香貫山の植物  ウラシマソウ (番外編 ムサシアブミ)      

 今年も香貫山にウラシマソウが帰って来た。登山道沿いの側溝の枯葉の中から長い釣り糸を垂れてニョキッと首を出ている。
画像
               (ウラシマソウ)

 糸状のものは仏炎苞に包まれた肉穂花序から長く伸びる。
画像
               (糸は内部の肉穂花序から長く伸びる)

 先日訪れた沼津御用邸記念公園の松林の中にもこのウラシマソウが群生していた。
画像
画像
                (浦島草です)

 又、昨年の4月に訪れた千本松原ジョギングコースにもウラシマソウの群生が見られた。ウラシマソウは海岸の松林が好きな様だ。

ーーーーー2006年4月20日のブログより抜粋開始ーーーーー
 原地区に入ると浦島草が群立していた。大きいものでは50~60cmもあった。香貫山でも見ているがこんなに大きな浦島草は初めて見た。又、香貫山の茂みで見る時はあまり気持が良くないが、下草が無い所に浦島草が群立していると、薄気味悪さを感じないでむしろ可愛さを感じる。

画像
画像
                  (大きな浦島草の群立)
ーーーーー2006年4月20日のブログより抜粋終了ーーーーー

 花後の5月~6月にはトウモロコシに似た実が生り、秋には赤く色付くと言う。香貫山か御用邸で観察する事としよう。

<ウラシマソウ(浦島草)>
  サトイモ科、テンナンショウ属
  名前の由来は花から出る長い紐状の付属物がありこれを浦島太郎の釣り糸に見立てた

<特徴>
  肉穂花序を包むのは仏炎苞(ぶつえんほう)
  肉穂花序の付属体が糸状に長く伸びる
  花が終わる5~6月頃にトウモロコシに似た実がなる
  実は秋になると赤く色づき始める

<番外編>
 沼津御用邸記念公園にはウラシマソウと同じ科、属のムサシアブミも群生していた。香貫山ではこのムサシアブミはまだ見ていない。
画像
画像
               (ムサシアブミ)

 今日のウォーキングは香貫山、歩数は9,029歩。今週の累計歩数は20,800歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月22日 21:32
ウラシマソウの花は早いですね、同じサトイモ科のテンナンショウやユキモチソウはまだ何の気配も見えないようです、この種類はやはり早いのでしょうか?。
2007年03月22日 22:59
こんばんは。もうウラシマ草の開花ですか?早いですね。桜は予想が外れて遅かったですが、この浦島さんはお目覚めが早かったのですね。煙に巻かれませんでした?長い釣り糸を垂れて、何処へ釣りに行かれたのでしょうね?大漁(山だから大猟)だったのでしょうか?
津御用邸記念公園では、これがお目当てで、水仙は序だったのですね。
香貫山のウラシマソウ浦島さんはビッグですね。これって誰も盗掘なさらないのか心配です。そしてやはり、浦島さんは海辺がお好きなんですね。
テンナンショウやマムシグサは生えないのでしょうか?
うちのムサシアブミはやっと芽が出て、今日緑の葉が少し見えていました。以前ユキモチソウを駄目にして、また今年鉢で求めましたが、何の音沙汰もなしです。
寅太
2007年03月23日 07:01
海辺にはウラシマソウが似合いそうです。ちゃんと海の方向に釣り糸を垂れていましたか。
ムサシアブミは見たことがありませんが、写真からはウラシマソウにそっくりで、釣り糸を持たないように見えますが・・・。
信徳
2007年03月23日 14:10
 ウラシマソウ、ユキモチソウ、テンナンソウ、この種類は全部毒草ですから余り人目の付かない所にひっそりと咲いていて余計に気持ちが悪いですね。群生にあったら毒気が漂って来て気絶してしまいます??余り好きではない草ですね。
デコウォーカ
2007年03月23日 19:25
OSAMIさん、今晩は。
私はテンナンショウやユキモチソウはまだ見た事がありません。サトイモ科の植物も色々有るのですね。香貫山も御用邸も、まだ生え始めたばかりの株も有りましたから、これからもっと花が増えてくると思います。
デコウォーカ
2007年03月23日 19:35
一花さん、今晩は。
桜の開花予報で静岡が一番だったので、あわててウラシマソウが咲き始めたのかな?桜は計算間違いで、未だ咲いていない。浦島さんは可愛そうですね(笑)。
ご推察の通りです。香貫山でウラシマソウを見たので、御用邸に行ったのでした。西洋スイセンはついででした。ウラシマソウは盗掘に遭わないようです。多分、毒草なので盗掘されないのでしょう。テンナンショウやマムシグサは香貫山には無いようです。
デコウォーカ
2007年03月23日 19:43
寅太さん、今晩は。
そうですね、ウラシマソウは海辺が良く似合う様ですね。
釣り糸が海の方に向かっていたか?
う~ん。ウラシマソウの顔はアチコチ向いていたので釣り糸はアチコチに向いていたでしょう。いやいや、顔はアチコチ向いていても釣り糸はシッカリと海に向かっていたかも知れませんね。今度、行った時に確認しましょう(笑)。
デコウォーカ
2007年03月23日 19:45
寅太さん、追伸です。
ムサシアブミには釣り糸は有りません。
デコウォーカ
2007年03月23日 19:55
信徳さん、今晩は。
ウラシマソウが毒草とは最近まで知りませんでした。あまり気持の良い花では有りませんね。信徳さんは、「群生にあったら毒気が漂って来て気絶してしまいます」ですと、沼津御用邸に行くのは無理ですね。でもわざわざ沼津までは来ないでしょうから、問題にはなりませんね(笑)。
marina
2007年03月23日 20:18
はじめまして、こんばんは。
香貫山のウラシマソウ、もう咲きましたか
2年前桜を観に行ったときに見つけて今年も観に行こうと思っていましたが早いですね、

この記事へのトラックバック