香貫山の植物  トウバナとタチイヌノフグリ     

 昨日綴ったアメリカフウロが咲いている近くに、シソ科の花を付けた九輪塔の様な形の花が咲いている。トウバナ(塔花)だ。
画像
             (九輪塔の様に咲くトウバナ)

 沢沿いにある登山道階段の丸太の前にも咲いている。段差以上になると踏まれる為か、ここのトウバナの草丈は低い。
画像
             (丸太階段の段差以下のトウバナ)

 もう少し沢を下っていくともっと背丈の高いトウバナの群生に出会った。
画像
             (沢沿いの肥沃な所は草丈が高い)

 ここの中で一番背の高いトウバナは7頭身美人ならぬ九輪塔に倣って、9頭身美人かな?
画像
            (9頭身?美人のトウバナ)

 一つ一つの花は小さくて接写撮影でも上手く撮れない。何回か撮影をチャレンジして一番上手く撮れたものが下の画像だ。何とか、シソ科の唇形状らしさは撮れているかな?
画像
            (シソ科のトウバナの花は唇形状だ)

<トウバナ(塔花)>
  シソ科、トウバナ属
  名前の由来:花穂の形を塔に見立てた

<特徴>
  多年草
  5~8月に、田の畦や山地の湿気の多い道端、林縁などに咲く
  花径3ミリ程度の小花で九輪塔の形のように咲く
  地面を這うように横に広がる、路傍の淡い白の花だ
  草丈30センチまで
  葉は対生し、枝分かれしやすい

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 トウバナの最後の画像の中に青い花が見えた。この花もアメリカフウロ、トウバナと一緒に咲いていた。タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)だ。2月3日に綴ったオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)(http://dekowalker.at.webry.info/200702/article_4.html)の仲間だ。
画像
    (タチイヌノフグリの小さな花  2回クリックで拡大出来ます)

 オオイヌノフグリと色も形も良く似ている。違いはオシベの色がオオイヌノフグリは紫であったがタチイヌノフグリは黄色だ。上の画像で何とか黄色が認識出来るかな?
 参考に2月3日のブログよりオオイヌノフグリの花を以下に転載する。

       ーーー2007年2月3日のブログより転載開始ーーー
画像
              (花弁は4枚、雄しべは2本)
 オシベの紫色が見えるかな?
       ーーー2007年2月3日のブログより転載終了ーーー

 オオイヌノフグリの茎は地面を這うが、タチイヌノフグリの茎はまっすぐに立っている。これが名前の由来だ。
 タチイヌノフグリの実がなっているか調べたら、下の方に既に生っていた。
画像
            (葉腋に付いている茶色の丸いものが実)
画像
            (上の画像の実の拡大)

 オオイヌノフグリの実は葉腋から柄を出して下向きに付いていたが、タチイヌノフグリの実は葉腋に柄が無く上向きに付いている。形は共に2ヶの種子(玉?)が入っている。参考にオオイヌノフグリの実の画像を2月3日のブログより以下に転載する。

       ーーー2007年2月3日のブログより転載開始ーーー
画像
               (オオイヌノフグリの実)
画像
                  (犬のフグリ似?)
       ーーー2007年2月3日のブログより転載終了ーーー

<タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)>
  ゴマノハグサ科、クワガタソウ属
  名前の由来:根元から分枝して立ち上がる

<特徴>
  1年草
  4~6月咲き  道端や畑に咲く
  スカイブルーの花は3~4mm位 
  花は4弁
  草丈25cmまで

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は14,842歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年05月07日 22:15
 オオイヌノフグリは良く見かけますがタチイヌノフグリ、イヌノフグリは見た事が有りません。おかしいですね。
2007年05月07日 22:55
実物は見かけた記憶が無い様に思いますけれど拝見するとトウバナは面白い花ですね、せっかくの9頭美人ですからもう少し花が大きいと絵に成りますね。
2007年05月08日 00:03
こんばんは。うちの鉢から、似たようなハーブみたいな感じで雑草のように咲いている花があるのですが、どうもこの9等身の美人さんのこれに似ますよ~。名前が判らなかったのですが、トウバナ(塔花)ですか?分かってすっきり~しました。此処で教えて戴いて有り難かったです~。何故鉢に生えてきたのでしょうね。花と一緒に種でも入っていたのでしょうか?今度何時か、美人さんを出していますね。
タチイヌノフグリも登場ですね。オオイヌノフグリは見ますが。
2回クリックで大きな画面に出てきました~。そしてしっかりともう実を上に向けていて大胆ですね。
plysima
2007年05月08日 01:10
トウバナ、見たことがある気がします。↑上の方のコメントのようにハーブにありそうな形ですね。シソ科だからでしょうか。
寅太
2007年05月08日 16:01
だんだん難しくなってきました。見たことがないような。
この花も今後注意して探します。
こちらのフグリは毛まで生えて立派です。
きょうは恒例のゴルフでした。初夏のような気候でした。
2007年05月08日 19:16
トウバナも、タチイヌノフグリも小さな小さな花ですね。トウバナはシソ科なのですね。シソの花に感じが似ているように思います。
先日、川原で、小さなブルーの花を見ましたが、この画像に良く似ていてタチイヌのフグリのようです。有難うございました。
デコウォーカ
2007年05月08日 19:16
信徳さん、今晩は。
タチイヌノフグリは花もオオイヌノフグリより小さく又、開花時間も昼前後のみの為、見つけ難いと思います。私もトウバナの写真を撮っている時に発見しました。そう言えば、私も犬の陰嚢は見た事が無さそうで、シッカリした記憶が有りませんでした。
デコウォーカ
2007年05月08日 19:23
OSAMIさん、今晩は。
実物は目立ちません。多分、見てはいるけれど目に留まっていないだけと思います。気にして見ていると随分多く有りました。一つの花がもう少し大きければ、せめてムラサキサギゴケくらいの大きさが有れば人気が出る花だと思います。
デコウォーカ
2007年05月08日 19:32
一花さん、今晩は。
この花が、イヤ雑草が一花さんちの花壇に侵入していましたか。早速抜き去ってしまった方が今後の為にも良いと思います。多分ほって置くと蔓延る、したたかな美人だと思います。タチイヌノフグリは小さい花であり実も小さいので、上を向いていても赤ちゃんの***と同じで可愛いですよ。
デコウォーカ
2007年05月08日 19:36
plysimaさん、今晩は。
雑草の中に必ず有ると思います。多分目には入っていても雑草として見過ごしていると思います。ハーブみたいに利用価値があれば扱いが全然変わるでしょうね(笑)。
デコウォーカ
2007年05月08日 19:43
寅太さん、今晩は。
plysimaさんへのコメントに書いた通り、雑草として見過ごしていると思います。ウ~ン、毛が確かに有りますね。しかし、毛と言っても産毛レベルですね。今日は良い天気で最高のゴルフ日和でしたでしょうか?
デコウォーカ
2007年05月08日 19:49
杏さん、今晩は。
どちらも小さな小さな花です。虫眼鏡で見ないと良く分かりません。カメラで拡大して撮って初めてこんな形をしていたのだと分かりました。多分、川原のブルーの花はタチイヌノフグリだと思います。昼前後の短い時間しか開花していないと資料に有りましたので、確認する時間帯に注意してください。

この記事へのトラックバック