香貫山の植物  イヌガラシ (番外編 トベラ)      

 香貫山登山道の所々に、一列に並んで黄色い花を咲かせている草がある。草丈は50cm程で茎の先端に集団で黄色の花を咲かせている。イヌガラシ(犬芥子)だ。
画像
               (路傍に並んだイヌガラシ)

 芥子に似ているけど役に立たないので、イヌの接頭語が付いたと資料にある。花弁は4弁で、アブラナ科特有の十字花だ。
画像
               (花弁は十字の形をしている)

 イヌガラシは雑草性が強く除草剤の散布後や機械除草によって地上部が枯れたり刈取られた跡、枯れ残った地上部の一部や根から個体を再生させ再び花を咲かせたりすると、資料にある。確かにこの草は刈り取られた後にも再び伸びてきて、一年中ある様に感じる。
画像
               (雑草性が強いイヌガラシ)

 花後で既に弓型の実を付けている。
画像
               (実は弓型で先端が上に反っている)

<イヌガラシ(犬芥子)
  アブラナ科、イヌガラシ属
  名前の由来:芥子に似ているけど役に立たない意味のイヌが付いた

<特徴>
  多年草
  4~10月に咲く  原野、畑、田の畦、道沿いなどに生える
  黄色の十字花で花径4mm大
  総状花序で茎の先端に集団で咲く
  茎は緑から黄褐色
  葉柄がなく葉は細長い楕円で鋸歯
  果実は弓型で先端が上に反る
  草丈50cm以下
  いかにも雑草らしい
 
《番外編》 トベラ
 トベラの赤い実や花に付いて、昨年の12月28日に綴った。( http://dekowalker.at.webry.info/200612/article_21.html
その花の記述の中で「トベラは雌雄異株で上の写真はメシベが大きくてオシベが短いので雌花だ。この写真を撮った時はトベラが雌雄異株である事を知らなかった為、雄花を撮り損なったのだ。来年の5月に雄花を撮影してここに追加する事とする。」と、ある。
 ここ数日でトベラの花が急に咲き始めた。改めて花を見ると2種類ある。雄花だけでなく雌花も改めて撮影したので以下に載せる。又、12月28日のブログにも追記しておく。
画像
           (雄花はオシベが大きくて、メシベが小さい)

画像
           (雌花はメシベの子房が大きくて、メシベは小さい)

 枝の先端に咲く花の数は雄株の方が多く、雌株の方が少ない違いも有る。今回撮影した雄株の花と合わせて、前回の雌株の画像を以下に載せる。
画像
            (雄株の花の数は雌株よりも多い)

画像
      (雌株の花の数は雄株よりも少ない  2006.5.23ブログより)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,045歩、今週の累計歩数は35,383歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年05月09日 20:25
 イヌは可哀想ですね。勝手に名前を使われて。イヌガラシ、イヌノフグリ、オオイヌノフグリ、イヌタデ・・・そんな物ですか。もっと有るかと思っていましたが。
2007年05月09日 22:47
こんばんは。イヌガラシとあり、「犬枯らし」かと思ったら、芥子なんですね。黄色いアブラナ科の花で雑草性が強いのでしょうか?若しかして散歩の時、普段見ているものかも知れませんね。
野の花は似たようなものが多くて、インパクトがないと、なかなか名前が覚えられないのですよ。
トベラは去年、その独特の赤い実を覚えていますよ。
花はこんなにまっ白で綺麗だったのですね。雌雄異株ですが、ここの山には雌雄何でも揃っているのですね。ハナイカダも雄株が近くにあるのでしょうね。
(私のブログでは、何時も長い駄文でお時間かかって申し訳ありません~。)
2007年05月10日 11:02
堤防等に生えているカラシナがありますが、イヌガラシはこれと関係があるのでしょうかね、そういえば堤防のカラシナも最近あまり見かけなくなったように感じています。
それにしても犬のつく植物が結構ありますが、何だか少し可愛そうなところがありますよね。 
寅太
2007年05月10日 15:50
生まれてくる時代を間違ったような野草ですね。綱吉の時代や現代に生まれてきたら、犬は最も役に立つ動物の一つです。
それにしても犬の散歩は多い。そして犬を持つ人はすぐに友達になって話をしている。
むかし、会社でタバコを吸う人だけに情報が伝わっていたことを思い出す。今はお犬さまです。(寅のなげき)
2007年05月10日 17:13
犬芥子、名前の付け方が少し可哀そうな気がしますね。イヌガラシの黄色い花はキレイな十字の形をしていますね。道沿いなどにも生えているようですので気をつけて見てみたいと思います。
トベラの花は真っ白で綺麗な花で、白い花から薄い黄色になるみたいですね。花の香りはあるのでしょうか?トベラの実の中の種子は真っ赤でしたね。
デコウォーカ
2007年05月10日 21:33
信徳さん、今晩は。
役に立たないからイヌを付けた理由が分らないです。犬は色々人間には役にたつ動物と思っていますが。信徳さんが上げた以外で私が知っているのは、イヌビワ、イヌツゲ、イヌホホズキくらいかな?あまり知っていないですね。
2007年05月10日 21:44
一花さん、今晩は。
イヌガラシは散歩の途中で見ていると思いますよ。トベラは良い匂いがして、花も綺麗だし、あの実が割れて出て来る赤い種も綺麗で香貫山のウォーキングには嬉しい仲間です。かなり沢山有ります。実のついていないハナイカダの葉が有りますので、多分あれが雄株だと見当をつけました。
駄文では無く、情報過多ではないでしょうか?特に園芸の素人には玄人の情報は分らない。自分のレベルに合わせて適当に読み飛ばしています。(失礼な点があったらゴメンナサイ。適当に無視してください。)
デコウォーカ
2007年05月10日 21:56
OSAMIさん、今晩は。
カラシナとイヌガラシの関係は?です。香貫山のすぐ下を流れている狩野川にはカラシナが今年も咲いていましたがヒョットすると、面積が減っていたかも知れませんね。犬が役に立たないとはどう言う意味ですかね?牛や馬よりも役に立たないと言う意味ですかね?
デコウォーカ
2007年05月10日 22:04
寅太さん、今晩は。
何故、犬が役に立たないの分らないでいます。綱吉の時代は確かに大事にされた。現代はコミュニケーションの手段として生かされているとのご指摘はズバリですね。確かに見ず知らずの人が喋っている。最近の会社ではタバコはコミュニケーションの手段として役立たずになってきていますね。
デコウォーカ
2007年05月10日 22:11
杏さん、今晩は。
イヌガラシの花も沢山咲いていると綺麗ですが一株だけだと目に付き難いですね。もう少し花が大きいとパンチがあって良いのですが。花は小さいけれど綺麗です。トベラは良い香がしますよ。

この記事へのトラックバック