香貫山の植物  エゴノキ(番外編 ワジュロ)

 香貫山の登山道横に、枝に沿って白い花がぶら下って咲いている木がある。帰宅して調べたらエゴノキであった。
画像
         (枝々に沿って白い花を見事に付けたエゴノキ)

<エゴノキの花>
 有毒物質であるサポニンを含んでおり、その味が「えぐい」のでエゴノキと名前が付いたと資料にある。しかし、名前に似合わずうすクリーム色の深く割れたゆり型の5弁の花は清楚で綺麗だ。
画像
             (エゴノキの花は清楚なゆり型の花)

 その清楚な花がうな垂れて一斉に咲いている様は見事だ。
画像
         (緑の天井から一斉に垂れ下がった情景は見事だ)

 花には良い香がするとあるが花が木の上の方にある為か、匂いを未だ嗅いでない。クロアゲハが花から花へと飛び回っている。花が沢山有って心移りしてか、一つの花に止まっている時間が少ない。
画像
               (良い香と密に誘われたクロアゲハ)

 秋には実がやはり垂れ下がるとある。継続観察する事とする。

        ---2007年7月31日のブログより転載開始---
<エゴノキの実>
《番外編》 エゴノキの実
 エゴノキの花に付いては5月17日に綴った。今日はそのエゴノキに鈴なりに吊る下がっている実の模様を以下に載せる。
画像
             (花と同様に見事にぶる下がっている)
画像
                 (綺麗な実は薄いグリーン色)

<エゴノキの虫えい>
 隣にバナナの房に似た奇妙なものが吊る下がっている。 調べるとエゴノネコアシアブラムシによる虫えい(エゴノネコアシ)であるということが分かった。バナナの房のようにも見えるが猫の足先に見立てた名前だった。
画像
                   (エゴノネコアシ)
        ---2007年7月31日のブログより転載終了---

<エゴノキ>
  エゴノキ科、エゴノキ属
  名前の由来:有毒物質であるサポニンを含んでおり、その味が「えぐい」ので

<特徴>
  樹高は10Mまでの落葉広葉樹 
  5,6月咲き   
  うすクリーム色の深く割れたゆり型の5弁の花
  花径2センチ
  花も実も下向きにぶらさがり咲く
  花には香りがある
  秋にはグリーンの実が熟れて中から1ケ黒い種がでる

《番外編》 ワジュロ(和棕櫚)
 香貫山ではあまりシュロは見ていないが、麓近くに生えているのを見つけた。大きな木に見合った花が咲いていた。葉が先の方で折れているので、トウジュロ(唐棕櫚)に対してワジュロ(和棕櫚)だ。この木は雌雄異株と有るがこれはどちらの花かな?ネットで色々調べたが不明でした。
画像
           (ワジュロの花  雌雄どちらの花か?)

 一昨日と昨日は小旅行で歩数は合計26,048歩。今日は天気が不順でウォーキングは中止。今週の累計歩数は36,149歩/4日。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2007年05月17日 16:35
ご無沙汰しています。徳島の故郷で桜の間に牛を飼っています。
神戸にはあまりかえりません。
信徳
2007年05月17日 18:06
 一重、純白の花をぶら下げている姿は圧巻です。クリスマスローズの花を見ているような錯覚を持ってしまいました。
2007年05月17日 23:22
エゴノキはたまたま一緒になりましたね、この木はゴルフ場のスタート位置に咲いていてキャディから名前を聞いて憶えた記憶がありますが、良く注意してみるといろいろの処で咲いていますね。
2007年05月18日 00:15
こんばんは。これはうちの近くの公園にも植えてあって、成長の過程を毎日見ているのですよ。今日も花を撮ってみました。昔、石鹸の木とか言っていたと夫が言いました。有毒のサポニンがありなんですね。
香りは花の1個1個の近くに寄っても匂ってこず、纏まって風に乗って香の層として甘い香がするようです。これは何処でも花付が良いですよね。何故でしょうね。花後すぐ実が出来ますよ。
シュロにも唐と和があるのですね。ワジュロは下からも葉が出て野性的で、何故か花が下向きで疲れっぽい咲き方ですね。
デコウォーカ
2007年05月18日 11:45
sakuragipoさん、今日は。
お久し振りに訪問して頂き有難う御座います。私は時々訪問させて戴いておりますが足跡も残さず失礼ばかりしておりました。故郷の徳島で優雅な生活を楽しんでおられる様で羨ましい限りです。今後とも宜しくお願い致します。
寅太
2007年05月18日 11:49
エゴノキは木で支えがありますから自生種ではないようですね。
公園などでは名札をつけているところもありますので、名前を書いてくれると親しみがわきます。でも家に帰って調べる楽しみが減りますが。
デコウォーカ
2007年05月18日 11:54
信徳さん、今日は。
ダブりのコメントは削除しておきました。私も時々、ダブってしまいます。そうですね、花の大きさは小さいですが、下向きに俯いている様は花型を含めてクリスマスローズに良く似ていますね。色も白で良く似ています。
デコウォーカ
2007年05月18日 11:58
OSAMIさん、今日は。
ゴルフ場にも有りましたか。香貫山以外にあまり出かけていないから当然ですが、香貫山以外ではまだ見た事が有りません。綺麗で見事に咲くので近所を散歩すれば見かけるかも知れませんね。
デコウォーカ
2007年05月18日 12:06
一花さん、今日は。
エゴノキがご近所の公園にも有るのですね。見事に白い花を垂れ下げるので公園にも有るのですね。サポニンが石鹸の代わりになると資料に有りました。昔に人は上手く身近の植物を活用していたのですね。ワジュロも気をつけて捜してみようと思っています。雌雄異株と知りましたので両方の花の画像を撮りたいです。
デコウォーカ
2007年05月18日 12:21
寅太さん、今日は。
流石、寅太さん目敏いですね。ここの一角は昔からの山桜とソメイヨシノ以外の若い桜の木が色々植えられている所で、その若い桜と同時に自生していたエゴノキを支え木で補強したとも考えられます。ここのエゴノキの他にも自生しているエゴノキは有りますが谷の中なのでここのエゴノキで撮影をしました。香貫山にも所々に樹木の名前を書いた標識が有りますが大抵花を見つけた所には標識が無く、帰宅してから調べる事が多いです。名前が分った時の、あの嬉しさは何とも言えませんね。
2007年05月18日 18:11
エゴノキの花だったのですね。先日、散歩の途中に花を見たのですが、分からないでいました。白い花がとても綺麗でした。
香貫山のエゴノキの白い花、見事ですね。若葉の緑に清楚な白い花が大きな枝一面に咲いていて素晴しい光景です。
シュロの木も黄色い花を咲かせていますね。とても大きなシュロの木みたいですので、花も数個、付けているようですね。
デコウォーカ
2007年05月18日 23:02
杏さん、今晩は。
そちらでもエゴノキの花を見ましたか。白い花が一斉に下を向いて咲く様は見事だったでしょう。シュロの花も私は初めてでした。雌雄異株の木なのでもう一つの花が有るはずですが未だ見つかっていません。

この記事へのトラックバック