香貫山の植物  ヘビイチゴ (番外編 アケビとミツバアケビ)    

 昨日は別名、地獄の釜の蓋などと物騒な名前であったが、今日もヘビイチゴと気味の悪い名前を貰った植物を綴る。
 名前に似ず、綺麗なバラ科の花だ。
画像
             (ヘビイチゴの花)
 
 名前の由来は果実が食用にならないので蛇が付いたと有るが、有毒ではないが美味しくないと資料に有る。資料の画像で見る限り、実は赤くて形も良く美味しそうに見えるが・・・。
 葉は3小葉だが側葉は2つに深裂して5小葉に見えるものが混ざると資料にある。
画像
           (葉は3小葉だが5小葉に見えるものも混ざる)

 似ているヤブヘビイチゴとの差異の一つは、萼片の下側にある副萼片が小さく、花の正面から見ると副萼片がほとんど見えないと資料にある。
 上の画像で花弁の下に先が3つ丸くカーブした葉状の物が副萼片で、これは花を正面から見た一番上の画像では見えない。上の画像で花弁の間に見える先が尖った葉状の物が萼片で、一番上の画像で花弁の間に見えるのがこの萼片だ。

ーーー2007年4月6日 画像追加開始ーーー
 上の画像付近のその後の状況を以下に追加する。
画像
            (ヘビイチゴの群生)

ーーー2007年4月6日 画像追加終了ーーー

 5~6月に実が赤く熟すとある。楽しみに観察しよう。

         ---2007年5月24日のブログより転載開始---

《番外編》 ヘビイチゴの実
 ヘビイチゴの花に付いては今年の3月28日に綴った。
 その後のヘビイチゴがどうなっているか見る為にヘビイチゴの花が咲いていた所へ向かった。しかし、その辺りは長い草に覆われていた。草を掻き分けてみると赤い綺麗な実が生っているのが見えた。無事、結実して誰にも取られずに姿を見せてくれた様だ。
画像
             (草叢の中に隠れていたビイチゴの実)

 真っ赤に熟れていて美味しそうだ。しかし、前回も綴ったようにこの実は毒ではないが食べても美味しくないとあるので、そのままにして引き上げる。
画像
             (真っ赤に熟れたヘビイチゴの実)

         ---2007年5月24日のブログより転載終了---

<ヘビイチゴ>
  バラ科、ヘビイチゴ属
  名前の由来は果実が食用にならないので蛇が付いた

<特徴>
  花は4月から5月に咲く
  萼片の下側にある副萼片は小さく、花の正面からほとんど見えない
  葉は3小葉だが側小葉は2つに深裂して5小葉に見えるものが混ざる
  葉の色はヤブヘビイチゴに比べて薄く、黄緑色。
  実はヤブヘビイチゴの実と似ているが、より小さく、光沢がない

《番外編》 アケビとミツバアケビの花

 アケビとミツバアケビの花に付いては3月16日にアケビを(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_17.html)、17日にミツバアケビを(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_18.html)を綴った。
 最近になって手の届く所で両方の株を見つけたので改めて花のアップを撮ってきた。
画像
              (アケビの花)
画像
              (ミツバアケビの花)

 上の画像はそれぞれのブログに追加しておく。

 今日は所用で東京に行って来た。歩数は4,381歩。今週の累計歩数は22,601歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年03月28日 20:37
ヘビイチゴは名前に反し綺麗な黄色で結実すると美味しそうですね。ミツバアケビは見るからに甘くて美味しそうな花を咲かせています。口が先行して何時もすみません。
2007年03月28日 21:23
ヘビイチゴの写真が綺麗に撮れています、私が写した時は直射日光でしたから細部がつぶれています、日陰にするかフイルターを付けないとうまく行かないですね。
2007年03月29日 10:14
ヘビイチゴ、懐かしいですね。幼い頃に食べてはいけないと言われましたが・・。畦道に赤い実があったのを思いだします。黄色の、ヘビイチゴの花も可愛いですね。
アケビの花、綺麗に撮れていますね。私もアケビの花を撮ったのですが、なかなか綺麗に写りません(腕の違いですね)実家のアケビは、真っ白だったのですが、種類があるのでしょうか。今度UPしようと思っています。
寅太
2007年03月29日 16:38
この仲間は最も苦手の一つです。みんなヘビイチゴに見えてしまい、とても食べる気になれない。
山野にあるイチゴで、食べたことのあるのはモミジイチゴしかない。
そしてイチゴではないが、紫に熟した桑の実です。こちらは無数にあった。
デコウォーカ
2007年03月29日 17:34
信徳さん、今日は。
資料を見ると、ヘビイチゴの実はヤブヘビイチゴにもクサイチゴにも似ています。今、香貫山にはクサイチゴの白色の花が一杯咲いています。一方、ヘビイチゴの黄色の花は圧倒的に少ないです。どうも同じ頃、実が生る様なのでヘビイチゴの実を見つけるのが大変難しいかな、と心配しています。
デコウォーカ
2007年03月29日 17:42
OSAMIさん、今日は。
たまたま上手くいったのでしょう?時々、黄色の花を撮影している時になかなか細部が上手く撮れないと感じていたのですが、光が強すぎる事が原因になるのですね。今度気をつけて試してみます。
デコウォーカ
2007年03月29日 17:50
杏さん、今日は。
幼い頃にヘビイチゴの実に会っているのですね。私はチョッと記憶が定かでないのです。多分、見ていると思いますが。やっと、アケビの花を手の届く所で撮影出来る所に咲いているのを見つけました。お蔭で近づいて写真を撮れました。杏さんのアケビを楽しみに見させて貰います。
デコウォーカ
2007年03月29日 17:54
寅太さん、今日は。
ヘビイチゴの実は毒では無いようですが美味しくないとの事です。果物として売られているイチゴに慣れた舌にはヘビイチゴなんて受け付けないのでしょうね。私は桑の実も見た事が有りませんので当然味も知りません。
2007年03月29日 18:12
杏さん、追伸です。
3/21,23日のコメントに気付くのが遅れてしまい申し訳有りません。先ほど、返事を書きました。見ておいて下さい。
2007年03月29日 18:46
有難う御座います。気になさらないで下さい。

この記事へのトラックバック