健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 香貫山の植物  リョウブ (番外編 ハナイカダ)     

<<   作成日時 : 2007/06/29 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 今年も新桜台のリョウブが咲き始め、周囲に良い香を放っている。リョウブに付いては昨年の6月26日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200606/article_24.html)その時の画像を含めて綴り直す事とする。

<リョウブの蕾>
 リョウブは早くから枝の先に白色の花序を出す。丸い玉が綺麗に並んでいるがこれは蕾だ。
画像
          (リョウブの蕾  この状態の期間が長い)

<リョウブの花序>
 枝先に花序を集中させて付け根元から順次開花していく。
画像
             (枝先に数本の花序を付ける)

 株の老若に因るのだろうか、花序が動物のシッポのように見えるものとツノの様に見えるものがある。
画像
              (古い株は動物の尻尾みたいな花序を付ける?)
画像
              (新しい株は動物の角みたいな花序を付ける?)

<リョウブの花>
 リョウブの花弁は5枚で先端はお椀の様に凹んでいる。雄しべは内側と外側に5本づつで計10本。雌しべの柱頭は2つに分かれている。
画像
               (リョウブの花  2回クリックで拡大出来ます)

 蜜が多いのか、虫が多数来訪している。
画像
              (小さな虫が入り込んでいる)

<リョウブの実>
 リョウブは秋にはどんな実を付けるのかな?この木には前年の枯れた実がまだ残っている。
画像
             (リョウブの古い実と花)

リョウブは世界では64種ほど知られているとの事であるが、日本では1科1属1種の親戚縁者のいない寂しい植物である、と資料にある。先日のドクウツギも1科1属1種であったが、植物の世界にも寂しいものが可なりあるのだろうか?
        −−−2007年12月7日のブログより転載開始−−−
 リョウブ(令法)に付いては今年の6月29日に綴った。その中で、リョウブは秋には地味に黄葉すると記述したが、黄葉ではなく紅葉の方が適切ではないかと思う。ハゼノキやイロハモミジに比べれば地味である事は間違いないが黒味を帯びた紅葉は捨て難い。

<リョウブの紅葉>
画像
                  (リョウブの地味な紅葉)

 草木の花も終わり葉が枯れ始めてくるこの時期には、この地味な紅葉も美しい。
画像
                   (黒ずんだ赤色の紅葉)

 斜め後から日が当たると明るい赤になり、ハッとする美しさに変身する。
画像
                    (日が当ると明るい赤色に変身)

<リョウブの実>
 もう一つの宿題はリョウブの実を観察することだった。
画像画像
                  (リョウブの実)

 どうも観察が遅かった様で殻が割れている。来年、改めて若い実の状態から枯れて殻が割れるまでを観察する事とする。
        −−−2007年12月7日のブログより転載終了−−−

<リョウブ (令法)>
  リョウブ科、リョウブ属

<特徴>
  高さ10mまでの落葉中木
  開花は7〜8月
  梅に似た白い花の集団には蜂が集まる、優雅な香りがする
  花は上向きに咲き木全体が白くなる
  秋には地味に黄葉する

《番外編》 ハナイカダの実
 ハナイカダの実に付いては5月8日の番外編で綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_8.html)その後継続観察してきたが、今日覗き込むと実が黒く熟していた。
画像
画像
                (黒く熟したハナイカダの実)
 この画像を5月8日のブログの番外編に転載しておくが、ハナイカダの一部の株(枝?)が盗掘されてしまった様だ。前回の画像を見ると太い木の幹の前にハナイカダの枝が広く有るが、最近は今回の画像に写っている部分しか残っていない。この部分よりも上の方を盗掘されてしまった様だ。残念である。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,348歩、今週の累計歩数は36,786歩/5日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 リョウブはオカトラノオと同じで順序良く並んで開花していくのですね。個々の花は拡大して見ると可愛いですね。ハナイカダの盗掘は本当に困ったものですね。ハナイカダの隣にスズメバチに巣を作って貰いましょうか?
信徳
2007/06/29 20:42
こんばんは。リョウブは庭木として植えてあって、今日、偶然他所の外花壇で見ました。人気んでしょうか?花は動物の尻尾でなく、角みたいにツンツンとしてましたよ。株によって上がったり下がったりするのですか?株相場の世界も上がりぎみと下がりぎみがありますけど。(何故かこの頃の配当はいいですよね〜。♪元に戻ってきていますね。)
よくよくアップで見るとオシベが長く綺麗で、御椀型の花なんですね。
匂いが良いので蜂も来るのですね。
ハナイカダに実が出来ましたね。うちは出来ていないですが、ここののは大きく艶がいいですね。嫁の泪と言う別名でしたが、黒い泪だったのですね〜?盗掘されて残念ですね。これは茶花になりますよね。
毒ウツギは健在??でしょうか??
一花
2007/06/30 00:25
令法とはすごい名前を付けたもので、政治家に贈りたいような名前です。
ハナイカダは黒くなりましたか。午後にでも近くの山に行って見ます。
寅太
2007/06/30 12:54
信徳さん、今晩は。
ご指摘の様にリョウブの花はオカトラノオに良く似ていますね。花序の形、花の色、花弁も5枚、花の咲く順序は同じですね。雄しべは5本と10本で違いますが。盗掘防止策にスズメバチの巣の提案は良いですね。しかし、誰がスズメバチに依頼するか?怖くて相談にも行けそうも無いですね(笑)。
デコウォーカ
2007/06/30 18:49
一花さん、今晩は。
リョウブの花序は若い木では短くてツノみたいに上を向き、年寄りの木では長くて下を向くのかな?と推測しています。株相場もこんな単純な傾向が解れば大金持ちにすぐなれるのですが、実際はそんなに甘くは無いですね・・・。ハナイカダは全部盗掘された訳ではないので良かったです。盗人にも多少の良心は有ったようです。その後のドクウツギは、気持が悪くて近寄っていません・・・。実際は他の件(今日のブログのオオバノトンボソウ)でドクウツギの所を通っていませんでした(笑)。
デコウォーカ
2007/06/30 19:01
寅太さん、今晩は。
最初、令法でリョウブとは読めませんでした。今はリョウブと読むんだと、信じ込んでいます。ハナイカダの黒い実の天辺に丸い凹みが有りますが、最初は傷かな?でも、どの実も全て凹みが有る。調べたら凹みが有るのが正解でした。
デコウォーカ
2007/06/30 19:06
近くの公園の自然林の中に樹皮が面白い大きなリョウブがあって、花を付けていてとても接近できないでいましたが、こちらで拝見してなんとなく分かったような木になっています、花は真っ白でなかなか可愛い花ですね、勉強になりました。
OSAMI
2007/06/30 23:32
リョウブの白い花が、面白い形で咲いていますね。
白い小さな花、一つ一つがとても綺麗な形をしていますね。Wクリックして見せていただきましたが、雄シベの先もハサミのように2つに切れていて面白いですね。
花筏は春に見ましたが、実は初めてです。黒く熟すのですね。意外と大きな実で驚いています。

2007/07/02 08:54
OSAMIさん、今晩は。コメントが遅くなり申し訳ありません。
樹木の花を写真に撮る場合、高い所に花が咲くと大変ですね。花を接写で撮る場合は低い木を探すか、谷側の斜面に生えている木を探して撮影します。無い場合はズームになり、思うようには撮れませんね。
デコウォーカ
2007/07/03 22:56
杏さん、今晩は。コメントが遅くなり申し訳ありません。
樹木の花は小さいものが多いですが、リョウブの花は大きくて見易いです。これくらい大きいと写真撮影が楽です。形も美形で、匂いも良いです。この為に虫が良く集まっているのかも知れません。ハナイカダの実は緑色の時よりも大きくなっている様にも見えました。
デコウォーカ
2007/07/03 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
香貫山の植物  リョウブ (番外編 ハナイカダ)      健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる