時之栖ウォーキング        

 一昨日、富士川に行く前に御殿場市にある時之栖(ときのすみか)に行って来た。ここから見る富士山は宝永山が真正面に見えるので、その姿をカメラに収める為だった。
 撮影ポイントへ行く前に12月24日に綴った時之栖イルミネーション(http://dekowalker.at.webry.info/200612/article_18.html)の昼間の姿を見る事とした。
 昼間見る光のトンネルは、明るい陽に照らされて真っ白いトンネルだ。黒い珊がなければ真っ白に輝く雪のトンネルの様であった。
画像
                (昼間は真っ白な雪のトンネルの様だ)
 夜のイルミネーション中の景色を前回のブログから抜粋して以下に載せる。
画像
                (夜間の光のトンネル)

 トンネルから出て横から見ると、やはり真っ白な雪のトンネルだ。
画像
                (外から見ても真っ白な雪のトンネル)

 夜のイルミネーション中の外からの景色も前回のブログから抜粋して以下に載せる。
画像
                (外から見た光のトンネル)

 トンネルの横には花壇が有り、クリスマスローズが一面に植えられている。赤色と白色が交互に植えられており、今を盛りに咲いている。
画像
画像
                 (クリスマスローズ)

 イルミネーション中の夜間ではこのクリスマスローズは暗くて誰も気付かない。昼間は明るく良く見えるが見る人が殆どいない。折角綺麗に咲いているクリスマスローズであるが、何とも可哀想なことである。

 クリスマスローズはそこそこにして富士山撮影ポイントへ急ぐ。トンネルに入る前は富士山の頂上付近にひと塊の薄い雲が浮かんでいたが、その雲も綺麗に無くなっている。富士山が青空をバックにして素晴らしい姿を見せている。まさに霊峰、富士の山だ。
画像
                (時之栖から見た富士山)

 宝永山が中央に見える。宝永山に向かって左側(西側)斜面には雪は無いが、右側(東側)斜面には雪が積もっている。宝永山だけでなく富士山も右斜面の方が左斜面よりも低い所まで雪が積もっている。何故だろうか?西斜面は西日が当たり早く融けてしまう為だろうか?
 今日も所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月18日 22:37
時之栖、御殿場にあるイルミネーションが素晴しいと話を聞いた事がありました。お昼に見ると白いトンネルみたいですね。
トンネルの横には先日、うかがったクリスマスローズですね!
凄い数のクリスマスローズですね~。今が見頃では?こんなに咲いているのは見たことがありません!今すぐでも見に行きたくなりました。
晴天で、綺麗な富士山、綺麗なクリスマスローズ、素晴しいウォーキングでしたね。
2007年02月18日 23:45
こんばんは。クリスマスローズは「冬の貴婦人」と呼ばれていますが、私が14日アップした時には、未だ実物をご覧になってらしゃらなかったと言うことですが、貴婦人に会われたご感想は如何だったでしょうか?
此処は、クリスマスイルミネーションの素晴らしい所でしたね。あの光の感激は凄く良かったですよね~。その横に、こんなに沢山植えてあって、誰も見向きもされず淋しいですね。此処の花は、原種ニゲルではないようで(葉が大きいですし)、オリエンタリス・ハイブリッド系の園芸種のようですね。今、これと同じ白と薄桃の花が少し開いています。ダブルなんか未だ凄く高いのですよ~。これは残念ながら、毒なんですよね。花と見えるのは萼で萼の故に花持ちが良く、「萼が落ちない=学が落ちない」という意味で受験生には合格の花として人気だと知りましたヨ。
時之栖から見た富士山は、間近く見れて遮るものがなく、富士だけで充分気品がありますね。宝永山が中央に見える所で、雪の解け具合で日の位置が推察出来るのですね~。
寅太
2007年02月19日 10:03
宇宙ロケットのイルミネーションあった時之栖を思い出しました。
雲がまったくかかってない富士山は穏やかに見えます。雪は東側に多い傾向があるのでしょうか。
我が家もきょうはクリスマスローズの写真を撮ります。
信徳
2007年02月19日 17:03
 イルミネーション、クリスマスローズ、富士山、白ずくしですね。富士山の東側の傾斜が緩く見えるのは気の所為でしょうか?
デコウォーカ
2007年02月19日 18:51
杏さん、今晩は。
クリスマスローズの実物を始めて見ました。しかも広い花壇に一杯植えられていました。富士山の写真だけを撮る積もりで行って、実物を見たいと思っていたクリスマスローズまで見れたのはラッキーでした。犬も歩けば棒に当たる、ですね。
デコウォーカ
2007年02月19日 19:11
一花さん、今晩は。
杏さんへのコメントの様にクリスマスローズには期せずしてめぐり会え、感激でした。しかし、花がうなだれていて殆どの花が顔の正面を見せてくれませんでした。背筋をキリット伸ばした貴婦人でなく、おしとやかな貴婦人でした。その点がチョッとガッカリでした。オリエンタリス・ハイブリッド系はニゲルと異なり花はクリスマスの時期でなく2~3月に咲き厳密にはレンテンローズと呼ばれるんですね(シッカリ勉強しました)。
「萼が落ちない=学が落ちない」という意味で受験生には合格の花もシッカリ覚えておきましょう。しかし、この合格の花を贈りたくなるのは孫の受験シーズンとしたら後、何年先かな~?
そうなんですよ、時之栖からの富士山には良い相棒がいなくて私の富士山百景には選べませんでした。が、ラッキーな事が有り、今日のブログで百景として登場出来る事となりました。
デコウォーカ
2007年02月19日 19:29
寅太さん、今晩は。
そうです、ロケットのイルミネーションの有った所です。今、気が付きましたがロケットの昼の姿を見損なってしまいました。富士山の東斜面の方が残っている雪が多い様ですね。写真を良く見ると、下の方まで残っているし、上の方に積もっている雪の厚みも多い様ですね。寅太さんの庭にもクリスマスローズが有るのですね?ブログアップを楽しみにしています。
デコウォーカ
2007年02月19日 19:38
信徳さん、今晩は。
言われて見ると、東斜面の方が若干緩やかの様ですね。今まで気が付きませんでした。東斜面の方が雪が厚く残っているのは傾斜が緩やかな事も関係しているかな??

この記事へのトラックバック