香貫山の植物  クサタチバナ (番外編 ナガバモミジイチゴ)     

 香貫山の林の中を歩いていたら白色の清楚な花をたくさんつけている草花に出会った。
画像
              (白色の清楚な花)

 何処かで見た様な花だが思い出せない。帰宅して調べるとクサタチバナであった。すると先週、釈迦ヶ岳で出会っている。ブログで調べたら同じ花だった。
画像
      (釈迦ヶ岳で出会ったクサタチバナ  5月28日ブログより転載)

 釈迦ヶ岳では一株しか生えていなかったが、香貫山では一塊になって生えていた。
画像
         (香貫山で再会できたクサタチバナ)

 花序は茎の先に長い柄を出し、そこから小花柄を伸ばして沢山の花をつけると、資料にある。花の付き方も釈迦ヶ岳よりも多い。
画像
         (花の付き方も本来の姿の様だ)

 橘、即ちミカンに似た花だ。ミカンも花の中心部はオシベとメシベが円柱状になっていたがこのクサタチバナも円柱状をしている。資料には「花冠は約2cmで5裂する。真中のメシベ、オシベが集まってできたずい柱を囲んで、ずい柱よりは少し低い5つの白い副花冠がある。」と記されているがデジカメの画像ではそこまでシッカリとは撮影できない。
画像
           (花弁もシベ部もミカンの花に似ている)

<クサタチバナ(草橘)>
  ガガイモ科、カモメヅル属
  名前の由来:橘に似た花を付ける

<特徴>
  花は初夏に咲く
  山地の林の中などに生える高さ30~60cmの多年草
  5 弁の白い花をたくさん付ける

《番外編》 ナガバモミジイチゴの実
 ナガバモミジイチゴに付いては3月5日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_5.html
そのナガバモミジイチゴの実に付いては5月14日のコゴメウツギの記述の中でも記載した。
画像
    (キイチゴのお飾りを付けたコゴメウツギ  5月14日ブログより転載)

 上の画像の中のナガバモミジイチゴの実をその後も観察していたが、昨日にはほぼなくなっていた。高い所に生っていたので人間は取れないと思う為、鳥が食べてしまったと思われる。最後に撮影したのは5月31日であった。その画像を以下に載せる。又3月5日のブログにも転載しておく事とする。
画像
      (完熟して美味しそうなナガバモミジイチゴの実  5月31日撮影)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,346歩、今週の累計歩数は15,883歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月05日 22:26
こんばんは。以前教えて戴いた「クサタチバナ」が、此処の山は塊であったのですね。花付も良く、こちらが肥沃?かも知れませんね。再度しっかり見られて、こちらは忘れられませんよね。
>ミカンも花の中心部はオシベとメシベが円柱状になっていたがこのクサタチバナも円柱状をしている。
そうだったのですか?こんど土佐文旦の花のアップを再度確認してみますね。あれから小さな実が2つ出来てきました~。

ナガバモミジイチゴ?って、そんなのあったのかしら??~と過去記事を見ると、しっかりと見せて戴いてコメントしておりました~。お恥ずかしい!!!モミジイチゴは覚えたのですよ。それより長いのですよね。
ミニバラのような綺麗な花から、こんなおいしそうな黄色い苺なんですね。ブラックベリー苗が欲しかったのですが、今日求めてきました。これに似た、白い苺のような花でしたヨ。
plysima
2007年06月05日 22:56
ナガバモミジイチゴ、おいしそうですね。5月31日撮影の写真をアップにして見させていただきました。きっと鳥に食べられたんですよね。いつも思うのですが、鳥たちは熟したおいしそうな実をちゃんとねらっていきますね。
信徳
2007年06月06日 06:49
ミカン似のクサタチバナ、秋にはミカンと似た実をつけるのでしょうか?
2007年06月06日 08:28
クサタチバナの真っ白い花は、名前の通り柑橘類の花に似ていますね。香貫山のクサタチバナは、驚くほど沢山花を付けていますね。ナガバモミジイチゴ、オレンジ色の大粒のイチゴ美味しそうです。手の届かないほど高い場所にあるイチゴを鳥たちは知っていて食べたりしているのでしょうね。
寅太
2007年06月06日 15:54
こちらではクサタチバナは見ないような気がします。
花は名前の通りミカンに似ています。
モミジイチゴは知っていますが、ナガバモミジイチゴはやはり見たことがないような。
でも美味しそうな実が付いていますね。
2007年06月06日 16:44
クサタチバナというのは橘の花とよく似た花だと思うのですが、香りの方も柑橘系の香りがありましたでしょうか?
2007年06月06日 18:47
一花さん、今晩は。
クサタチバナを前回見た時は登山中だった為、垣間見た程度でしたので花の印象が弱かったです。今回は撮影時間もタップリでシッカリと花姿を頭に入れましたので次に会った時はすぐに思い出すと思います。土佐文旦の実が生り始めましたか!それは楽しみですね。ナガバモミジイチゴと長葉を付けるのか、付けないのか今も悩んでいます。その内に両方を同時に見る機会があってそこで決着をつけます。ブラックベリー、資料を見たら上のキイチゴを黒くしたようで美味しそうですね。また楽しみが一つ増えましたね。
2007年06月06日 18:53
plysimaさん、今晩は。
写真に収めたイチゴは美味しそうでした。多分間違いなく鳥が食べたと思います。ここには結構沢山生っていましたが少しずつ減っていきました。鳥も熟すのを待って順々に食べたのでしょう。何鳥が食べたか?です。
2007年06月06日 18:58
信徳さん、今晩は。
クサタチバナの実はミカンに似ているか?資料を見ても出てきませんね。多分、たいした事もない実なのでしょう。これから注目しておきます。強敵は夏場の下草刈りです。
2007年06月06日 19:03
杏さん、今晩は。
釈迦ヶ岳で見たクサタチバナに比べて香貫山のクサタチバナは元気が良かったですね。林の中でも丁度そこだけは木が無くて陽が良く射していた為でしょうか。ナガバモミジイチゴの実は美味しそうでしょう?手が届くならば取る所ですが残念ながら鳥の餌に残して置きました。
2007年06月06日 19:12
寅太さん、今晩は。
クサタチバナは県によっては絶滅危惧種に指定している所もあるようです。そう言う意味では香貫山でシッカリと増えてもらう必要が有りますね。その為にも絶対、盗掘に会わないようにしないといけませんね。一花さんへのコメントにも書きましたが、今でもナガバを付けるか付けないかで悩んでいます。似たもの同志で敢えて区別する必要は無いのかな、とも思っています。
2007年06月06日 19:16
OSAMIさん、今晩は。
クサタチバナの写真を撮る為に結構花に近づきましたが匂いは何も無かったと思います。

この記事へのトラックバック