香貫山の植物  ホウチャクソウ (番外編 その後のナツトウダイ)     

 香貫山のヤマザクラやクスノキ等が生えている林下に小さな白色の花が咲いている。緑色の葉と共にあまり目立たない。お寺の建物の軒先に下がっている大型の風鈴に似ている事から命名されたホウチャクソウ(宝鐸草)だ。
画像
   (茎は途中で枝分かれし風鈴に似た花を1個~3個つける)

 ホウチャクソウに似ているナルコユリやアマドコロは列をなして花が咲くが、ホウチャクソウは茎の先端にだけ咲く。花の先端が薄緑色に染まっているが写真ではなかなか上手く色が出ていない。
画像
              (花の先端部は緑色をしている)

 その花の先端から失礼して中を覗くとシベが見える。オシベがメシベに未だ、くっ付いている。
画像
             (シベも風鈴の中の錘に似ている?)

 林下のもう少し奥まで入ってみると一塊に生えている。花はまだ開いていない。
画像


<ホウチャクソウ(宝鐸草)>
  ユリ科、チゴユリ属

<特徴>
  多年草
  4~5月咲き  林下や低地に生える
  茎は途中で枝分かれし花を1個から3個つける
  花は茎の先端にだけ咲く 
  花はナルコユリやアマドコロのように列をなさない
  花色は白で先端が薄緑色をしている
  草丈50センチまで  
  有毒植物


《番外編》 その後のナツトウダイ
 ナツトウダイは今年の3月4日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_4.html
その後も成長を続けて草丈は倍近く大きくなった。
画像

 葉の上には実の様な物が付いている。
画像


 今日は天気も悪くウォーキングは中止。今週の累計歩数は38,259歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年04月22日 18:05
 キバナホウチャクソウは良く見かけますが白いホウチャクソウは初めて見ました。可憐な花ですね。
2007年04月22日 18:40
こんばんは。ホウチャクソウは茶花としても良く使われていますよね。ナルコユリ、アマドコロにも似ますが、花の咲き方が列をなしていないですよね。庭に、この3種植えてあったのですが、今ではナルコユリの葉だけが出てくるようです。ユリ科でしたが、チゴユリ属だったのですね。
花は緑っぽいですよね。中を失礼して見せて戴いて良く分かりました。キバナホウチャクソウというのもOSAMIさん宅で見せていただきましたが、そちらは未見です~。
その後のナツトウダイは面白いですね。葉の上に実ですか?今うちにハナイカダが咲いていますが、葉の上に花が出来て面白いですよ。
寅太
2007年04月22日 20:02
ホウチャクソウとチゴユリは花の咲く前はたいへんよく似ている。
高尾山にはこのあいの子のようなホウチャクチゴユリがあるといわれていますが、まだ見たことがありません。
plysima
2007年04月22日 23:08
こんばんは。これもはじめてみる花です。香貫山はいろいろな花が咲いていますね。私も時々足を運びますが、見過ごしてしまっている植物も多そうです。
2007年04月22日 23:49
先日、森林科学園でホウチャクソウを見ましたが、まだ蕾でした。
花が咲いている様子は、まだ見た事はありません。
白い花の先端が薄緑色でとても綺麗な花ですね。
ナツトウダイは、本当に不思議な形ですね。葉の上の実も面白いですが、実の下の赤いバッジの様な形も不思議な形ですね。
デコウォーカ
2007年04月23日 08:10
信徳さん、おはようございます。
ホウチャクソウは林の中でヒッソリと咲いていました。香貫山には五重の塔がありますがその軒先に吊る下がった宝鐸が風が有るとガランガランと大きな音を立てています。ホウチャクソウは風があっても林の中で静かに音を立てずに咲いています。当然ですが・・・(笑)。
デコウォーカ
2007年04月23日 08:19
一花さん、おはようございます。
ホウチャクソウは茶花として使われるのですか。可愛いから、肯けますね。ホウチャクソウ、アマドコロ、ナルコユリが3者揃っていたのですか?風鈴3兄弟が揃っていたら賑やかだったでしょうね?ナツトウダイの葉の上の実みたいなものは、資料には子房と有りましたから、この先で実になるのでしょうネ?注目しておきます。
デコウォーカ
2007年04月23日 10:05
寅太さん、おはようございます。
私はチゴユリはまだ見た事がありませんが、葉や草姿は似ている様ですね。ホウチャクソウはチゴユリ属ですからその合いの子のホウチャクチゴユリが有ってもおかしくは無いかも知れません。
デコウォーカ
2007年04月23日 10:10
plysimaさん、お早うございます。
ホウチャクソウはチョッとメインの登山道を外れた林の下に有るので気がつかない可能性はあります。当然でしょうが、香貫山でも場所によって生えている植物が異なりますね。
デコウォーカ
2007年04月23日 11:10
杏さん、お早うございます。
ホウチャクソウの花の先端は薄緑色でなかなか可愛いですよ。ナツトウダイの花は良く解りません。葉の上の緑色の実みたいな物は子房で将来実になる部分で、赤いバッジの様な物は腺体(せんたい)というもので、密を分泌する部分だそうです。果たして何処にメシベやオシベが有るのか???これからも観察を継続する積もりです。
hirasan
2007年04月23日 12:49
ホウチャクソウ(宝鐸草)をチゴユリと思っていました。可憐で清楚で形で名前を付けるのが惜しいような花ですね。
ナツトウダイの形の面白さも格別です。ほんとうに香貫山には色々な花が咲いていますね。
デコウォーカ
2007年04月23日 15:25
hirasan、今日は。
寅太さんも仰って言っている通り、チゴユリとホウチャクソウは花は違いますが草姿は似ている様です。同じ科、属ですから似ていて当然でしょう。ナツトウダイの花の不思議な構造は杏さんへのコメントの通りで私には未だ謎に包まれています。
2007年04月23日 15:40
野生のホウチャクソウはとても元気で綺麗です、一塊のホウチャクソウが咲くとまた楽しみですね。
デコウォーカ
2007年04月23日 16:03
OSAMIさん、今日は。
そうですね、一塊のホウチャクソウが花開くのを見るのが又、楽しみです。もう少し群生していたら見事でしょうが。

この記事へのトラックバック