香貫山の植物  サカキ (番外編 マサキ)     

 大きなムラサキシキブの近くに白い花をビッシリと付けた樹木がある。根元の標識にサカキ(榊)とあった。ズームで3段階で撮影する。
画像
画像
画像
             (白い花をビッシリつけたサカキの木)

 姫が付くヒサカキ(姫榊)に付いては3月11日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_11.html)香貫山にはヒサカキの木は沢山あるがサカキ(榊)は無いと感じていたのだが、こんな所に標識と共に有るとは今まで気付かなかった。

<サカキの花>

 花の接写が出来ないので一番下の小さな枝を失礼して取って撮影させて貰った。花は下を向いて咲く。
画像
             (花も蕾も葉腋から下向きに付いている)

 花を正面から見ると1本の雌しべと沢山の雄しべがある。
画像
             (1本の雌しべと約30本の雄しべ)

 花を横から見ると雌しべは随分長い。
画像
              (蕾は薄いピンク色で可愛い形をしている)

<サカキの葉>
 サカキの葉付きの小枝は玉串として神事に使われる。葉は光沢があり楕円で縁は鋸歯でなく、つるりとしている。サカキの代用として使われるヒサカキは葉の縁に浅い波形の鋸歯があるので違いが解る。またサカキはツバキ科、サカキ属であるのに対し、ヒサカキはツバキ科、ヒサカキ属でサカキとは別の属となる。
 サカキの葉は冬に赤みをさすと言うので冬にその模様を観察する事とする。

        ---2007年12月25日のブログより転載開始---
<サカキの葉>
 サカキの葉は冬には赤みをさすと、6月27日に綴った。上の実が生っている画像でも1枚の葉が赤味を帯びている。今日、再度確認してきたが枝先の葉が赤味を帯びている様だ。
画像画像
                (赤味を帯びたサカキの葉  12月25日撮影)

 これからもっと赤くなるのだろうか? 継続して確認する事とする。
        ---2007年12月25日のブログより転載終了---

<サカキの実>
 実は冬に紫黒色に熟し、径は5~7mm程度で円形と資料にある。これも葉と同様に冬に観察する事とする。

        ---2007年12月25日のブログより転載開始---
<サカキの実>
 サカキに付いては6月27日に綴った。サカキの実が紫黒色に熟してきた。
画像
                (サカキの実  12月20日撮影)

 ヒサカキの実が枝一面にビッシリと稔るのに対して、サカキの実はパラパラとしか付かない。
        ---2007年12月25日のブログより転載終了---

<サカキ (榊)>
  ツバキ科、サカキ属

<特徴>
  関東以南の山地に生える  
  樹高15m以下の常緑高木
  6~7月に、白い5弁の花を下向きに咲かせる
  葉は光沢があり楕円で縁は鋸歯でなく、つるりとしている
  葉の長さ6~8cm程度  冬は赤みがさす
  神事に使用する
  実は冬に紫黒色に熟し、径は5~7mm程度で円形
  冬の新芽が横向きに反るのが特徴

《番外編》 マサキの開花
 今年もマサキの花が咲き始めた。こちらも花がビッシリと付いている。
画像
                 (マサキの開花)

 マサキに付いては今年の1月2日に赤い実と共に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200701/article_2.html)上の画像も転載しておく事とする。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,350歩、今週の累計歩数は17,810歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月27日 23:23
こんばんは。サカキは田舎では良く植えてあり、あちこちで見かけましたよ。黒い小さな実が出来ていたようですが、でも花まで気にした事がなかったです。葉は厚ぼったいと思ったら、ツバキ科だったのですね。
ヒサカキは田舎の方では見なかったようです。こちらでサカキの代用として使われているのですね。花色も白は勿論、ここで教えて貰った薄桃も今春、確認出来ました。
昔、田舎からサカキは神様用だから是非植えるように、と小さな一株を送ってくれ、遠慮して庭隅に植えました。その後生きているようでしたが、今はどうなったか確認してみます。
マサキにも実が出来るってこちらで知りましたが、花は緑で綺麗で花付が良いのですね。今年も実が豊作ですね。
2007年06月28日 10:59
サカキの花もアップで見ると綺麗ですね、特に最後のものなどは蕾の薄いビンク色と開花した花とがとてもいい感じです。
姫と違ってこちらのものは花弁か綺麗に開くのですね。
寅太
2007年06月28日 11:58
昨日は久しぶりにメンテナンス?にひっかかり、書き込みを拒否されました。
ネジバナは私は好きな植物の一つです。
またコウゾの赤い実は初めて見ましたので、春先に見つけた場所に行って見ます。
サカキの花も綺麗ですね。神様も本当は葉っぱよりは花が好きなのではないでしょうか。

信徳
2007年06月28日 17:04
 古い人(昭和18年以前生まれ)は一般的に家を作ると神棚をつくり、榊を庭の隅に植えてその榊を最低一年に一回、神棚に上げて家内安全を祈ります。
2007年06月28日 18:44
一花さん、今晩は。
子供の頃は木の花なんて見た事が無かったですよね。木の花は目線の外でしたね。セミやトンボ取りの時は上を見ていたので目線に入ったでしょうが夏には木の花は殆ど咲いていない。ヒサカキの花をご覧になりましたか。サカキの花はヒサカキよりは大きくて見易かったですよ。サカキもマサキも花が沢山咲いたので秋には実が沢山生る事を期待しています。
2007年06月28日 18:49
OSAMIさん、今晩は。
サカキの花はヒサカキよりも大きくて見応えが有りました。雄しべの葯も明るい色で綺麗ですね。この色が蕾で透けてピンクに見えるのでしょうか?蕾も色、形共に綺麗ですよね。
2007年06月28日 18:56
寅太さん、今晩は。
今回のメンテナンスは随分長時間でしたよね。コウゾのあり場所を見つけられていますか。早速、実の熟し程度を確認して下さい。早くしないと鳥に食べられてしまうかも知れませんので。そうですね、神様もサカキの葉よりも花の方が好きだと思いますが、玉串に花が付いていたのを見た事が有りませんね。所で、花が咲いている時期の玉串は如何するのかな?花を取り去ってしまうのかな?それとも、ヒサカキで代用するのかな?
2007年06月28日 19:20
信徳さん、今晩は。
我家では月に2回程度、花屋からサカキを買って来て取り替えています。念のために今、確認したらサカキでなくヒサカキでした。葉の縁に鋸歯が有りましたし、緑色の小さな実が既に生っていました。今までサカキと信じ込んでいました(大笑)。

この記事へのトラックバック