香貫山の植物  アセビ(その2)     

 今日はアセビに付いて綴る。アセビに付いては今年の1月6日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200701/article_6.html
 そこでは蕾を中心に綴って、花は開花してから綴る予定であった。 香貫山では先月から一部の株で開花を始めていたが、ここに来て満開の株も増えてきたので以下に綴る。
 香貫山には白色の花の株の方が多い。
画像
画像
                 (白色のアセビの花)
画像
              (白色のアセビの株)

 赤色の花の株は香貫山には少なくて2株しか見ていない。
画像
               (赤色のアセビの花)
画像
               (赤色のアセビの株)

 白色と赤色の株が隣り合わせで咲いている。間の株は赤色の株だが、今年は花の付き方が少ない様だ。
画像
            (白色のアセビと赤色のアセビとの競演)

 前回のブログの中でアセビの蕾が赤に色付いて、何色の花が咲くか?と疑問が残っていた。前回と同じ株で同じ角度から写真を撮ったので以下に比較して載せる。
画像
          (アセビの赤い蕾  2006年12月30日撮影)
画像
             (アセビの花    2007年3月8日撮影)

 上の2枚の画像を比較すると、奥の株の赤い蕾は開花して白色の花を付けている。手前の株も一番上(手前の株の一番奥の部分)の蕾が白色の花を付け始めている。従って蕾が赤くなっても、花は白い事が解った。また、手前の株は葉まで赤く変化したが現在では大分赤色が薄くなってきている。多分、花が満開の頃には緑色に戻るのではないかと推測する。
 赤い花が咲いた株の蕾が何色であったか?再度、赤い花が咲いた画像を見ると、開花前の蕾は赤いので、冬の間も赤色だったと推測する。
 以上の記述を1月6日のブログに転載しておく。    

<アセビ>
  ツツジ科、アセビ属
<特徴>
   寒さにも暑さにも強い
  樹高3Mまでの常緑低木、 林の下木に多い
  蕾は前年の夏ごろから育成される
  開花は3月から4月、花色は白からピンクまである
  有毒植物
  アセビは漢字では馬酔木と書く 馬が食べると苦しむ
 
 今日はゴルフウォーキングで歩数は14,746歩。今週の累計歩数は60、198歩/6日。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月10日 22:10
こんばんは。以前見せて戴いた蕾のアセビが今満開ですね。
2枚目の画像は素敵ですね。ちょっと長めのイヤリングにもなりそう?
こちらの山のものは、とっても大株ですが、紅白並んだアセビの競演まであるのですね。
以前赤い蕾で、葉も紅葉していた画像がありましたね。あれって、やはり白いアセビだったので、葉がまともになってきていますね。あの時は紅葉か霜焼けみたいだったのですね?
7、8枚目の画像、昨日もピッタンこの数学で言う合同写真でしたが、今日も合同ですね~。相変わらず几帳面の凝り性さんなんですね。
お見事~・パチ、パチ~。
(今日は、ゴルフにおデカけウォーカーさんだったのですね~。)
寅太
2007年03月11日 10:21
香貫山にはアセビの木が多いのですね。この辺りの家では庭に1本植えてある位で、紅白が並んであるところはまずありません。
下の2枚の写真はよく観察しています。2ヶ月余りでこんなに変化するんですね。
奥の赤い蕾から白い花が咲いたんですね。
2007年03月11日 11:28
綺麗なアセビです、ここは条件が良いのか公園などのものより花房が長いですね、初めのころの蕾の色と花色の関係が面白いと感じました。
信徳
2007年03月11日 12:40
 群馬は元々馬が多かったのでアセビの木は大変少ないです(冗談です)
花はドウダンツツジに似て綺麗ですね。
2007年03月11日 13:40
大きなアセビの木ですね。
アセビの白い花が見事です。蕾が赤くても白い花ですね。
以前に見たアセビも、蕾を見てましたが、ピンクの花ですが、蕾が異常に
赤いので種類が違うのかと思いましたが、咲くと同じようなピンクの花でした。
デコウォーカ
2007年03月11日 17:34
一花さん、今日は。
長い期間寝ていた蕾が満開になりました。紅葉か霜焼けみたいだった蕾から出た花は白色でした。赤色の花も蕾は赤色の様ですから蕾を見てどちらの色かは判定できないようです。2枚目の見事なイヤリング状の花房はあまり有りません。3枚目の写真の真中辺りに見えますが、その他の所にはこれ程見事な花房はありません。貴重な宝物の様なイヤリングですので命名者の一花さんに贈らせて貰いましょうか?
合同と相似形。またまた懐かしい言葉ですね。今回の合同の種明かしをすると、前回の蕾の画像をプリントアウトして持参し、それと液晶画面とを比較しながら撮影しました。バックにある右の常緑樹の位置からすると、もう少しカメラを右にして撮るべきだったようです。
デコウォーカ
2007年03月11日 17:40
寅太さん、今晩は。
香貫山のアセビは大分大きくなりました。先日、箱根の恩賜箱根公園で見たアセビの方がもっと大きかったですが。最後の2枚の写真の撮り方は一花さんへのコメントに書き込みました。文字で説明するよりも画像の方が解り易いのでなるべく合同になるように撮影しました。
デコウォーカ
2007年03月11日 17:46
OSAMIさん、今日は。
周りに大きな植物が無いので陽を独り占めしている環境なのでよく育ち、良く花を咲かせているのかも知れません。最初、蕾が赤くなっている所を見た時は花も赤くなるのかと思いました。結果は蕾の色と花の色とは無関係でした。
デコウォーカ
2007年03月11日 17:53
信徳さん、今日は。
馬の産地ではアセビが生えないように人間がするかも知れないので、そうするとアセビが少なくなる???
花はドウダンツツジに良く似ていますよね。両方ともツツジ科なので当然かな?
デコウォーカ
2007年03月11日 17:59
杏さん、今日は。
最初、蕾が赤くなっている所を見た時は花も赤くなるのかと思いました。結果は蕾の色と花の色とは無関係でした。杏さんも赤色(ピンク)の蕾を見られたんですね。赤色(ピンク)の花は予想できますが真っ白の花は予想できませんよね。

この記事へのトラックバック