香貫山の植物  ヤブツバキ     

 冬の香貫山で今、咲いている花は少ない。今日はその中の一つのヤブツバキを綴る。
画像
          (ヤブツバキの花)

 この花の名前はツバキだとばかり思っていたが、調べるとヤブツバキとある。ツバキ(椿、つばき)は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称であり、狭義にヤブツバキを単にツバキとも言う、とある。今までの私は狭義の方を使っていたことになる。
 回りの植物が枯れてしまった中で、艶のある緑色の葉と大きな赤い花は、冬の香貫山では美しくて貴重な植物だ。株は藪になっている訳でも無いのに、何故ヤブツバキとヤブを付けるのだろうか?ネーミングはヤブを付けないで単にツバキの方が良いと思う。

 香貫山のヤブツバキは登山道脇に生えている。整列して生えているので登山道を整備する時に植樹したのだろう。桜台から八重に通じる登山道のヤブツバキ並木は大きくて5mはあるだろうか。花も沢山付いている。
画像
画像
           (八重登山道沿いのヤブツバキ)

 花弁は5枚であり、基部が合着しているので、花弁は散らず、顎の部分から丸ごと落ちる。おしべは多数で基部は合着しており、中心部に柱頭がが3~4つに分かれためしべがある。花の中心部からは大量の蜜が分泌されると資料にある。昔ツバキの花を取って花の付け根を舐めて甘かった記憶がある。
 別の登山道沿いに有る木はまだ背が低いが赤色の花を付けた株と白色の花を付けた株が並んでいる。白色の花もヤブツバキに有るのだろうか?
画像
画像
             (白色の花を付けたヤブツバキ?)


<ヤブツバキ>
  ツバキ科、ツバキ属
<特徴>
  照葉樹林をかざる春の代表花木
  日当たりの良い斜面に多い
  花は冬から早春にかけて咲く
  ツバキの花は萼の部分から丸ごと落ちる
  ヤブツバキの果実は直径4~5cmあり、
  熟すと3つに裂開して中から大きな種子がのぞく
  ツバキの種子は油を大量に含んでおり、ツバキ油が採取される

 今日は低気圧も弱まって風も無かったので香貫山へ行ってきた。歩数は9,536歩/1日。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月08日 22:10
こんばんは。ホント、今日は藪からツバキ!!大当たりでしたね?
うちの周辺でも今年は八重の乙女ツバキの開花が早く、全国的にもやはり早いのでしょうか?
それにしても、この時期にしては花がたくさん咲いていますね。ヤブは毎年この時期でしょうか?うちの田舎にもあって、蜜を吸った覚えがありますよ。本によると、花が白色の品種をシロヤブツバキといい、四国と九州にまれに生える。変種のリンゴツバキは暖地に生え、果実が直径5~6センチと大型で果皮も1、5センチと厚い。椿として市販される品種は1000種を越す。ツバキの園芸種に、ヤブツバキ系、ユキツバキ系、ワビスケ系、洋種ツバキ系と分けてあります。本には2~4月が花期とありますよ。やはり早いのでしょうね。
うちの田舎では3月ごろに開花していたようです。ウォーキングの度に、この時期に早々に見られて楽しみが増えますよね。
佑空
2007年01月08日 23:51
こんばんは。
ヤブ…と聞くと、ついつい「やぶ医者」のヤブかと思ってしまいます。
たまにツバキを垣根にしているお宅がありますが、花が咲くと本当に緑の中に赤が映えて、素敵です。
香貫山のヤブツバキは、またすごくたくさん花を付けていて、立派。登山客を癒してくれる咲きっぷりですね!匂いはどうなのですか?
2007年01月09日 16:30
公園になっている山の登山道には桜が植えてある所に出会うことがありますが、ここではツバキというのは珍しいですね、毛虫みたいな害虫も少ないし寒い時に葉も花も有って良いのかもと思います。
寅太
2007年01月09日 16:33
こんにちは。今日はよく晴れて風もなく、絶好のゴルフ日和でした。
今年の打ち始めは、やっと100を切りました。
このヤブツバキは私の数日前のものと形がよく似ています。
ヤブツバキとユキツバキの分布は重ならないでわかれているようですが、越後ではツバキといえばユキツバキです。
デコウォーカ
2007年01月09日 22:40
一花さん、今晩は。
ヤブツバキの開花状況にはばらつきがあり、蕾だけの株もありました。従ってまだまだツバキを楽しめます。シロヤブツバキの名前を調べて頂きありがとうございました。リンゴツバキは見てみたいですね。
デコウォーカ
2007年01月09日 22:50
祐空さん、今晩は。
藪医者のヤブと藪椿のヤブは同じ漢字ですが、それぞれが何故、藪なのか良く解りませんね。花が少なくなる冬にはツバキの生垣は有り難いですね。匂いはあまり気が付きませんでした。
デコウォーカ
2007年01月09日 22:54
OSAMIさん、今晩は。
香貫山の登山道の中には桜が植えられている所も有ります。しかし、ツバキの木が植えて有る登山道は結構多くて冬の花の少ない時期にはありがたいですね。
デコウォーカ
2007年01月09日 23:02
寅太さん、今晩は。
そちらもゴルフ日和でしたか。こちらも穏やかなゴルフ日和でしたよ。私はプレイしていませんでしたが、ゴルフ場は暖かい日が差して見えました。越後ではツバキといえばユキツバキですか、沼津はツバキといえばヤブツバキのようです。気候の差がそうさせているのでしょうね。

この記事へのトラックバック