香貫山の植物  スイバ     

 香貫山の登山道脇の明るい所に、背の高い草が風で揺れている。草の上部がピンク色をしていて綺麗だ。茎や葉を噛むとシュウ酸を含むみ酸っぱい。この為に付いた名前がスイバ(酸葉)だ。
画像
             (スイバ)

 新芽や葉を軽く茹でて酸味を楽しめると言う。未だ食したことは無い。
 
 スイバは地下に黄色の茎があり、これから長さ数十cmの葉を展開する。通年、ロゼットで生育するので、刈り取りが行われる場所でのみ生育ができる、と資料に有る。確かにここは定期的に草が刈られる所だ。そして4月頃から地上茎を伸ばして開花する。この草は雌雄異株だ。
 雌花は、多数に分かれた柱頭が紅色を帯びている。
画像
       (スイバの雌花序は多数の紅色の柱頭で綺麗だ)

 既に実が出来ている雌花序もある。
画像
画像
      (薄いクッキーみたいな実を付けた雌花序)

 雄花序には緑色のものから紅色のものまでがある。6枚の花弁状のものがあるが、3枚が萼片で、3枚が内花被片だ。
画像
              (紅色の雄花序)
画像
              (紅緑色の雄花序)
画像
              (緑色の雄花序)

 バックのヤマツツジと並んでいる下の画像はなかなか艶やかでヤマツツジに負けていない。
画像
             (ヤマツツジと張り合っているスイバ)

 しかし、ここを通るウォーカで何人がこのスイバに気付くだろうか?殆どの人の目線の先はヤマツツジだろう。又、雌雄花序をカメラ目線で見た人は何人いるだろうか?私も今回が初めてだった。

<スイバ(酸葉)>
  タデ科、ギシギシ属
  名前の由来:茎や葉を噛むとシュウ酸を含む為、酸っぱい

<特徴>
  宿根草
  春咲
  田んぼの畦や道端の明るい所
  新芽や葉を軽く茹でて食べる、酸味を楽しむ
  雌雄異株
  花序の色は朱紅色から緑色で色には幅があるが多くは朱紅色で目立つ
  草丈80センチまで

 今日は午前中は所用で、午後は天気が悪化してウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年04月28日 20:01
 魚沼では「スッカシ」と呼んでいた。子供の頃、山、川で遊んだ帰り道この「スッカシ」の新芽を摘んで食べながら帰ったものだった。いつも食べる話ですみません。この「スッカシ」に花芽が出た頃は見向きもしませんでした。
2007年04月28日 23:52
スイパは堤防などで見かけますが子供の頃のスッパイ味が思いでされる懐かしい植物ですよね。
2007年04月28日 23:59
こんばんは。これは田舎では「スカンポ」と呼んでいたようですが・・。
「♪土手のスカンポじゃわらら??さ~♪」と言う歌があったような?です~。スカンポ(酸模)は、スイバとイタドリの別称と広辞苑にあります。
そうそう夫も、土手でこれを食べたとかでしたよ。私は食べた事がないのですが、イタドリは高知の日曜市で食べて以来、酒肴として「まっことうまいぞえ~」と竜馬もオススメです。
雌花の実と花、「薄いクッキーみたいな実を付けた雌花序」素敵な画像ですね。緑色の雄花はすっぱそうです~。
デコウォーカ
2007年04月29日 07:13
信徳さん、お早うございます。
私はこの草の存在は知っていましたがスイバの名前も知りませんでした。このスイバのことをスカンポと呼ぶようですが魚沼ではスッカシと呼んでいたのですか?スカンポに似ていますね。子供の頃に食べた経験は貴重で懐かしいのではないでしょうか。
デコウォーカ
2007年04月29日 07:17
OSAMIさん、お早うございます。
OSAMIさんもスイバを食した経験が有るのですね。信徳さんへのコメントにも書きましたが、子供の頃に食べた経験は貴重で懐かしいでしょうね。
デコウォーカ
2007年04月29日 07:32
一花さん、お早うございます。
スイバはスカンポとも呼ばれていたようですね。又、「スカンポの咲く頃」と言う小学唱歌も有ったようです。両方とも私は知りませんでした。又、食したことも有りませんでした。
イタドリも食した経験が無く、皆様に置いてきぼりを食らってしまった様な気分です(笑)。スカンポは花が咲いているので信徳さん情報ではもう遅い様ですし、イタドリも今グングン伸びていますので、もう食するには遅い時期になってしまったのかな?イタドリを含めたスカンポ食しへのチャレンジは来年に持越しですかね?
寅太
2007年04月29日 19:43
スイバは食べた(吸った)ことはあります。スイバはスカンポともいうようですが、私の田舎ではイタドリのことをスカンポといいました。
スイバを食べるのは若芽の頃で、写真のような状態のものは食べません。
イタドリは折ると「ポン」と折れるものを食べます。
今週の火曜日には高尾の近くの山で、久しぶりにイタドリを食べました。
デコウォーカ
2007年04月29日 21:36
寅太さん、今晩は。
寅太さんもスイバ、イタドリ共に食した事が有るのですね。これで完全に皆様に置いてきぼりを食らってしまいました。これからゆっくりとチャレンジしましょう。

この記事へのトラックバック