香貫山の植物  トキワツユクサ (番外編 カラスノエンドウ)     

 今年も水路の壁に白色の花がビッシリと咲いた。トキワツユクサ(常盤露草)だ。
画像
           (ほぼ垂直の壁を覆ったトキワツユクサの花)

 葉はツユクサ(露草)に似ているが,花はまるっきり違う。
画像
             (葉がツユクサに似ているが花はまるで違う)

 花は、白色の3枚の花弁、白色の花糸と黄色の葯がついた6本の雄しべ、中心に1本の雌しべで出来ている。雄しべには白色の長い毛が密生している。何の為にこの雄しべの毛が沢山生えているのだろうか?
画像
                 (トキワツユクサの花)

 草丈はスラリとしている。露草のように枝を伸ばし茂る。
画像


<トキワツユクサ(常盤露草)>
  ツユクサ科、ムラサキツユクサ属
  名前の由来:葉がツユクサに似て常緑である

<特徴>
  多年草、常緑
  6~8月咲
  暖地の山野や道沿いに生える  
  草丈は50cm以下
  白い3弁の花で整形

《番外編》 カラスノエンドウの実
 カラスノエンドウに付いては3月30日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_31.html
その後も花が咲き続けているが大きくなった株の中を覗くと、キヌサヤエンドウに似た実を付けている。サヤの中に何個の種が入っているか、数えてみたら10個以上入っているものもある。
画像

             (美味しそうなカラスノエンドウの実)

 この先でこの種は黒くなると資料にある。確認する事とする。

         ---2007年6月13日のブログより転載開始---
《番外編》 カラスノエンドウの実(その2)
 カラスノエンドウの緑色の実に付いては5月26日に綴り、その内容を3月30日のブログに転載しておいた。その後の状況を見たところ、資料に記載されている様に、黒く熟していた。
画像
           (黒く熟したカラスノエンドウの実)

 種が落ちた殻は捩れている。果実は熟すとパチンとはじけ、中の種子をはじき飛ばすと資料にあるが、種を飛ばす工夫が何かある様だ。
画像
           (種が飛んだ後の殻は捩れている)

 更に日にちが経つと茎まで黒くなって草叢の上に倒れている。
画像
              (カラスノエンドウの残骸)

 春先のみずみずしい緑の葉や茎、それに紅紫色の可愛い花の姿からみると何とも哀れな姿に変身している。体全体が真っ黒なカラスの名前が付くのはこの最後の株の姿を見て付けられたのだろうか?
         ---2007年6月13日のブログより転載終了---

 今日は所用で東京まで出かけてウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

plysima
2007年05月27日 11:26
トキワツユクサ、アップにするとなかなかおもしろい花の形をしていますね。なるほどツユクサとは花は全然違いますね。カラスノエンドウは子供の時から親しみのある花なのですが、このサヤの中の実がだんだん大きくなってふくらんできますよね。そして黒くなっていくのですが、うーんおいしそう、と思ったことがあります。
寅太
2007年05月27日 13:57
トキワツユクサは我が家の庭にたくさん生え、いま白い花が咲いています。
庭から一枝取ってきて、説明文を読んでいますが、「黄色の葯がついた6本の雄しべ」などは確認が難しいほど小さい。
名前の通り常緑で、葉、花も綺麗で、好きな花の一つです。いったん庭に住み着くとよく繁殖します。
2007年05月27日 16:47
こんにちは。この花の存在は最近知ったのですよ。まだ本物を見た事がなく何処かで見てみたいと思ってました。園芸種みたいに綺麗な花で、花屋さんにあるかと思っていましたが見かけないようです。此処の山ではこんなに見られてラッキーですね。一本欲しいくらいです~。
紫ツユクサと言う園芸種がありますが、花はそれに良く似て、葉は普通のツユクサにも似ますね。
カラスノエンドウもしっかりと豆が出来ていますが、食べられないのですよね。うちのエニシダにもこんなにたくさん、キヌサヤエンドウ風がぶら下ってます~。今日は暑くて、ビールのおつまみに、枝豆が欲しいくらいですネ。


2007年05月27日 19:24
私のところでも観葉植物で葉に縦の筋の入っているトラカンがありますが、この花とトキワツユクサの花はそっくりですね、科が同じですから当たり前なのかもしれませんが、トラカンは正式にはトランデスカンティア・フルミネンスと言うようです。
2007年05月27日 19:34
plysimaさん、今晩は。
トキワツユクサは綺麗な白色の花で特徴の有る花ですね。オシベの毛が沢山生えているのが何故なのか?面白いですね。サヤの中の実を今回は見なかったのですが次回には開いて見ようと思っています。
2007年05月27日 19:38
寅太さん、今晩は。
確かに目視ではオシベの構造は見えないですよね。資料にオシベに沢山の毛が生えていると有って、そうかなと思って見ています。香貫山でも年々このトキワツユクサは勢力圏を広げているように感じています。
2007年05月27日 19:49
一花さん、今晩は。
香貫山ではムラサキのツユクサと同様にこの白色のトキワツユクサは繁殖しています。何故か?生息している所は別々です。相談しているのかも知れませんね(笑)。一株送ってあげたいのですが、急速に増えると思いますので花壇に植えるのはどうかと思います。香貫山では変な雑草よりもズーッと良いですが。カラスノエンドウの豆は食べられませんか?試食しなくて良かった。今日は山歩きで帰りのバスの中で一杯やってきた所です。まだ喉が渇いていますので、何を飲もうかな?と楽しみにしています。
2007年05月27日 19:59
OSAMIさん、今晩は。
トラカンをネットで調べたらトキワツユクサとそっくりですね。オシベの毛が少ないようですが形や色はそっくりですね。

この記事へのトラックバック