富士川堤ウォーキング      

 今日は、昨日の富士川堤ウォーキングにつき綴る。天気も良く富士山がくっきりと見えていたのでその姿をカメラに収める事が主目的のウォーキングだった。又、新幹線と一緒の所を撮る目的で訪れた。
 新幹線と富士山を一緒に写すとなると新幹線鉄橋からかなり離れてしまい、新幹線が小さくしか写らない。また、河川敷の上の鉄橋には保護壁が有って、鉄橋の姿が美しくない。
画像
                 (新幹線と富士山)

 もっと鉄橋に近づいて撮る事としたら、鉄橋の下に富士山が入る。
画像
                 (鉄橋に近づくと富士山は鉄橋の下)

 鉄橋と富士山をもっと離したい。その為にはもっと左に移動する必要があり、河川敷から川床に下りる必要が有る。
画像
                    (水の無い川床から写す)

 鉄橋の上部がカメラに入らない。そこでカメラを横から縦に構えることとした。
画像
                    (カメラを縦に構えて構図は決定)

 この構図で下り新幹線の先頭を写真に入れようとしたが上手く入らない。液晶画面に先頭が見えた時にシャターを押すと先頭は通り過ぎてしまう。
画像
               (液晶画面を見ていると先頭が通り過ぎてしまう)

 そこで、新幹線を横目で見ていてカメラのすぐ横に見えた時から画面に入るタイニングを見計らってシャッターを押す。これの2回目、最初からでは3回目で上手く写せた。それが昨日の、私の富士山百景に載せた写真だ。以下に再度載せる。
画像
                (先頭が上手く写真に入った)

  新幹線を撮り終えて堤に戻り上流を見ると半円が連続している綺麗な橋が見える。その橋と富士山を撮る為に上流に向かう。自転車を手押ししている人、ウォーキングしている人、携帯電話で私と同じ様に写真を撮っている人がいる。
画像
画像
                  

 橋に近づいて左右を写真に収めた。橋ではなく太い2本のパイプラインだった。
画像
画像
                   (太い2本のパイプライン)

 近くでグランドゴルフの練習をしているご婦人に聞いたら、工業用水のパイプだと教えてくれた。何処から来ているのかは不明。

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年02月17日 21:43
 いろいろ構図を考えて、試し撮りをして、繰り返して・・・努力している姿が手に取るようにわかります。ウォーキングしながら、写真のみならず、風景、草花などを観察する眼力の凄さに頭が下がります。
2007年02月17日 22:26
昨日の画像になるまでの経緯が良く解りました。
しかし、素晴しい画像でした。鉄橋の下でのシャッターチャンス!が、三度で決まってしまうとは、凄いですね。
今日の白いパイプラインと富士山も綺麗ですね。遠くから見ると白い橋に見えますね。
2007年02月17日 23:47
こんばんは。色々構図を考えながら、写真の出来るまでの過程を工夫されてらっしゃるのですね~。
でも絵になるものがデンと不動の姿勢でありますから、何処からでも何れとも富士は絵になるようですネ。
スピードのある新幹を、あの位置で撮るって大変なんですね。しかもたった3度で撮れたって凄いことですね。鳥も難しかったですけど・・
画像、何時も迷解説ですみません~。日本の高度成長を支えてきた高速交通手段としての高速道路と飛行機と新幹線。その中で、新幹線はとても重要でしたね。疾如風、徐如林は新幹線で、侵掠如火はデコウォーカーさんの撮意で、不動如山は富士山でしょうか?~~。「風林火山」の一コマのようです~~???
パイプは、工業用水ですか?富士市の製紙パルプ工場が近いでした?
寅太
2007年02月18日 07:14
2枚目と列車が通り過ぎた5枚目で満足せず、学習効果でシャッターチャンスを逃さなかったのはお見事です。
この地点からだと愛鷹山の稜線がなく、富士山が全部見えるんですね。
庵原忠胤を演じているのが、石橋蓮司です。その兄の雪斉は、徳川家康の人質時代の恩師としてよく知られています。日本の歴史を変えた?ことでは山本勘助を上回る軍師だと思います。一花さんのコメント面白いですね。
ピーターラビット
2007年02月18日 10:19
説妙なタイミングでの写真プロ級ですね。周回遅れのコメントですが、先週ブログの梅、桜、富士山に魅せられて熱海に新幹線で行って参りました。寛一お宮の熱海の印象しかなかったのですが、寅太さんの一揆、継之助、勘助、ブログ通りの景色、温泉、お料理を堪能して参りました。また楽しみにしております。
デコウォーカ
2007年02月18日 15:12
信徳さん、今日は。
構図を決めて云々言っていますが、我流でやってみて、気に入らなければ取り直しの繰り返しです。その点、デジカメは気に入らなければ消去出来るので気楽に撮れますね。
デコウォーカ
2007年02月18日 15:25
杏さん、今日は。
新幹線鉄橋下に着いてから百景に選んだ写真を撮るまでに約30分も掛かりました。川床に下りるのが大変でした。小さなテトラポット様のコンクリートや大きな石の上を拾い歩きでしたから。3回で撮れたのは偶然でしょうか。もう一度撮ろうとしてもこれ以上に、上手く撮れないでしょう。
デコウォーカ
2007年02月18日 15:44
一花さん、今日は。
格好良く構図云々と言っても、信徳さんへのコメントにも書きましたが、試行錯誤の連続です。そうですね、富士山が入るだけで絵になりますね。杏さんへのコメントにも書きましたが新幹線が上手く撮れたのは偶然だったと思います。不動の富士山の周りをチョロチョロと鼠の如く動き回っているのが私ですかね?パイプラインを調べました。名前は東駿河湾工業用水管橋で富士川水系を源とする、日本軽金属発電の放水路(蒲原町)より取水し、富士市、静岡市、旧清水市、由比町、蒲原町、富士川町の3市3町に給水を行っているとあリました。富士市の場合は製紙会社へも送られていると思います。
デコウォーカ
2007年02月18日 15:59
寅太さん、今日は。
試行錯誤の上に偶然上手く行ったと言う事だと思っています。そうですね、ここからだと愛鷹山は完全に富士山の右手に見えます。一花さんコメントは面白いですね。デコ向け風林火山の一花流解釈ですね。
デコウォーカ
2007年02月18日 16:10
ピータラビットさん、今日は。
写真は試行錯誤の上に偶然上手く行ったと言う事だと思っています。そうですか、熱海に行ってこられたのですか。熱海は新幹線ならば東京から1時間も掛かりませんので、手頃だと思います。静岡県人の一人として有難うございました。
べれる
2010年09月08日 19:06
こんちは、
水管橋から、検索してきました。
私の住んでるとこは、水管橋の近くです
良く、散歩に利用してますよ

この記事へのトラックバック