5~6ミリと小さいのですね。サクラソウ科とは思えませんが、でもなかなか綺麗ですよね。リシマキア・ジャポニカと呼ばれていて、私が昨日アップしたリシマキア・プロクンベンス と兄弟か姉妹なんでしょうね。
キンシバイはこの時期外花壇の植栽にしてある所があり、よく見ますよ。以前、OSAMIさん宅でもアップされてましたね。
大柄でなかなかの美形ですよね。うちは鉢管理ですが、まだ蕾です。

2007年06月10日 00:44
コナスビの花、綺麗な形をしていますね。
星形の黄色い5つに花弁の間から、やはり星形の緑のガクが出ていて、驚くほど綺麗な形になっていますね。コナスビの実は小さく、ナスに似ているようですね。キンシバイ、同様の黄色の花ですが、とても綺麗で華やかな花ですね。
信徳
2007年06月10日 07:02
雨の日が続いています。草花にとっては嬉しいでしょうが気分が今一すっきりしません。そんな時、デコウォーカーさんの画像で気分一新です。
寅太
2007年06月10日 10:11
ワルナスビは見ますが、コナスビは見たことがありません。
綺麗な星型の花ですね。
我が家のキンシバイはまだ咲きませんが、近所では咲いていますので、一概に開花が遅いとも言えないようです。
こちらでは昨夜からの雨がまだ上がりません。
2007年06月10日 11:37
コナスビというのははじめて見る花ですが、茄子とは違うサクラソウ科の可愛い花ですね、実が茄子に似ていて茄子の名が付いたのは少し可愛そうなところもありますよね。
2007年06月10日 21:55
羽島のすーさん、今晩は。
こちらこそお世話になっております。ご気付きの点等ありましたらご指摘くださるようお願い致します。
2007年06月10日 22:09
一花さん、今晩は。
珍しい花を見つけて調べたらコナスビでした。早速、ブログアップした後でそちらを訪問したらコナスビの名前を見ました。偶然とは言えビックリしました。コナスビの生えていそうな場所が解りましたのでこれからも探してみます。
2007年06月10日 22:42
杏さん、今晩は。
コナスビの花は小さいですが綺麗でした。コナスビの実は小さくなすびの様なのでこれから探してみます。
2007年06月10日 22:46
信徳さん、今晩は。
有難う御座います。私の画像で気分一新して戴けるなら、この上も無く嬉しいです。これからも頑張りますので宜しくお願いします。
2007年06月10日 22:53
寅太さん、今晩は。
コナスビは結構身近に咲いているようです。小さいから見落としているだけかも知れません。こちらは朝から雨も上がり、山歩に行って来ました。しかし、午前中は雨にやられてしまいました。午後は何とか濡れないで済みましたが。
2007年06月10日 22:56
OSAMIさん、今晩は。
私もコナスビは今回が初めてでした。小さな花で足元をシッカリと見ていないと見過ごしてしまいます。どんな実が生るのか気をつけて観察してみる積もりです。

この記事へのトラックバック