香貫山の植物  ミヤギノハギ (番外編 アジサイ)     

 香貫山の登山道脇の草叢の中に紅紫色の綺麗な花が見え隠れしている。ススキやその他の草を掻き分けてその姿が現れた。ミヤギノハギ(宮城野萩)だ。
画像
画像
画像
          (草薮の中で一際目立つミヤギノハギ)

 ミヤギノハギに付いては昨年は2回綴っている。一回目は6月22日で開花状況を綴り、継続して観察する積もりでいたが忘れてしまった。秋になり気付いて2回目を9月19日に綴ったのだった。その時のミヤギノハギはアスレチック広場に生えていた。
 今回もそのアスレチック広場を覗くとやはりミヤギノハギが咲き始めていた。
画像
            (アスレチック広場のミヤギノハギも開花していた)

 しかし、咲き始めている株数はまだまだ少ない。
画像
            (開花したミヤギノハギの株は一割以下か?)

 昨年の2回のブログの間隔は約3ヶ月もあったが、その間中ミヤギノハギが咲き続けたのか、それとも2回に分けて咲いたのか?疑問が残ったままだった。
 ネットで色々調べると、「宮城野萩は 6 月頃から咲き始めます」と「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」と2つ有る。香貫山のミヤギノハギはどちらか?今年はその疑問を解消するべく定期的に観察する事とする。

        ---2007年7月16日のブログより転載開始---
《番外編》 ミヤギノハギ
 ミヤギノハギに付いては6月16日に綴った。その時の宿題は、ネットで調べると「宮城野萩は 6 月頃から咲き始めます」と「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」と2つ有る。香貫山のミヤギノハギはどちらか?今年はその疑問を解消するべく定期的に観察する事とする、であった。
 以下にその後の観察結果を載せる。
画像
                     (開花の初め  6月14日撮影)
画像
                     (最盛期  6月29日撮影)
画像
                     (咲き終わり  7月15日撮影)

 以上3枚の画像より、ミヤギノハギは7月15日で咲き終わったと見るべきで、宿題の答えはミヤギノハギは「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」の方だった。今から2ヵ月後に又、咲き始めるとは随分タフな植物だ。(7月15日の画像を撮る前に下草刈りが始まって少し刈り込まれたが、宿題の判定には影響は無かった。)
        ---2007年7月16日のブログより転載終了---
        ---2007年9月25日のブログより転載開始---
《番外編》 ミヤギノハギ
 ミヤギノハギに付いては今年既に2回綴っている。その中でミヤギノハギの開花に付いて延べているが、そこでの結論は「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」 であった。そして9月中旬にそれを追加確認する宿題が残っていた。
 今日確認したところ予想通り、見事に咲いていた。今が最盛期だろうと推定される。
画像
                 (前2回と同じアングル  9月25日撮影)

 正面から見ると
画像
画像
                 (上の画像を右側から見る  9月25日撮影)

 前2回で綴った結論は正しい事が追加確認された。又、7月の1回目の咲き方よりも9月の2回目の方が豪華だと思う。秋の七草の一つであるハギは秋が似合う花なのだ。
        ---2007年9月25日のブログより転載終了---

<ミヤギノハギ (宮城野萩)>
  マメ科、ハギ属
  別名:ナツハギ(夏萩)

<特徴>
  落葉低木 2mまで
  萩の代表種 秋の七草
  自然と枝が垂れて風情がある

《番外編》 アジサイと富士山
 最近、私がウォーキングに出かける時間帯になかなか富士山がお出ましになってくれない。早朝に全山見えていても日中になると一部しか見えないか、全て雲の中かどちらであった。梅雨入りしたと言うのに今日は昼頃にほぼ全山見えた。
 大分雪が溶けてきた。笹の中に埋もれているアジサイと一緒に撮影することとした。今年は私のブログではアジサイを未だ綴っていないので。
画像
            (梅雨の晴れ間の富士山とアジサイ)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,533歩。今週の累計歩数は54,838歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月16日 19:55
ハギの中でもミヤギノハギが最も優美だといわれていますが、やはり良いですね、ハギの花もいろいろのところで目にするようになりましたが、まだ梅雨に入ったばかりで感覚的にはすっきりしない感じですね。
信徳
2007年06月16日 20:55
 綺麗な宮城野萩ですね。花札の世界で赤萩は7月です。多分7月ではないのでしょうか?
2007年06月16日 21:52
OSAMIさん、今晩は。
昨年の秋に、ハギに付いては名前の判定やらで大変苦労しました。どのハギも花は綺麗でしたが確かにミヤギノハギが一番優美、豪華でしたね。秋の七草の一つですから初夏に見るのは何か違和感がありますね。
2007年06月16日 22:00
信徳さん、今晩は。
私は花札は素人なので、花札の世界の季節までは知りませんでした。OSAMIさんへのコメントにも書きましたがハギは秋の七草の一つですのでやはり秋が本当ではないかと思っています。確か、マルハギやヤマハギ等は秋に咲き始めます。ミヤギノハギだけが早生の品種かな?と思っています。
2007年06月16日 23:28
こんばんは。愈々またマメ科の萩の登場ですね。
ミヤギノハギは山に自生して枝が長く枝垂れ、最も良く植えらて目にすると本にありますね。私も旅行先(仙台)で萩の開花を1本だけ少し見ましたが、ミヤギノだったか分かりません。でも別名がナツハギなので、これが一番開花が早いのですよね。(お土産は「萩の月」と「笹かま」と「牛タン」でした~。こちらには届けないですみません~~。)
やはり此処にも紫陽花があったのですね。ヤマアジサイではなく、普通のセイヨウアジサイのようですね。もう富士山も雪解けしていて、6月の紫陽花に季節を感じて知らせていますね。
旅行記はゆっくり書きます~ネ。
信徳
2007年06月17日 05:23
 花札の世界では萩は7月ですが、現代日本の花暦では9月ですね。7月の花はクチナシでした。
寅太
2007年06月17日 06:57
萩と聞くと花札を思い出すのは信徳さんと同じで、雪国の娯楽の一つからか。
今年はさらに猪年で「萩と猪」にお似合いの花です。
昨日はよく晴れて暑かったのですが、都心からも富士山がはっきり見えたようです。
女房も朝に近くで富士山を見たと言っていました。私は暑いので家にこもっていました。
2007年06月17日 07:17
一花さん、お早う御座います。
今年もハギの名前に悩まされるでしょうが香貫山に生えてくる限り香貫山の植物として綴ろうと考えています。また、マメ科の花で可愛いですからね。仙台へ行って来たのでしたか。ミヤギノハギは宮城県の県花だと、今回のブログアップで知りました。多分、宮城県にはミヤギノハギが多いのでしょう。お土産は旅行記で十分です。楽しみにしています。
2007年06月17日 07:21
信徳さん、お早う御座います。
花札の花暦だけでなく、現代日本の花暦も有るんですか。知りませんでした。再度、情報提供有難う御座います。
2007年06月17日 07:30
寅太さん、お早う御座います。
寅太さんもハギと聞くと花札が連想されますか。花札の萩にはイノシシも一緒でしたね。実は香貫山にもイノシシがいるんです。萩に近づく時は気を付けた方が良さそうですね(笑)。昨日は東京でも富士山が見えましたか。そろそろ富士山も夏景色に変身です。
2007年06月18日 18:01
ミヤギノハギ、綺麗な色のハギの花ですね。
先日、ハギの花を見ましたが同様の色合いで、鮮やかでした。
富士山と紫陽花が綺麗ですね。香貫山からの富士山は、お昼ごろには良くご覧になれたようですね。16日に河口湖から富士山を眺めましたが、雲が無くとても綺麗でした。
2007年06月18日 22:03
杏さん、今晩は。こちらにもコメント戴き有難う御座います。
今、咲いている萩はミヤギノハギだと思います。萩の中でも一番綺麗かな、と思っています。この日は富士山と愛鷹山の間に雲が出ていたようですね。従って河口湖の方からは雲が掛かっていなかったのですね。

この記事へのトラックバック