香貫山の植物  ジシバリ (番外編 芦ノ湖と富士山)     

 香貫山の尾根道脇の草叢にオオジシバリに似た黄色の花が咲いている。花は色と言い、形と言いそっくりだ。葉が小さいのでジシバリ(地縛)だ。資料では、葉の大きさ以外に花の大きさもオオジシバリが2.5~3cm似に対してジシバリは2~2.5cmと若干小さいと有るが、並べて写真を撮らない限り分からない。以下に3月26日に綴ったオオジシバリの画像と比較しながら綴る事とする。
 形と色はそっくりだ。
画像
               (ジシバリの花)

     ーー参考に前回綴ったオオジシバリの花を以下に転載する。ーー
画像
              (参考  オオジシバリの花)
     ーーーーーーーーーーーーー転載終了ーーーーーーーーーーーー

 ジシバリの葉は、オオジシバリよりも小さい。
画像
               (上から見たジシバリの葉)

     ーー参考に前回綴ったオオジシバリの葉を以下に転載する。ーー
画像
              (参考  上から見たオオジシバリの葉)
     ーーーーーーーーーーーーーー転載終了ーーーーーーーーーーーー

 ジシバリの名前の由来はオオジシバリ(大地縛り)に対して,大きくないジシバリ(地縛り)と資料に有る。花も葉も大きくないのだ。

 葉の違いは大きさだけでなく生え方にも違いが有る。 オオジシバリの葉はヘラ状で地面から立ち上がっていたが、ジシバリの葉は地面から立ち上がらずむしろ水平に寝ている。
画像
           (ジシバリの葉は水平に寝ている)

      ーー参考に前回綴ったオオジシバリの葉を以下に転載する。ーー
画像
           (参考  オオジシバリの葉はヘラ状で立ち上がっている)
      ーーーーーーーーーーーーー転載終了ーーーーーーーーーーーー

 この他に、葉の形でジシバリは長い柄があって卵形でかわいらしく,オオジシバリは披針形で,縁に多少鋸歯が出ることもあったり羽状の切れ込みが出ることもある、と資料に有る。どうやらこの草を見分けるのは花では無く、葉に注目するのがポイントの様だ。

<ジシバリ(地縛)>
  キク科、ニガナ属
  別名:イワニガナ(岩苦菜),ハイジシバリ(這い地縛り)
  名前の由来:同属のオオジシバリ(大地縛り)に対して,大きくないジシバリ(地縛り)
  別名のイワニガナ:少しでも土があれば,岩上にも生えるので岩苦菜

<特徴>
  宿根草
  春(4、5月)早目に咲く  花径2センチ大
  地面を覆って黄色な花を咲かせる
  太陽が出ると花が開く
  日当りの良い荒れ地に進出してくる   
  畠では取り除くのは大変(白つめくさに似ている)
  草丈: 8センチまで

《番外編》 芦ノ湖と富士山

 今日は朝から五月晴れで富士山がくっきりと姿を現していた。風も無いので今日は一日中富士山は姿を見せてくれると考え、箱根に行く事とした。前回、雲が掛かって晴れてくれなかった、そのレベンジだ。桜は終わりだろうがツツジは期待できるかなと、考えていたが残念ながら蕾が開き始めた所だった。
画像
           (前回と同じ弁天の鼻展望台からの富士山)
 比較の為に前回(3月8日)のブログから「弁天の鼻展望台からの富士山」を以下に転載する。蕾のツツジを入れる為、前回の撮影ポイントよりも若干右奥だ。
     ーーーー3月8日のブログより転載開始ーーーー
画像
画像
           (弁天の鼻展望台からの富士山   下は上の拡大)
      ーーーーーーーーー転載終了ーーーーーーー

 今日のウォーキングは箱根で17,333歩、今週の累計歩数は53,774/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年04月29日 21:40
 ジシバリの方が淡い黄色で全体的には綺麗な花ですね。野草にしておくのには勿体無い野草です。でも自然に生えていた方が幸せか。松の枝の間から望む富士の素晴らしい事、布団5枚差し上げます。転がり落ちないように。
2007年04月30日 09:28
こんにちは。芦ノ湖と富士山絶景ですね!!。素敵な写真有難うございます。
寅太
2007年04月30日 17:06
私はジシバリとオオジシバリを見分けるのに自信がない。
小さいならヒメジシバリの名が欲しかった。
芦ノ湖と富士山は素晴らしい。この松もいつもカメラを向けられ満足でしょうが、向こうに富士がなければどうでしょう。失礼、松も格好良し。
デコウォーカ
2007年04月30日 19:02
信徳さん、今晩は。
ニガナやタンポポに似た黄色の舌弁花の花は紛らわしくて名前を調べるのが大変です。どれも雑草扱いの花ですが、いずれも綺麗な花ですね。松の枝の間から望む富士山には、本当はツツジがもっと開花してくれていれば良かったのですが、あと1週間後が丁度良かったかも知れません。布団枚はちょっと多すぎるかな?転げないように注意しましょう。
デコウォーカ
2007年04月30日 19:06
羽島のすーさん、今晩は。
富士山が綺麗に見えると写真を撮りたくなります。ここの撮影ポイントは2回目ですが、場所が良いのでこれからも時々撮ろうかなと、考えています。バカの一つ覚えになっちゃうかな?
デコウォーカ
2007年04月30日 19:13
寅太さん、今晩は。
黄色の舌弁花は判別が難しいです。間違っていなければ良いが、と思いつつ綴っています。ここを訪れる観光客は全員、ここの松の前で写真を撮っています。富士山が有っての松ですが、仰る通りなかなか形が良い松ですよ。
2007年04月30日 21:28
ジシバリとオオジシバリは撮影の条件なのか少し色が違うのでしょうか、それから手元の資料に舌状花がジシバリは5弁オオジシバリは10弁と書いてあり、添付の写真をみても何を数えて5と10弁なのか良く分かりません、デコウォーカさんの写真を見ても5と10のことはサッパリです、資料の間違いかも?と思ったりしています。
2007年04月30日 22:30
こんばんは。
オオジジバリとジジバリの花、黄色い花が鮮やかですね。
先日、ジジバリの花をみたのですが、自信がありません。同じような感じに見えてしまいます(笑)これから調べてみようと思っています。
今日は、五月晴れでウォーキングには最高だったのでは?
ツツジは少し早かったようでしたが、芦ノ湖も富士山も最高のようですね。
2007年04月30日 22:39
こんばんは。昔、田舎の庭前の畑では、夏場にジシバリが蔓延って、その謂れを母に聞いた事がありました。地を縛って抜くのも大変だったようで雑草のイメージしかなかったです。でもこうやって花を画像で見ると、効くのようで綺麗ですね。オオジシバリとは葉で見分けなんですね。

そして、また箱根にお出かけウォーカーさんでしたか?お天気も良くて快適でしたね。またまた前回と同じアングルからの、素晴らしいフォットですね~。何時もカメラの黄色と青い色が良くでていますね。
デコウォーカ
2007年05月01日 07:20
OSAMIさん、お早うございます。
ジシバリとオオジシバリの花の色が少し違うのは、仰る通り撮影の条件が違う為です。ジシバリは陽が射していない時に撮影しています。舌状花の枚数ですが、私が見た花はどちらも10枚以上は有ります。ネットで調べてもどちらも10枚以上は有ります。ニガナは舌状花が少なくて5~6枚で5枚の花が多いですが・・・。これから先で、何か分かったらまた報告いたします。
デコウォーカ
2007年05月01日 07:26
信徳さん、寅太さん、お早うございます。追伸です。
OSAMIさんへのコメントを書いていて気付きました。信徳さんと寅太さんへのコメントの中で舌状花を舌弁花と間違って書いてしまいました。慣れぬ専門用語をうろ覚えで使った為です。スミマセンでした。
デコウォーカ
2007年05月01日 07:35
杏さん、お早うございます。
花の名前の判定では何時も迷っています。同時に並べて見れば差異が解るでしょうが別々に見ると差異が良く解らなくなってしまいます。間違っていればご指摘下さい。昨日(4/30)は最高の五月晴れでしたね。香貫山へ行った後も近所の公園で楽しんでいました。今、沼津ではツツジは満開ですが、やはり芦ノ湖のツツジはこれからでした。もう少しは開いているかな?と思ったんですが・・・。
デコウォーカ
2007年05月01日 07:44
一花さん、お早うございます。
ジシバリもオオジシバリも群生している様子は見事で綺麗です。しかし、これが自分の庭や畑に咲いたら、ぞっとしますね(笑)。箱根は大型連休中の為、混雑していました。このポイントで写真を撮るのに順番待ちでした。やはり、画像の中にツツジの赤色か桜の白色等の明るい色が欲しかったです・・・。

この記事へのトラックバック