香貫山の植物  ヤブジラミ (番外編 アメリカフウロ)

 香貫山の登山道脇にひっつき虫の一つ、ヤブジラミの花が咲き出した。同じくひっつき虫の一つのオが付くオヤブジラミに付いては4月30日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_29.html
 両方とも人参に似た葉で、草丈も70cmと全体の姿は良く似ている。
画像
          (ヤブジラミの姿はオヤブジラミにそっくり)

 両者の違いの一つは開花時期で、オヤブジラミが春に対しヤブジラミの方が初夏で1ヶ月程遅い。更に、オヤブジラミが葉や花や果実が紫味を帯びるのに対してヤブジラミは帯びない。
画像
                (ヤブジラミの花は真っ白)

 更にヤブジラミはオヤブジラミに対して、花や果実を密に付ける。
画像
           (ヤブジラミの方が1花序あたり花の数が多い)

 既に花後の実を付けている株もある。オヤブジラミに対して数も多いが柄の長さが短いので密に付いている様に見える。最近のオヤブジラミの状況を下から2番目に載せてあるので比較すると良く解る。
画像
            (実が密に付いている)

 登山道の脇に群生している。
画像
             (ヤブジラミの群生)

 ヤブジラミの生えている所とオヤブジラミの生えている所は同じ登山道脇だが別の場所だ。しかし1ヶ所だけは隣りあわせで生えている。
画像
        (右の緑色がヤブジラミ、左の赤味を帯びた方がオヤブジラミ)

 参考に、その後のオヤブジラミの姿を以下に載せる。
画像
            (オヤブジラミの実は更に赤くなってきた)
画像
            (オヤブジラミは茎や葉も赤くなってきた)

<ヤブジラミ(藪虱)>
  セリ科、ヤブジラミ属
  名前の由来:棘の先が鈎状に曲がった果実が虱のように体につく

<特徴>
  にんじん型で表面が光沢のない2回羽状複葉
  花茎を伸ばして白い花を多数咲かせる
  初夏に咲 道端の湿気の多い腐葉分がある肥えた場所に生える
  草丈70センチまで
  良く似ているオヤブジラミとの差異 (括弧内)がヤブジラミ
    春に咲く(初夏)
    葉や花や果実が紫味を帯びる(帯びない)
    花や果実は疎に付く(密に付く

《番外編》 アメリカフウロの実
 アメリカフウロに付いては5月6日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_6.html
開花してから約1ヶ月が経過した。葉が赤く紅葉している。ゲンノショウコの槍の様な実とそっくりの実も見える。既に黒く完熟している実もある。
画像
        (アメリカフウロの実はゲンノショウコに似た槍の実だ)

 隣の株には既に黒い種を遠くまで飛ばした後で、ミコシ(神輿)の様な形になっている。これもゲンノショウコとそっくりだ。
画像
        (ミコシの様な形になったアメリカフウロの実)

        ---2007年6月12日のブログより転載開始---
《番外編》 アメリカフウロの実(その2)
 アメリカフウロの実に付いては既に6月1日に綴った。その際、種を飛ばした後の神輿の形が不完全だった。5つの軒先が有る完全なものの写真を撮ったので以下に載せる。合わせて6月1日のブログにも転載しておく事とする。
画像
   (ミコシの様な形になったアメリカフウロの実  6月13日差し替え)
        ---2007年6月12日のブログより転載終了---

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,456歩、今週の累計歩数は47,371歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年06月01日 21:19
 草花の調べ方は懇切丁寧に教えて頂き有難うございました。やはり日頃の努力、積み重ねが自分の知識、検索力向上に繋がっているのですね、デコウォーカーさんの爪の垢でも煎じて飲みたいものです。
 嫌われもののヒッツキムシも拡大してみれば可愛い所がありますね。あまり嫌わないように心掛けたいと思います。
2007年06月02日 00:06
こんばんは。以前オヤブジラミ「雄藪虱」が出てきましたが、今日はヤブジラミですね。これは雄に対して雌藪虱の名前でなく、ただのヤブジラミだったのですよね。
花を比較すると雄が時期的に勝って、花数では負けていますね。
そうすると、ひっつき虫の数はヤブジラミが勝つのですね。野原で虱にくっ付かれたら大変ですね。虱はもう時代遅れで、違う名前でも良かったのでは?
アメリカフウロの神輿の形、バッチリ出来て、ゲンノショウコの種そっくりですね。
2007年06月02日 15:22
ヤブジラミも、オヤブジラミも同じようで良く似ていますね。
ヒッツキムシは好きではありませんが、写真では可愛いですね。
白い花も綺麗で、ヒッツキムシと同じとは思えませんね(ヤブジラミに悪いですね)
アメリカフウロ、御輿の形に綺麗に撮られてバッチリですね。
さすが、デコウォーカさんですね~。この画像を楽しみにしていました。
先日、こちらでも撮ったのですが、失敗でした。
寅太
2007年06月02日 15:23
ヤブジラミとオヤブジラミを見分ける自信はありませんが、オヤブジラミもアメリカフウロももう赤くなるんですね。
私の散歩コースでは余り見かけません。注意力がないだけかも知れませんが。
でもシラミはなくても結構ですが。
2007年06月02日 17:37
信徳さん、今日は。
草花の調べ方で何か良い方法が見つかったら又、連絡致します。どの植物も年に一回は花を咲かせます。そしてそれぞれを良く見るとそれぞれの良さが有りますね。
2007年06月02日 17:51
一花さん、今日は。
良く似た花で、双子兄弟の様です。昨日のヤブムラサキは新しい名前を付けてやりたいと思いますが、今日のヤブ兄弟の名前を改めて考えてやろうと言う気にはなれないですね。良く見たら神輿の形が完全では有りませんでした。もう一度良く探して神輿の完全形を撮影しようと考えています。
2007年06月02日 17:58
杏さん、今日は。
一花さんへのコメントにも書きましたが良く似ていて、双子の兄弟の様です。葉や花は綺麗ですが最後の実の形状が良くないですね。アメリカフウロみたいな面白いか又は形も良ければもっとモテルと思いますね。神輿は完全形でなかったので再度探して撮影をしようと思っています。
2007年06月02日 18:05
寅太さん、今日は。
ヤブジラミとオヤブジラミをわざわざ見分ける必要は無いでしょう。ヒッツキムシの一つとして服に付けない様に気をつける為の知識だけあれば良いですから。アメリカフウロの紅葉は今時は周りが緑色一色ですから良く目立ち、なかなか綺麗ですね。種飛ばしで遊んだら面白いかも知れません。
2007年06月02日 19:27
実のついた頃にはあまり出会いたくない草ですが、花はなんとなく高山植物みたいな感じてすね。
2007年06月02日 22:59
葉は大きく、茎も高くなり立派な草姿をしていますが、花は小さいです。確かに、花だけを見ると高山植物の様ですね。この実が付いた頃にはどうなるのか昨年の記憶が無いのです。一回目の草刈が入った様に思うのですが、そうなればひっつき虫対策が完了するのですが。

この記事へのトラックバック