香貫山の植物  ナルコユリ     

 一昨日のホウチャクソウ、昨日のアマドコロに良く似たナルコユリ(鳴子ユリ)も香貫山の別の所で見つけた。
画像
画像
           (鳴子の様な筒花を連ねて咲くナルコユリ)

 「角ドコロに、丸コユリ」のキーワード通り、この茎に触れてみたら丸くて、アマドコロみたいに角張っていない。
画像
           (ナルコユリの茎は丸い)

 葉の脇から出る花柄は枝分れし,その先に緑白色の長さ2cmくらいの筒状の花を3~5 個付ける。
画像
          (この株の花はまだ蕾でこれから開花する所だ)

 ご近所の庭に斑入りの葉のナルコユリが今を盛りに咲いていた。開花した花の状況はこちらで見る事としよう。
画像
          (ご近所の花壇の斑入り葉のナルコユリ)

 ナルコユリとアマドコロの相違点に、花と花柄の接点にナルコユリでは緑色の小さな突起物があるとの情報を戴いたので接点部を拡大して撮影した。
画像
          (ナルコユリの花と花柄の接点部)

 色は緑色をしているが、小さな突起物が見当らない。葉が斑入りの品種の為かな?

<ナルコユリ(鳴子百合)>
  ユリ科、アマドコロ属
  名前の由来:葉の脇から筒状の花を 3 ~ 5 個つけ、それを鳴子に見立た

<特徴>
  山地の林下に生える多年草
  5~6月咲く
  葉の脇から出る花柄は枝分れし,その先に緑白色の筒状の花を3~5 個付ける
  花は一列に連なって咲く
  葉は互生する
  似ている花でアマドコロがある
  アマドコロの茎は角ばっているがナルコユリの茎は丸い
  草丈は60cm程度

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月24日 23:31
こんばんは。一昨日、昨日に続き、鳴り物3種の連続で、今日はナルコユリですね。
すみません、先ず昨日の記事コメントで、「>葉もアオアドコロが広く、ナルコは細いのですね。」と「アマドコロ→アオアドコロ」\(◎o◎)/!なんて、まるで脳がフリーズしたような能無し文ですみません~。
「角ドコロに丸コユリ」のキーワードを覚える前に、「アマドコロ」と本命をしっかりと覚えなくてはいけませんよね。
昨日見た、山・渓の本にはアマドコロとナルコユリの見分け方がしっかりと図入りで出ていたのですよ~。画像ではチョトダケヨと言う感じですね~。
花の吊り下がり具合は鳴る子のように、筒花をふたつ連ねて咲いていますね。風が吹くと一緒にりんりんと鳴るような感じですね。
そして画像で見せて戴いて、ナルコユリの茎は丸く「丸コユリ」確認でしたね。
うちもナルコユリの斑入りだけが出てきていて、花は出ていません。
明日早速、丸コユリの茎を確認してきますね。ホウチャクソウ、アマドコロはドロドロドンと消えました。
今日の鳴子は群生していなくて、淋しい音色でしたね。
信徳
2007年04月25日 07:09
素人には判明の難しい多くの難問が出てきました。言葉の表現で覚える事はとても楽しいです。
2007年04月25日 08:52
ナルコユリ、鳴子のような花を沢山付けていますね。
一つの枝に何個の花を付けているのでしょうか。ナルコユリも花の先がグリーンで、凄い花の数ですね。この花が咲いたら綺麗でしょうね。珍しい斑入りのナルコユリもあるのですね。こちらは、もうすぐ開花のようですね。
寅太
2007年04月25日 09:08
ホウチャクソウ、アマドコロそして三番目がナルコユリですね。後ろの二つがアマドコロ属で仲間なので、ホウチャクソウ(チゴユリ属)のも仲間が欲しいところです。
ここは可憐なチゴユリがうめるとバランスが取れるのですが、残念ながら香貫山には生えていないようですね。
我が庭では4者揃い踏みですが、まだチゴユリしか咲いていません。
デコウォーカ
2007年04月25日 16:15
一花さん、今日は。
誤字や脱字は気にしないで行きましょう。鳴り物3連発でしたが、鳴り物は暫く終わりです。今日も見てきましたが、雨に濡れて未だ開花していず、音も聞こえませんでした。ここのナルコユリは小さな株がこの他に3本有るだけでチョッと寂しいです。来年に期待しましょう。
デコウォーカ
2007年04月25日 16:23
信徳さん、今日は。
歳をとるとなかなか覚えられません。語呂あわせや上手いキャッチフレーズがあれば、何とか覚え易いですよね。これからも捜して行きましょう。
デコウォーカ
2007年04月25日 16:29
杏さん、今日は。
今日もこのナルコユリの顔を拝んできました。まだ蕾のままでした。全部で20個の鈴を付けているようです。斑入りのナルコユリはもう根元に近いほうは開いています。下から2枚目の画像で確認してみて下さい。
デコウォーカ
2007年04月25日 16:37
寅太さん、今日は。
そうなんです。香貫山にはチゴユリが無いです。これが有ればチゴユリ属が2つになりアマドコロ属とバランスするのですが。寅太さんの庭には2対2でバランスしているのですね。管楽器の4重奏が出来るのですね。羨ましいです。
2007年04月25日 17:26
私が見ている植物園でもアマドコロの群生は地下茎でということが分かるのですが、ナルコユリの方は如何なのでしょうね。
デコウォーカ
2007年04月25日 23:20
OSAMIさん、今晩は。
資料を調べたら、ナルコユリもアマドコロと同様に地下茎で増える様です。一花さんへのコメントにも書きましたが、ここのナルコユリの近くに小さい株が3本有りました。多分、地下茎でつながっているでしょうから来年はもっと増えてくれるかも知れません。

この記事へのトラックバック