香貫山の植物  ヒメスイバ (番外編 サクランボ)      

 香貫山展望台に有るサツキの植え込みに背の低いスイバが生えていた。他の場所のスイバは既に消えている。念の為に調べてみたらスイバと同科、同属のヒメスイバ(姫酸葉)だった。
画像
画像
             (サツキの花壇に咲いたヒメスイバ)

 スイバと同じ様に噛むと酸っぱいとある。ヒメスイバもスイバと同様に雌雄異株で雌花も雄花もスイバのそれぞれに良く似ている。スイバは4月28日に綴ってあるので比較して見て頂きたい。(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_27.html
画像
                 (ヒメスイバの雌花)

 雄花は赤色から緑色まで幅が有るのもスイバと同じだ。
画像
                (ヒメスイバの雄株 赤色)
画像
                (ヒメスイバの雄株 緑色)

 スイバとの違いは葉にある。ヒメスイバの葉はほこ形で、基部は耳状にはりだす。
画像
            (ヒメスイバの葉はほこ形でスイバと異なる)

<ヒメスイバ(姫酸葉)>
  タデ科、ギシギシ属
  名前の由来:同属のスイバに比べ小型

<特徴>
  ヨーロッパ原産の帰化植物の多年草
  5月~6月に花茎を形成し、高さ20~40cmになる
  雌雄異株
  路傍や荒れ地に生育
  葉は鉾型
  噛むとすいばと同様に酸っぱい。

《番外編》 サクランボ
 今年も知人から旬のサクランボを戴いた。
画像
             (山形産の旬のサクランボ)

 早速戴いたところ、皆「甘~い! アマ~イ! 美味~い!」の連発でした。やはり名産地の、しかも旬のサクランボは美味しかった。
 見るだけで申し訳有りませんが、皆様にもお裾分けです。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,629歩。今週の累計歩数は8,629歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月20日 00:04
こんばんは。スイバって見た事があるな~と思ったら、スカンポのことだったのですよね。今日はそれの姫なんですね。これも食べられたのでしょうか?マクロで見ると、不思議の世界ですね。私も、先日スイバの方を写しました。
姫は葉がほこ型なんですね。普通スイバと親は一緒に見かけるものなんでしょうか?
昨日の、アカメガシワの葉とオオバベニガシワの件ですが、オオバベニガシワの葉を今日見たら、結構大きいでした~。

今日は生唾ゴックンです~~。ああ~、美味しそうですね。画像だけで我慢我慢です。ご馳走様~~。器が可愛くて素敵です。
信徳
2007年06月20日 06:45
 スイバの酸っぱい画像の後にあま~い佐藤錦をご馳走様でした。いつまでも唾が出ていましたよ。
寅太
2007年06月20日 11:51
都会ではスイバを口にすることも無くなりましたが、スイバを噛んだ世代も高齢化しているのでしょう。
サクランボが入っているのは変わった器ですが、イギリスで手に入れたものでは。
以前、甲府に勤めていた時に、山梨の南アルプス市の従業員がサクランボをたくさん会社に持ってくるんです。このとき山梨もサクランボの一大産地なのだと初めて知りました。
2007年06月20日 16:19
スイバと、ヒメスイバがあるのですね。ヒメスイバは、葉が違うようですね。道路の端などに生えていますが、気をつけて見てみます。
山形のサクランボ、美味しそうですね~。テーブルクロスも、器も素敵ですね~。
2007年06月20日 18:14
一花さん、今晩は。
スイバは別名スカンポです。ヒメスイバが食べられるか?分かっていません。スイバとヒメスイバが一緒に見られるか?(との質問としての回答は)今回の私が見た所は別の所ですし、多分一般的にも別々だと思います。アカメガシワの葉とオオバベニガシワの葉の比較はオオバベニガシワの方が大きいと思います。
サクランボは美味しかったですよ。やはり旬の物は良いですね。サクランボの器は我家の奥さんに確認したらウエッジウッドだそうです。
2007年06月20日 18:17
信徳さん、今晩は。
サクランボは美味しかったです。やはり産地の旬の物は美味しいですね。画像だけで申し訳有りませんでした。
2007年06月20日 18:23
寅太さん、今晩は。
香貫山でもスイバを沢山採っていた人がいましたが、やはり年配者でしたね。サクランボの器は、ご推察通りイギリスで買ってきた物です。安かったですよ。甲府盆地もサクランボの産地でしたね。ブドウ、桃、サクランボの名産地でしたね。
2007年06月20日 18:31
杏さん、今晩は。
スイバの存在は知っていましたがヒメスイバは今回初めて知りました。多分、道端で見られると思いますが地味な花ですので気をつけて見ないと発見できないかも知れません。
サクランボは美味しかったです。器もクロスもイギリスからの土産で買ってきた物です。ファクトリーツアーで購入したので安かったと我家の奥さんはニコニコ顔でた。
2007年06月20日 21:21
スイバにも姫があるのですね、荒川の堤防でもスイパの方は時々見かけていましたが、姫があるのは知りませんでした、今度見かけたときは覚えていて葉を見る事にします。
サクランボとても美味しそうです。
2007年06月20日 22:33
OSAMIさん、今晩は。
私もスイバに姫がつくヒメスイバは初めて見ました。荒川の堤防、その他でも見られると思います。しかし、香貫山の場合では開花時期が約2ヶ月違いましたのでご注意下さい。サクランボはやはり本場の旬のもので美味しかったです。

この記事へのトラックバック