香貫山の植物  ニガナ     

 香貫山の草叢にタンポポの様な黄色の舌花弁の花が咲き出している。コウゾリナ(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_14.html)やオオジシバリ(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_27.html)とも似ているが花弁が5~6枚と少ない。ニガナだ。
画像
         (上の花は花弁が5枚、下の花は花弁が6枚)

 花の姿を詳細に見ると、
画像
             (花が萎んだ後は赤くなる)
画像
        (開花前の花弁の外側は赤色を帯びている)
画像
      (花を横から見るとオシベだろうか花弁に比較したら随分長い)
画像
画像
         ( 茎の先端で枝分れし,集散花序に黄色の頭花をつける)

 一方葉の特徴は、根際の葉には長い柄がある。茎葉は互生で柄がなく、基部が茎を抱く。葉にはとげ状の鋸歯がある。
画像
     (根際の葉には長い柄、茎葉は柄がない。葉にはとげ状の鋸歯)
 
 花が小さいので群生している様はあまり凄いとは言えない。
画像
            (ニガナの群生)
画像
              (ニガナの群生 2009年5月13日 追加)

<ニガナ(苦菜)>
  キク科、ニガナ属
  名前の由来:葉や茎を傷つけると白い液がでる。その液をなめると苦い 
 
<特徴>
  多年草
  5~6月に咲く  明るい道沿いや草地に生える
  茎の先端で枝分れし,集散花序に黄色の頭花をつける
  頭花は1~1.5cmで5~10個の舌状花からなる 5個が多い
  草丈30cmまで
  根際の葉には長い柄があるが、茎葉は互生で柄がなく、基部が茎を抱く。
  葉にはとげ状の鋸歯があるが、上部の若い葉には鋸歯がないものもある。

  昨日は宿泊つきのゴルフで歩数は14,487歩、今日は所用でウォーキングは中止。今週の累計歩数は38,259歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月22日 00:33
こんばんば。4月14日に、コウゾリナと言うのもアップされて、番外編で静御前をアップされてらっしゃったのですね~。求められたものは、まだ静々と舞を踊ってらっしゃいませんか?
この時期、黄色い花でニガナもあり、これは花弁が少ないのですね。
眉毛が長くて、横向き美人さんのようですね。外がちょっと赤くて恥ずかしがり屋さんみたいですね。
一昨日、キツネノボタンを見かけましたが、毛が生えているか肉眼ではちょっと?でした。これで野原で見かける黄色い花の、ニガナ、コウゾリナ、ジシバリ、キツネノボタンは、もうばっちり~です。そうそう、ハルジオンの蕾も綺麗でしたよ。
デコウォーカ
2007年04月22日 17:04
一花さん、今日は。
買ってきた一人静はまだ花が咲いていません。今年に咲くのかどうか心配しています。黄色の舌花弁の花はこれ以外にもありますが名前の判定が難しいですね。毛が生えていないのはキツネノボタンで毛が生えているのがケキツネノボタンです。一花さんが見られたのはキツネノボタンでしょう。ハルジオンの蕾は濃いピンクで綺麗ですよね。
2007年04月22日 21:29
今まであまり注意してみたことが無かったように思いますが、なかなか面白そうな花ですから少し注目してみようと思います。
2007年04月22日 23:35
二ガナ、花びらが一重で小さな花ですね。野原などで見かけます。目立たない花ですが、良く見ていると可愛い花ですね。
ニガナの名前は、花の白い液が苦いからとの事ですね。
今度、花を見つけたら、試してみようかと思います。

この記事へのトラックバック