香貫山の植物  ヒメユズリハ (番外編 クロガネモチ)     

 ヒメユズリハ(姫譲葉)の花が咲き始めた。同じ科、属のユズリハに付いては5月2日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_2.html
約1ヶ月遅れの開花となった。ヒメユズリハもユズリハと同様に新葉を見届けてから古い葉が散る。開花時期を迎えて新葉が伸び始めている。
画像
          (新葉が伸び始めたヒメユズリハの木)

 ヒメユズリハはユズリハに比べて開花時期が遅いこと、葉が小さい事の他に、ユズリハは葉が垂れているのに対して葉が立っている。又、実が付いている柄がユズリハは垂れるのに対してヒメユズリハは立っていると言うがこれは秋にならないと分らない。
 ヒメユズリハも雌雄異株だ。それぞれの花はユズリハに良く似ている。いや、そっくりだ。
画像
              (葉腋に花序が付く)
画像
              (雄株の花序、黒色が開花した花で茶色が蕾)

 雌花もユズリハにそっくりだ。
画像
                  (雌株の花序)
画像
                  (雌株の花序の拡大)

        ---2007年10月5日のブログより転載開始---
《番外編》 ヒメユズリハの実
 ヒメユズリハに付いては6月2日に綴った。今日はその実を綴る。昨日綴ったユズリハの実は下に垂れ下がるがヒメユズリハの実は上に向く。
画像
画像
                  (ヒメユズリハの実は上を向く)

 この実もユズリハの実と同じく、秋には熟して黒くなるとあるので継続して観察する。
        ---2007年10月5日のブログより転載終了---
        ---2007年11月8日のブログより転載開始---
《番外編》 ヒメユズリハの実
  ヒメユズリハの緑の実に付いては10月5日の番外編で綴り、それを6月2日のヒメユズリハのブログに記載した。ここに来て、実も熟したので以下に載せる。
画像
画像
                    (熟したヒメユズリハの実)
        ---2007年11月8日のブログより転載終了---

<ヒメユズリハ(姫譲葉)>
  ユズリハ科、ユズリハ属
  名前の由来:ユズリハに似て、葉が小さいので


<特徴>
  5月ごろ古い葉の付け根に茶色の小花を咲かせる
  春の新葉を見とどけて古い葉が散るので譲り葉と呼ばれる
  葉はユズリハより小型
  葉先はゆずりはのように垂れ下がらない
  ユズリハは果実が垂れ下がるがヒメユズリハは立ち上がる
  雄雌異株
  常緑の中木で樹高10m以下になる

《番外編》 クロガネモチの開花
 今年もクロガネモチノ花が咲き始めた。クロガネモチに付いては昨年の12月27日に開花から赤い実が生る所までを綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200612/article_20.html
その時の花よりも拡大して撮影出来たので以下に載せる。雄花のオシベと雌花の退化したオシベの赤紫色が綺麗だ。雌花のメシベも綺麗な緑色をしている。
画像
           (クロガネモチの雄花)
画像
           (クロガネモチの雌花)

 以上を昨年の12月27日のブログに転載しておく事とする。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,355歩。今週の累計歩数は55,726歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月02日 19:41
ヒメユズリハというのが有るのを初めて知りました、秋になるとユズリハのように葉がだらりとしないということで確認してみようと思うのですが、問題はヒメユズリハが近くにあるのかどうかですね。
花も珍しい写真を見させていただきました。
信徳
2007年06月02日 21:36
花色でひける山野草、高山植物(416種)、日本の野草、雑草(471種)・・成美堂、植物園にようこそ(5307種)・・・インターネット検索、それにデコウォーカーさんのブログで気長に勉強したいと思います。宜しくお願い致します。
2007年06月03日 00:26
こんばんは。続々と此処の山からは知らない樹木が出てきて、今日は姫登場なんですね~。
植物界でも姫が何時もいるものですね。(私がアップした先日のマツバギクにも姫マツバギクがありましたから~。)
姫は、ユズリハにもお花が似ますね。そして、雌雄異株なのに、すぐ側に雌雄植えてあるのですね。何時も感心しています~。
クロガネモチはうちは雌花だけなんですよ。しっかりこんな風に撮れて、ニンマリしていたら、デコウォーカーさんの方が、よりお上手~。
雄花は無いのですが、どちらも綺麗ですね。でもこれはカメラズームで去年初めて見て綺麗だと知ったのですよ。毎日、デジカメさまさまです~。
2007年06月03日 00:55
ユズリハにも、ヒメユズリハがあるのですね。
ヒメユズリハの花も初めてですが、珍しいですね。
クロガネモチも雄花、雌花、綺麗に撮られていますね。クロガネモチの真っ赤な実は綺麗ですね。春先まで赤い実が付いているのを見かけました。
寅太
2007年06月03日 14:18
私もユズリハに姫があるのは知りませんでした。また見たこともありません???
見た目にはそっくりですね。
クロガネモチの雄花は綺麗ですね。
先日、トキワツユクサがありましたが、先ほど相模川の岸辺で茎が緑と紫の両方が生えているのに出会いました。
緑のほうが花も草丈も一回り大きく、紫の茎のものは言わばヒメトキワツユクサのようなものです。
そのうちブログに載せます。
2007年06月03日 16:54
OSAMIさん、今日は。
香貫山に生えているユズリハとヒメユズリハは同じ様な環境に有ります。そちらでもユズリハが生えていればヒメユズリハも生えているのではないかと推測します。ユズリハもヒメユズリハも特徴ある花ですね。
2007年06月03日 17:04
信徳さん、今日は。
草花や木の花を調べ初めて2年目です。まだまだ見るもの全てが初めてと、言う感じです。皆様に不明の花の名前を教えて貰いながら、また時々間違えて指摘されながらブログアップを続けています。そんなレベルですので、こちらこそ宜しくお願い致します。所で、信徳さんはブログかホームページをお持ちですか?もし、お持ちで差し支えなければ教えて戴きたいと思います。
2007年06月03日 17:18
一花さん、今日は。
植物の世界ではイヌやヤブが良く付きますが、ヒメも良く付きますね。ヒメはイヌ、ヤブよりもズ~と良いですね。ヒメが付くと可愛いい先入観を持ちます。しかし、今回のヒメユズリハはそんなに可愛くない・・・・かな?(ヒメユズリハに怒られるかな?)雌雄異株の樹木の場合、相手を探すのに結構苦労します。有っても谷の斜面に生えていたり、大木で近づけず、ズームで撮影する事になりますがデジカメでは画像的に不満足なものになってしまいます。でも、もしデジカメが無かったらこんな遊びは出来なかったでしょうね。そういう意味ではデジカメに私も大いに感謝しています。
2007年06月03日 17:26
杏さん、今日は。
ユズリハもヒメユズリハも花は面白い形をしていますね。実がどんな物か注目して観察する積もりです。クロガネモチの花がこんなに綺麗だとは思いませんでした。写真の出来具合は、花の一番綺麗なタイミング、また日の当たり具合等に左右されるのではないかと思っています。クロガネモチの赤い実は綺麗ですよね。私の好きな赤い実の一つです。
2007年06月03日 17:34
寅太さん、今日は。
ヒメユズリハもユズリハと同じ様に、花は面白い形をしていますね。クロガネモチの花がこんなに綺麗だとは思いませんでした。撮って、ビックリでした。トキワツユクサの茎の緑と紫の両方を同じ場所で見つけましたか。寅太さんからのコメントで両方あると知り、香貫山で探していますが今の所紫色の茎は見つかっていません。寅太さんのブログを期待しています。

この記事へのトラックバック