香貫山の植物  オランダミミナグサ (番外編 オオイヌノフグリの実)

 登山道脇の狭い所に一塊になって小さな白い花が咲き出している。オランダミミナグサだ。
 名前の由来は葉がネズミの耳に似ていると言うが、最近ネズミを見ていないので?だ。ヨーロッパより帰化したのでオランダが付くと資料にある。
画像
                  (オランダミミナグサの花)

 花の大きさは6mmと小さい。花弁は5枚で先が二つに割れている。草は真っすぐ上に伸びて整然と枝分かれしている。蕾が沢山付いているのでこれから沢山花を咲かせるようだ。
画像
               (整然とした枝分かれ)

 隣の花には小さな蚊みたいな虫が止まっている。花にバランスした虫が訪問している。しかし、この草の顎や葉、茎は毛が多く、小さな虫には顎の毛がジャングルの様で困っている風にも見えるが・・・。
画像
                  (小さな花には小さな虫の訪問)

 <オランダミミナグサ (オランダ耳菜草)>
  ナデシコ科、ミミナグサ属
  名前の由来は葉がネズミの耳に似ている事と
   ヨーロッパ(オランダ)より帰化の為
  
<特徴>  
  3~5月に咲く、越年草
  日当たりの良い畑や道端などに生える
  花の大きさは6mm程度、5弁の白い小さな
  よく見ると花弁の先が二つに割れている
  葉や茎が多毛
  草丈20cm以下 

<番外編>

<オオイヌノフグリの実>

 オランダミミナグサが生えている辺りを含めて、相変わらずオオイヌノフグリが元気に咲いている。オオイヌノフグリの花に付いては2月3日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200702/article_4.html
その際のコメントで「後は果実を撮る仕事が残っているが、これは男性陣の仕事かな?」と記した。

 花を覗き込むと意外に草丈が大きくて下が深い。最初この花を見た時は地面を這っていた様に記憶している。
画像
               (上から見たオオイヌノフグリの草)

 回りの草を掻き分けて横から写真を撮る。
画像
               (横から見たオオイヌノフグリの草)

 上部に葉の付け根から花柄を伸ばして一輪花が咲いている。その下に葉と花柄の組合せが5~6箇所見える。それらの花柄の先に花後の実の様な物が生っている。これがオオイヌノフグリの実なのだ。近づいて写真を撮る。
画像
               (オオイヌノフグリの実)

 いまいち解り難いので失礼して一本の草をちぎって道路上に置き撮影させて貰った。
画像
               (オオイヌノフグリの草姿)

 見事に育っていた。この花は一日花であるが、このように草を成長させながら定期的に花を咲かせていたのだった。
 実の一つを明るい陽の中で撮影した。何ともユーモラスな形をしている。これが犬のフグリに似ていると言う。今度はワンちゃんのフグリを確認する必要があるが、これ以降の作業は省略。
画像
                  (犬のフグリ似?)
 オオイヌノフグリの実の記述は2月3日のブログに追記しておく。

 今日は強い風と雨だったのでウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月25日 20:00
こんばんは。オランダミミナグサって雑草として良く見聞きしますよね。最近まで名前は知らなかったのですが、特徴のある名前で、ある方のところでミミナグサも覚えました。ミミナグサ名前の由来は葉がネズミの耳似の耳菜草だったのですね~。そしてナデシコ科で花としては良く見ると綺麗ですが、ハコベなど似たような花がこの時期多いようです。

オオイヌノフグリの実の写真撮りの仕事を以前仰ってましたが、きちんと果たされましたね。緑の実なんですが、うえの2枚の葉と一緒だと、花のようですね。緑の葉の下にある二個の実はこれから黒くなるのでしょうね。
「何ともユーモラスな形をしている。これが犬のフグリに似ていると言う。今度はワンちゃんのフグリを確認する必要があるが、これ以降の作業は省略。」でしたか?想像します~。
そして、男もすなるこの仕事を、女も是非写して見たいものです~。
2007年03月25日 20:41
オオイヌノフグリの実には毛も生えていて確かに犬のふぐりの感じが有りますね、たぶんもう少し季節が進み色も茶色が加わるとふぐりの感じがもっと出てくるように感じました。
2007年03月26日 11:11
オランダミミナグサ、道路脇などで良く見かけますが、花を良く見たことがありませんでした。花びらの先が割れていて真っ白い、可愛い花なのですね。
オオイヌノフグリは、この実がイヌノフグリに似ている事からなのですね。本当にユーモラスですね。花は、ブルーの可愛い花ですね。
寅太
2007年03月26日 12:54
オランダミミナグサはまだ見たことがないような。今度道路の端に白い花が咲いていたらよく見るようにします。
以外に知っている花かも知れません。
オオイヌノフグリの花後は観察不足なので、さっそく観察します。
犬のフグリも見るようにしましょう(笑い)
デコウォーカ
2007年03月26日 17:30
一花さん、今日は。
オランダミミナグサもオオイヌノフグリも一般的には雑草扱いで、庭や花壇に生えたら嫌われますね。ここのブログでは香貫山の植物としては平等です。オオイヌノフグリの実が緑色からどうなるか?まだ知りません。この先で確認しましょう。愛嬌ある実ですから是非ご確認ください。
デコウォーカ
2007年03月26日 17:34
OSAMIさん、今日は。
一花さんへのコメントにも書きましたが、フグリの実がこの先何色になるか、未だ知りません。一般的には茶色に変化すると予想されますが、これから先で確認しましょう。
デコウォーカ
2007年03月26日 17:43
杏さん、今日は。
日常生活の中ではオランダミミナグサは雑草としてしか見られませんよね。よく見れば可愛い花ですが。オオイヌノフグリも同じですね。良く見れば花は綺麗だし、実は愛嬌があって面白いですね。
デコウォーカ
2007年03月26日 17:50
寅太さん、今日は。
オランダミミナグサは何処かで見ていると思います。道端で良く見かけます。毛が多い草なので、草取りすると軍手に良くくっ付く草です。オオイヌノフグリの実はユーモラスですよ。是非見て下さい。

この記事へのトラックバック