香貫山の植物  コナラ (番外編 モミジ)    

 桜の花が散り始めると木々が一斉に芽吹いてくる。この中で、若葉が銀色に光っている木がある。コナラ(小楢)の木だ。高さは25mにもなる落葉高木だ。
画像
                (落葉高木のコナラ)

 近づいて覗き込むと、枝の元部にキブシの下げ飾りの様な花に似たものが付いている。雌雄同株の雄花序だ。
画像
             (コナラの雄花序)

 雌花は枝の先端に付くと資料に有るので、探したがなかなか見つからない。帰宅して画像を良く見たら小さな赤いものが雌花序だと解った。老いた裸眼では発見するのは無理だ。
画像
画像
             (コナラの雌花序)

 雄花序と雌花序の位置関係が解る画像を何とか撮影した。この画像は2回クリックで拡大出来ますので、拡大して枝の先端にある雌花序を探して下さい。
画像
            (コナラの雌花序は枝の先端)

 秋になるとこの枝の先端にドングリの実が付く訳だが、こんな小さな花がドングリに成長するとはチョッと信じられない。秋にこの実と黄葉の紅葉を確認する事としよう。

        ---2007年8月24日のブログより転載開始---
《番外編》 コナラの実
 コナラの花に付いては4月9日に綴った。あの小さな小さな雌花から今、クリクリした立派なドングリが成長中だ。
画像
                      (コナラの実)
 コナラの実はもう少し長くなるのかな?
        ---2007年8月24日のブログより転載終了---
        ---2007年10月20日のブログより転載終了---
《番外編》 コナラの実
 コナラに付いては4月9日に綴った。また実に付いても8月24日に綴った。10月に入り茶色に色付き始めた実も今日時点では完全に熟して茶色に色付き、登山道には沢山の実が落ちている。

画像
             (茶色に色付き始めたいたコナラの実  10月2日)
画像
               (茶色に完熟したコナラの実  10月20日)

 4月にコナラの枝に雌花を見た時は、こんな小さな花があのドングリに成長するのかと、信じられなかった。秋になりチャンと一人前のドングリに成長したのだ。
        ---2007年10月20日のブログより転載終了---

<コナラ(小楢)>
  ブナ科、コナラ属

<特徴>
  落葉高木、高さは25m
  花期は4月 、雌雄同株
  枝の元部に黄緑色の細い紐状の雄花が多数垂れ下がる
  雌花は枝の先で目立たない小花を咲かせる
  実は長さ15mm程度の楕円のどんぐり
  秋11月に茶褐色に黄葉する

《番外編》 モミジ
 登山道沿いにあるモミジも若葉が綺麗に広がってきた。青空を透かして見ると美しさが倍増する。真夏にこの下を通ると、青々した木漏れ日の中をヒンヤリとした風が通るので 好きな場所の一つだ。その雰囲気がもうすぐやって来る。
画像
              (若葉が広がったモミジ)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,037歩。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年04月09日 20:29
 普段気にしていない植物にも拡大接写してみると凄い生命の機構が隠されているのですね、驚きです。またそれを観察されたデコウォーカーさんに座布団三枚です。
2007年04月09日 20:52
こんばんは。この木は25mにもなる高木なんですね~。
ギブシのような雄花序で、雌花序は随分貧弱で小さいのですね。どんぐりって余りにもありふれて、花の事を今迄しっかりと見た事がなかったです。
5枚目の画像は、2回クリックで大きく見えましたが、貴重な画像なんですね。これも三脚の上に括りつけられてタイマーで撮られたような感じですね。
この時期の紅葉の若葉は綺麗ですよね~。うちも今、柔らかくて瑞々しい感じで、葉と花の画像を撮りました。
2007年04月09日 21:45
コナラの雌花というのは見たことが無かったですけれど、画像でみると面白い花の付き方ですね、この樹は今の季節も良いですけれど秋の紅葉のときに、山の雑木林で代表的な紅葉の樹だと思います。
寅太
2007年04月10日 12:07
いよいよ若葉の美しい季節になりました。
コナラの雌花は初めて見ました。デジカメではバッチリ捕らえています。
2枚目の写真では葉が透けて見えますね。
2007年04月10日 14:10
コナラの雌花は初めてです。小さな小さな花ですね。
ドングリの実が枝に付いているのは見たことがありますが、花は初めてです。貴重な画像ですね。
モミジの若葉も青空に映えて綺麗ですね。
デコウォーカ
2007年04月10日 18:15
信徳さん、今晩は。
植物の子孫を残す為の仕組みは色々有り、その不思議さに何時も驚いています。コナラの雌花序は小さくて、今まで見てきた花序や花の中でも一番小さいと思います。しかし、小さな虫には赤い花は小さいけれど、鮮やかで綺麗に見えると思います。
今日は座布団3枚貰いましたが、明日は5枚取られてしまうかな?
デコウォーカ
2007年04月10日 18:30
一花さん、今晩は。
信徳さんへのコメントにも書きましたが、コナラの雌花は今まで見てきた中でも一番小さいと思います。コナラは圧倒的に雄花優勢です。
コナラの木はアチコチに有り、1枚目の木とは別の木で目の高さの枝で写真を撮りました。しかし、枝先の赤い雌花序と枝元の長い雄花序を一枚の写真の中に収めて、尚且つ雌花序の存在が解かる様にするのに苦労しましたが。三脚とタイマーの組合せでは、このショットは撮れないと思います。
デコウォーカ
2007年04月10日 18:35
OSAMIさん、今晩は。
こんな小さな花にどうやってドングリが出来ていくのか不思議です。この木は、秋には黄葉に紅葉して綺麗ですよね。秋も観察して行く予定です。
デコウォーカ
2007年04月10日 18:42
寅太さん、今晩は。
今は若葉が綺麗な時期ですね。仰る通り、コナラの若葉もみずみずしくて葉が透けて見えますね。コナラの雌花一つをもっと大きく撮ろうとしましたが私のデジカメでは限界でした。勿論、悲しいかな、肉眼でも見えません。
デコウォーカ
2007年04月10日 18:47
杏さん、今晩は。
本当に、コナラの雌花は小さな小さな花です。雄花(花序)は大きいですが、何故こんなにアンバランスなのか?不思議ですね。秋のモミジの紅葉も好きですが、この時期の薄緑も好きです。

この記事へのトラックバック