愛鷹山ウォーキング     

 今日は、先日の愛鷹山(あしたかやま)ウォーキングに付いて綴る。
 スタート地点は長泉森林公園駐車場(670m)。暫くは杉・檜林の中の良く整備された遊歩道を歩く。この日は午後から雨が予想されていたがスタート時からポツポツと雨が降り出してしまった。林が傘の役目をして傘もささずに進む。30分ほどで林を抜けて展望台(760m)に到着する。生憎の曇り空と小雨で眺望はあまり良くない。
画像
         (展望台から駿河湾を望む 海の向こうの岬は大瀬崎)

 展望台広場の草原にはノアザミが、林縁にはウツギが咲いていた。
画像
                     (ノアザミ)
画像
                     (ウツギ)
 このウツギの他にガマズミやマルバウツギを帰り道も含めても良く見かけた。香貫山では5月前半に見ているので1ヶ月半ほど遅い様だ。
 展望台からは箱根竹を切り開いた山道となる。左右の景色は竹の壁で見れないが後ろを振り返ると先ほどの展望台からの眺望に加えて沼津市街地が望める。
画像
           (海の手前に沼津市街地が見え始めた)
 山道脇にコアジサイが咲いている。このコアジサイは今回のウォーキングコース全般に渡って見る事が出来た。
画像
画像
                  (コアジサイ)
<コアジサイ(小紫陽花)>
  ユキノシタ科、アジサイ属
<特徴>
  1m前後の落葉低木 
  6~7月咲く
  装飾花がない薄紫の花をかたまって咲かせる
  道沿いや木の下の明るい場所にひっそりと咲く
  集団の花径10cmまでで小型
  花色は濃い青から薄い水色まで色幅がある
  あじさいの仲間で、良い香りがするのはこの花だけ

 展望台から20分程で池の平展望公園(860m)に到着する。雨も傘を差す程でもなく眺望もまずまずで気分爽快になった。何よりも水が美味かった。
画像
    (池の平からは沼津市の全体が見える  2回クリックで拡大出来ます)
 上の画像で我が街、沼津市を紹介する。一番上に見える岬が大瀬崎でその後ろにもう一つ見える岬(拡大して探して下さい)が井田・戸田地区で沼津市の最南端になる。ここから海岸線は左(東)に向かい駿河湾をぐるりと半周して、手前の原地区の海岸に到る。
 駿河湾の最東端に沿って見える山々が沼津アルプスだ。一番手前の山が私のウォーキングホームコースの香貫山。香貫山の右(西)側が沼津市の中心街。その南側の海岸線に見える牛が寝そべっている様に見えるのが牛臥山でその右側が狩野川河口と沼津港。画像手前は愛鷹山中腹にあるゴルフ場でバンカーまで良く見える。富士山は後ろ手になるが、ここからは位牌岳他の山が邪魔をして富士山は見えない。
 時間が有れば、次の地図も合わせて見て下さい。

             (愛鷹山・池の平を中心とした地図)
 沼津市の海岸線の総延長は60kmにもおよぶ。この海岸線をウォーキングで巡るのが私個人で進めている「沼津市海岸線ウォーキング」だが、現在までは大瀬崎から三津地区でストップしている。いずれ再開する積もりだ。 
 池の平から中腹道をほぼ水平に進み、つるべ落としの滝を目指す。この道は大きな樹木の下でこの日の様に小雨が降る中では薄暗い。途中にイワタバコの群生地が有るが、今回は若干早かったようでまだ蕾だった。
画像
                (まだ蕾の段階のイワタバコ)
 ヤマアジサイも密やかに咲いていた。
画像
                (ヤマアジサイ)
 ヤマブキショウマだろうか、これもまだ蕾だった。
画像
                  (蕾のヤマブキショウマ)
 つるべ落としの滝に近づくとアチコチにモミジイチゴが黄色に色付いた実を鈴なりに稔らせていた。
画像
                  (鈴なりのモミジイチゴの実)
 イチゴを食べながら進むと目的地のつるべ落としの滝に到着。池の平から休憩を含めて約1時間半かかった。
画像
                (高さは約20mのつるべ落としの滝)
 この滝は渇水期には滝の水が無くなるので幻の滝とも呼ばれているが幸いな事に数日前の雨で水量も豊富で、幻の滝になるとは思えない。ここで昼食を取る。
 帰りは桃沢川に沿った別の道を下りる。岩がゴロゴロしていて歩き難い。途中に千じょう岩の標識が有る。川底が大きな一つの岩で出来ている。
画像
                    (千じょう岩)
 所々に窪みがあり一年中水が溜まっていて鹿などの動物の水飲み場となっていると標識にある。更に川沿いを下り林道に出る。その直前で開花中のヤマブキショウマに会えた。
画像
                 (ヤマブキショウマ)
 林道を進むと午前中見たコアジサイやウツギも再度見られた。その他にササユリが草薮から美しい姿を見せていた。
画像
                  (ササユリ)
 又、キツネノボタンが群生していた。
画像

画像
                (キツネノボタンの群生)
 既に実も生っていた。こちらのキツネノボタンの実の先には鉤が有るのが見える。香貫山で見つけた毛が付くケキツネノボタンの実とキツネノボタンの鉤のある実と比較したかったが香貫山には無く、ここで見つけたのでやっと比較が出来る。今回の画像を4月18日のケキツネノボタンを綴ったブログに転載しておく事とする。
画像
                (キツネノボタンの実)

 ここから午前中に歩いた林の下の遊歩道に入りスタート地点の駐車場に戻る。なんとか小雨程度で終わることが出来たのは幸いだった。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9、628歩、今週の累計歩数は27,438歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

plysima
2007年06月28日 22:51
こんばんは。愛鷹山って下から眺めると富士山の手前にいつもそびえていて、でも登ったことはなく気になっていました。愛鷹山から眺める沼津の景色、見晴らしよく最高ですね!
2007年06月28日 23:42
こんばんは。いま、津市の海岸線の総延長60kmの海岸線をウォーキングで巡る「沼津市海岸線ウォーキング」を進めてらっしゃるのですね。
去年のお正月からは、私の「富士山百景」の旅でしたよね。
愛鷹山(あしたかやま)に登られたのですか。展望台からの沼津市、大きな画面でよく見えますね。
わざわざ野草園などに出かけなくとも、此処は豊富に植物が自生していますね。イワタバコは残念でしたね。
ここは「幻の滝」なんですか?ヒンヤリとした感じで、良いですね。これだけの水量だと、滝修行でも出来そうな感じですね~。
ショウマにも「ヤマブキショウマ」と言うのもあるのですね。
ササユリニ出会えてよかったですね。葉が細くて笹のようで、憧れですが育たなかったです。
以前アップでケキツネノボタンがありましたが、キツネノボタンとも比較されるとあって、研究熱心でいらっしゃいますね。
画像に写る足からして、ここのウォーキングは、おひとりではないのですね。
2007年06月29日 09:35
市街地と駿河湾などが一望できる素晴らしい景色ですね、それから手前に見えるゴルフ場が何ともいい感じで、何だか林間コースにしてはフェアーウエーが広いように見えます。イチゴも美味しそう、滝も涼しい感じが伝わるようです。
寅太
2007年06月29日 10:21
愛鷹山の展望台からの眺めは素晴らしい。富士山があるので地元の人は驚かないのでしょうが、沼津の市街を見下ろす愛鷹山もかなりの高さです。
香貫山は平地に見えますが、ここが植物の宝庫なのですね。
イワタバコも自生しているものはなかなか見ることができません。
あと数日で開花でしょう。
信徳
2007年06月29日 13:21
海と富士山が見えてくるとウキウキしてきます。今年の富士山は雪が多くて山開き(7月1日)は八合目とまりだそうですね?
2007年06月29日 19:10
plysimaさん、今晩は。
愛鷹山から見る眺望は何と言っても駿河湾を中心に大瀬崎から原までの海岸線の美しさ、それに沼津アルプスから伊豆の山々、箱根の山々、天気が良ければ狩野川も見えるはずです。変化に富んだ美しい景色です。
2007年06月29日 19:24
一花さん、今晩は。
今は香貫山の植物を綴るのに忙しくて、沼津市海岸線ウォーキングも、私の富士山百景も休眠中です。忘れずに再開する積りではいます。どの山に行っても新しい山野草に出会えます。今は香貫山中心ですがその内にもっと範囲を広めたいとも思っています。焦らず少しづつですね。イワタバコもヤマブキショウマももう一度花が咲いている時に見たいと思っているのですが。矢張り滝の所は水しぶきも有って涼しいですね。修行までは?ですが夏はノンビリするには良い所ですね。
2007年06月29日 19:31
OSAMIさん、今晩は。
plysimaさんへのコメントにも書きましたが駿河湾を中心に変化があり私の好きな景色の一つです。ここの眼下のゴルフ場は多少アップダウンが有りますがコースは広いですね。ここに立つとドライバーで打ちたくなります。全然届きませんが。ここはあまり人が来ないのでイチゴは大きくて又、良く熟れていました。
2007年06月29日 19:41
寅太さん、今晩は。
愛鷹山系は幾つかの山が有ります。池の平は一番楽に登れますがその他はウォーキングレベルでなく登山レベルになります。岩場の危ない所も有るようです。香貫山にも色々の植物がありますが、この愛鷹山の方がもっと種類は多いと感じています。イワタバコの群生は見たかったのですが、残念でした。
2007年06月29日 19:50
信徳さん、今晩は。
信徳さんの所では海が見えないでしたね。そろそろ海水浴シーズンなので海にも行ってみようと思っています。海の良い景色が載せられれば良いですが・・・。夏の富士山が入れば最高ですが。今年の富士山はまだ残雪が多いと聞いています。7月1日の山開きをどうするのかなと、思っていましたが8合目までのオープンになるのですか?地元の人間が知りませんでした(笑)。
2007年06月29日 23:03
沼津の全景が見える景色はいいですね。海が見えるというだけでも山国育ちにはグッとくるのですが、湿った景色には情感さえ感じます。
今日読んでいた本に次のような一文がありました。
~風景に原型などははない。が、半世紀以上も地上を往来していて無数の風景を見るにつれ、ごく心理的な意味で-自分が感動する風景に基準があることに気づく~
これは司馬遼太郎が、自身が育った竹ノ内街道を紹介する冒頭の部分ですが、自分にも感動する風景の形というのがあります。無意識の基準がありそうです。もちろん、それが沼津の風景ではないのですが、そういう雰囲気を感じさせると思いました。歩いてもこ風景を見たなら感動はもっと大きいに違いないと思いましたね。
2007年06月30日 18:33
hirasan、今晩は。
名解説、名コメント有難う御座います。司馬遼太郎の-自分が感動する風景に基準があることに気づくーは何となく同感です。そう言われてみて、我身を振り返るに、私はやはり富士山と海かな、と思いました。これからも執拗に出て来るかも知れませんがご容赦願います。hirasanは何ですかね?緑かな?

この記事へのトラックバック