香貫山の植物  ヤマボウシ (番外編 オヤブジラミ)     

 香貫山の林の中を歩いていると10m程離れた所の木に白い花が咲いている。近づいて見ると葉の上に十字架型の花が咲いている。ヤマボウシ (山法師)だ。
画像
           (花を法師の頭巾に見立てたヤマボウシ)

 葉の上に花を付けるので木の上部の花は見えず、目線の高さから下の花しか見えない。
画像
          (木の下部の花は良く見えるが上部の花は見えない)

 花序の柄は意外に長く、葉群から伸び上がっている。
画像
               (花柄は長くて葉の上に突き出ている)              

 4枚の花弁のように見えるのは総苞であり、その中心に多数の花がサッカーボール状に付く。 
画像
          (真中のサッカーボール状のものが花序)

 一つの花は花弁は4枚、オシベは4本、メシベは1本である。花弁とオシベは脱落しやすい。下の画像でメシベだけが残っている花、4枚の花弁と4本のオシベが残っている開花中の花、未だ丸い蕾のままが見える。
画像

画像
        (蕾、開花した花、花後でメシベだけのものが混在している)

 このサッカーボール状の物は秋には赤くイチゴを連想させるような果実になり、甘くて食べられると資料にある。葉も赤く紅葉する。秋の姿を確認する事としよう。

        ---2007年7月28日のブログより転載開始---
《番外編》 ヤマボウシの実
 ヤマボウシに付いては5月18日に綴った。その後のヤマボウシの木を覗いたら青い実に混じって赤くなってきた実もあった。
画像
画像
画像
                  (赤くなり始めたヤマボウシの実)

 継続観察する事とする。
        ---2007年7月28日のブログより転載終了---
        ---2007年12月22日のブログより転載開始---
《番外編》 ヤマボウシの紅葉
 ヤマボウシに付いては5月18日に綴った。急坂の階段道の為、私は滅多に通らない登山道を久し振りに歩いたらヤマボウシの白い花が咲いていた。しかもその株は真っ赤に紅葉していて、赤い葉に白い花が遠目にも綺麗だった。
画像
               (紅葉したヤマボウシに白い花が咲いている)

 近づいて、紅葉した葉と花を撮影する。花の萼片も周りが赤く色付いている。
画像
               (花の中心にある本当の花はまだ蕾だ)

 他の花を見ると、本当の花が咲いている。今頃、花が咲いてチャンと結実するのだろうか?
画像
               (花の中心にある本当の花は開花し始めた)

 5月18日に綴ったヤマボウシの株で秋の紅葉を見ようとしていたが早々に落葉してしまい紅葉を見れなかった。まさか、ここで紅葉が見れるとは思いもしなかった。もう少し早くに気付いていれば、もっと葉の多い紅葉が見られたかも知れないが・・・。
        ---2007年12月22日のブログより転載終了---

<ヤマボウシ (山法師)>
  ミズキ科、ミズキ属
  名前の由来:花を法師の頭巾に見立てた

<特徴>
  5~6月頃林のなかに白い十字架型の花を咲かせる
  木の上部に花を付けるので上からか横からでないと見えない
  花の匂いはない
  秋にひょうきんな赤い実をならせ少し甘く食べられる
  秋には紅葉する
  高さ10メートルまでの落葉中木
 
《番外編》 オヤブジラミの実
 オヤブジラミに付いては4月30日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_29.html
その後のオヤブジラミを覗いてみたら、既に実が成長していた。前回、「オヤブジラミは実も紫色が付くと言う」と綴ったが、その通り綺麗に紫色でお化粧している。虱の名前にふさわしくない。
画像
             (オヤブジラミの実)

 この画像を4月30日のブログに追加しておく。

 今日は4日ぶりに香貫山へ行って来た。今日の歩数は8,511歩、今週の累計歩数は44,660歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月18日 22:01
こんばんは。此処の山には勿論ヤマボウシもあったのですね。これはうちの近くでも咲いているのですが、高い梢に咲いていてしっかりと花の様子を見た事がなかったので、こうして見せて戴いて有り難いです。
5、6枚目で花の様子が良く分かりました。ハナミヅキもしっかりと見れば良かったのですが、博士並の観察力に欠けました~。
花後の実は食べられるのですね。どんなお味かお楽しみですね。
オヤブジラミの実は虱でなく、紫に化粧して美しく変身でしたね。虱が化粧すると、何になるのでしょうね?
plysima
2007年05月18日 22:55
こんばんは。ヤマボウシ、好きなんですよー。ハナミズキよりも花(ガク?)の咲いている期間が長いですよね。もし自分の家の外構を考えることがあったら、エントランスに植えたい木です。赤い実はおもしろい形ですよね。甘いとは知りませんでした。
2007年05月19日 06:30
ヤマボウシは上を向いて咲く花でなかなか細部を見ることが出来ないですが、こちらで細部を拝見させて頂きました。
デコウォーカ
2007年05月19日 07:40
香貫山にもヤマボウシが有るよ、と聞いていたのでアチコチ捜しました。見つけた時は感激でした。香貫山に有るとは思ってもいなかったので。
ヤマボウシの花の詳細が分りましたか?まるでサッカーボールそっくりです。秋に熟した実を見るのが楽しみです。虱がお化粧すると何になる?化けて風になる???
デコウォーカ
2007年05月19日 07:43
一花さんへの追伸です。
寝ぼけ眼で挨拶が抜けてしまいました。
お早う御座います。
デコウォーカ
2007年05月19日 07:51
plysimaさん、お早う御座います。
ヤマボウシはお気に入りの花でしたか。ハナミズキよりも花期が長いとは知りませんでした。長い期間花が楽しめるのは嬉しいですよね。plysimaさんが建てる家ならばモダンな建物でしょうからきっと似合うでしょう。私はまだ赤くなった実を見た事が無いので今年の秋を楽しみにしています。
デコウォーカ
2007年05月19日 07:57
OSAMIさん、お早う御座います。
木の下の方の枝が腰の辺りだったのでシッカリと写真が撮れました。しかし、ヤマボウシの生えている所は笹や草が伸びてきて蛇でも出そうな所なので、そこそこに引き上げてしまったので傷なしの綺麗な花を選んで写す余裕が無かったのが残念でした。
2007年05月19日 17:26
ヤマボウシの花も、真っ白で綺麗な花ですね。
今の季節、若葉の上に真っ白な花は本当に綺麗ですね。花びらのように見えるのは総苞なのだそうで、花は小さな小さな花がボール状に咲いているのですね。拡大して見せていただきました。本当にサッカーボールのようですね。秋には赤い果実になり、甘く食べられるそうですね、どのような感じなのでしょう。楽しみにしています。
デコウォーカ
2007年05月19日 23:01
杏さん、今晩は。
木の下の方の枝に咲いているヤマボウシの花は上から見ますので、緑の葉の上で白い花がとても良く見え綺麗です。このサッカーボール状の実がこれからどの様に変化して行くのか楽しみにしています。しかし、OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、ヤマボウシの生えている所はこれからは益々、草ボウボウとなり草を掻き分けて入らないと近づけないので如何しようかと思案中です。

この記事へのトラックバック