香貫山の植物  オカトラノオ           

 今年も登山道脇にオカトラノオ(岡虎の尾)が咲き始めた。花序は虎の尾に譬えられているが横から見た姿はなかなか美しい花だ。
画像
             (横から見たオカトラノオ)

 別の所に咲いたオカトラノオは少し谷に入った所に生えているので上から撮影してみた。葉が互生している様子がよく解る。

画像
             (上から見たオカトラノオ)

 花序の根元から順次開花するので花期は長い。今年一番早く見つけたオカトラノオは株も大きかったが花序も大きく、太っている。
画像
          (早くから開花した花序の下部は花が落ちている)

 全体としての姿も美しいが、一つ一つの花も姿が整っていて清楚である。サクラソウ科の花の特徴は、「花は萼片、花弁、その内側の雄しべは、互いに交互に位置するのが普通であるが、サクラソウ科は、雄しべが花弁の内側に重なっている。これはこの科の大きな特徴の一つである。」と資料に有るが確かにその通りだ。
画像
        (サクラソウ科のオカトラノオのオシベは花弁の内側に重なる) 

 上の画像でほぼ中央の開きかけの花のオシベに赤い葯が付いている様だ。花が開ききるとこの赤い葯は無くなってしまう様だ?
 話は戻ってサクラソウ科の花の特徴の続きだが、先日綴ったコナスビもサクラソウ科オカトラノオ属だった。下にその画像を転載するが、やはりオシベが花弁の内側に重なっていた。
画像
         (小さな黄色の花のコナスビ  6月9日のブログより転載)

        ---2007年6月30日のブログより転載開始---
《番外編》 オカトラノオ
 昨日、香貫山の尾根道を歩いていたら林下の草叢にオカトラノオが群生とは言えないが一塊になって咲いていた。オカトラノオに付いては6月22日に綴った。
 面白い事に、虎の尾が皆同じ方向を向いている。
画像
               (同じ方向を向いているオカトラノオ)
        ---2007年6月30日のブログより転載終了---

<オカトラノオ( 岡虎の尾 )>
  サクラソウ科、オカトラノオ属
  名前の由来:長く伸びた花序をトラのシッポに例え、水湿地に生育するヌマトラノオと区別としてオカをつけた

<特徴>
  多年草
  6~7月咲き
  林の縁や道端に咲く
  白い花は涼しげで群がって咲く
  花先が垂れ下がり虎の尾に似ている
  草丈60cm位 

 今日は山梨県西部にある甘利山へ行って来た。予定では甘利山から千頭星山まで登る積もりであったが、甘利山を登り始めるとガスが掛かって来た。更に頂上近くの駐車場に到着した時には雨も降って来た。今日の山行のもう一つの目的は甘利山のレンゲツツジの鑑賞もあったので、今回は甘利山のみに登って昼前には下山することとした。レンゲツツジ他の模様については明日綴る。
 
 今日の歩数は9,553歩、今週の累計歩数は38,224歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月22日 21:15
オカトラノオが綺麗に咲きましたね、私が見た植物園のものと違って自然のものは勢いが良く素晴らしいと思います。
plysima
2007年06月22日 22:08
こんばんは。オカトラノオ、大好きな花なんです。香貫山にも咲くんですね。以前に箱根湿生花園で売られていたのを鉢植えにしていて、3年間位は元気に咲いていたのですが、今年は出てきません。。時間があったら香貫山にでも眺めにいってみます。
2007年06月23日 00:35
こんばんは。オカトラノオは以前OSAMIさん宅でも拝見させて戴きましたが、此処の山でも自生が見られたのですね。
何でもあるのですね。虎の尾のようですが、花1輪で見ると、やはりキンポウゲ科ですね。キンポウゲ科の特徴、オシベが花弁の内側に重なって綺麗ですよね。写真を横から撮っても、サクラソウ科独特の美しさがありますよね。やはり花と見えるのは萼片ですよね。
家でも昔育てましたが、やはり駄目でした。これに似た色々な虎の尾がありますよね。虎の威を借りず、尾を借りるのですね。
レンゲツツジですが、蓮華と名前がありますが、6月なんですね。そう言えば北海道でも去年6月に咲いていました。真っ赤で見事でしたよ。
ツツジも紫ツツジやミツバツツジは早かったですが、レンゲは遅いのですね。旅行先では見なかったです。
信徳
2007年06月23日 10:15
タップリと水分を吸って元気良く咲いていますね。花が順序良く開いていて気持ちが良いです。
寅太
2007年06月23日 10:34
我が家の庭でもオアカトラノオが咲いています。
今年はよく育ち、数えたら10本ほど花穂が付いたものがありました。オシベは花弁もばっちり観察しました。
暇にまかせ1本の穂の花の数を数えましたら、約170個でした。
昨日の大相撲の軍配の色で黒系統は多いのですが、茶色もかなりあるようです。絵は家紋や文字が多く、中に「忍之一字」などもあります。
オカトラノオの花の数を数えるのも忍の一字かと苦笑しています。
2007年06月23日 19:05
OSAMIさん、今晩は。
生えている所の環境により、大分大きさに差が出ますね。上から3枚目の虎の尾はその他の虎の尾の2倍は太かったと思います。
2007年06月23日 19:21
plysimaさん、今晩は。
オカトラノオの花が好きでしたか。サクラソウの清楚な花が虎のシッポ状に咲く様は見事ですよね。今、香貫山で一番トラノオが見易い所は五重塔から旧登山道(沼津市街地を見下ろせる登山道)に入り、右側ガードレールの外側を見て行けば発見できると思います。
2007年06月23日 19:55
一花さん、今晩は。
香貫山では昨年よりも今年の方がオカトラノオを多く見かけます。環境条件が上手く合っていたのかも知れません。オカトラノオはキンポウゲ科でなくサクラソウ科だと思いますが・・?甘利山は標高1,672mですから平地よりも季節が大分遅くなります。平地ではレンゲツツジもオオムラサキツツジとほぼ同じ頃に咲きますが、高地の甘利山では今が見頃でした。これからレンゲツツジの記事をアップします。
2007年06月23日 19:59
信徳さん、今晩は。
本当に礼儀正しい花ですね。順番に蕾を膨らませて開花していますね。そして順番に落下して行く様ですね。所で、花後の実はどうなるのかな?
2007年06月23日 20:08
寅太さん、今晩は。
ヒャ~ァ!オカトラノオの花の数を数えたんですか!寅太さんの庭に有るから出来ることでしょうが・・・。それと忍之一字と根性ですね、脱帽です。
それとスミマセン。軍配の種類まで調べて下さったですか!これまた有難う御座います。茶色の軍配も有るのなら、マメグンバイナズナの名前にクレームを付けるのは問題ですね。取り下げます。
2007年06月23日 22:54
オカトラノオの花、白い星形の花が集まって咲いて綺麗ですね。
虎の尾の様な花の姿ですね。山で、このような綺麗な花に出会える時はドキドキなさる事でしょうね。自然に山で咲いているオカトラノオの綺麗な花に出会いたいと思います。
2007年06月27日 23:53
杏さん、今晩は。気付くのが遅くなりスミマセンでした。
オカトラノオは一つ一つの花も綺麗ですが、虎の尾に似た集合花も綺麗ですね。山の中で出会うとその美しさにハッとしますね。そちらならば高尾山辺りで見られるのではないでしょうか。

この記事へのトラックバック