香貫山の植物  キヅタ(フユヅタ)   

 今日はキヅタに付いて綴る。このキヅタに付いてはイギリスに滞在している昨年の11月10日に綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200611/article_10.html
が香貫山に生えている植物として、再度綴る。

<キヅタの花>
 キヅタの花は秋に咲く。香貫山では見れなかったのでイギリスで撮った花の写真を11月10日のブログより転記する。
画像
画像
                        (キヅタの花)
 今年の秋に香貫山で咲いた時に再度写真を撮り直す予定だ。

        ---2007年11月15日のブログより転載開始---
 キヅタに付いては今年の1月14日に綴った。そこではキヅタの花を今秋に撮影する事としていた。ここに来てキヅタの花が咲き始めたので以下に綴り、合わせて1月14日のブログに転載しておく。
画像
画像
               (咲き始めたキヅタの花  回りの花序は未だ蕾)

 キヅタの花は5個の花弁と5個の雄しべを持つ。開花して時間が経つと花弁は反り返る。そして花弁と雄しべは脱落する。つぎの画像中には開花し始めたもの、満開のもの、花弁と雄しべが数個脱落したもの、花弁と雄しべが全て脱落して柱頭と子房のみになったもの等が揃っている。
画像
              (色々の開花レベルが揃っているキズタの花序)

 キヅタの花はノブドウヤブガラシの花に良く似ている。しかし、ノブドウとヤブガラシはブドウ科であるがキヅタはウコギ科で別の科だ。
        ---2007年11月15日のブログより転載終了---

<キヅタの実>
 イギリスではキヅタの実は見ることが出来なかった。11月10日のブログでは「キヅタもアイビーも秋に花が咲き、翌年の春に実が熟すと資料にある。どんな実が生るのか?その頃はイギリスにはいないので日本で確認しよう。」とある。
 日本に戻ってキヅタの木が香貫山にある事が分ったので継続観察する事とする。香貫山でもキヅタの実はまだ熟していず、緑色の硬そうな実だ。資料によれば黒く熟すとあるので今後も観察を継続する。
画像
             (緑色のキヅタの実)

ーーーーー2007年2月27日のブログより抜粋ーーーーー

 キヅタの実が熟したので以下に写真を載せる。
画像
              (鈴なりのキヅタの熟した実)

 資料ではブドウの様な実とあるが、あまり美味しそうではなさそうだ。鳥が食べるかどうか?今のところは鳥が食べている所を見ていない。
画像
               (上の写真のアップ)

ーーーーー2007年2月27日のブログより抜粋終了ーーーーー

 ブドウ科のツタ(蔦)とは異なり,冬でも葉が枯れない。そのため,フユヅタ(冬蔦)という別名もある。茎の各所から根(気根)を出して付着する。巻き付くことはないので、締め付けて寄主の樹木を枯らすことは少ない。樹木に登る場合には落葉樹を寄主とする場合が多い。落葉樹が葉を落としている期間に強い光を得て高い能率の光合成を行っているに違いない、と資料にある。香貫山のキヅタも落葉樹のハゼノキに絡み付いている。元のハゼノキの姿が殆ど見えない。
画像
            (ハゼノキに絡み付いたキヅタ)

<キヅタ(木蔦)>
  ウコギ科、キヅタ属
<特徴> 
  常緑つる性の木
  10~11月に黄緑色の集団花を枝先に咲かせる
  枝より気根を出して木や岩にからむ
  日当たりの良い山地に生える
  実が春には黒く熟す
  別名:フユヅタ(冬蔦)
 
 今日は伊豆の国市を散策するウォーキング会に行って来た。残念ながら富士山は厚い雲に覆われて見る事は出来なかった。
 今日の歩数は14,226歩、今週の累計歩数は 71,283歩/7日。久し振りに1日、1万歩を達成した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2007年01月15日 10:51
おはようございます。
連日晴れた日が続いています。キズタは冬でも枯れないので、別名フユヅタというんですか。
こんど山に行ったらツタも観察するようにします。
2007年01月15日 17:31
今まで良く知らなかった事ですが、今のキヅタの実は沢山付いていて硬そうですね、これから先どうなるのか楽しみにしています。
2007年01月15日 18:53
こんばんは。以前イギリスで紅葉を見せて戴いたのはナツヅタだったのですよね。夏に陰を作ってくれて紅葉してナツヅタは有り難いことですよね。(見せて戴いたあれから、2ヶ月で随分日が経った感じですよね。)
このフユヅタはキヅタで、こちらはウコギ科で違うのですね。落葉樹を寄主として冬場に光合成を行って、要領がいいですね~。春に落葉樹の葉が繁ってきても其の儘なんでしょうか?実が緑から黒になって、これも観察が楽しみですね。デコウォーカーさんは、理系の研究者さんみたいですよネ。アイビーなんかもこの仲間なんですね。今うちの門柱に伸びていますよ。昨日の歩数は14,226歩でしたか?私も出かけてそのくらい歩きましたが、今日は足先が痛いですよ。先日は2万歩以上も歩かれたのですよね~~。
こちらは昨日は、小春日和でしたよ。(梅も桜もまだですが~~。)
デコウォーカ
2007年01月15日 21:29
寅太さん、今晩は。
そうです。キヅタは常緑の蔓性植物で冬でも綺麗な緑の葉を付けていますので、秋に枯れるツタ(夏蔦)に対して冬蔦とも呼ばれます。是非、見つけて下さい。
デコウォーカ
2007年01月15日 21:31
OSAMIさん、今晩は。
キヅタの実を継続して観察して行きます。
デコウォーカ
2007年01月15日 21:40
一花さん、今晩は。
性懲りも無く、またまた蔦を綴っています。夏蔦の紅葉を綴ってから早、2ヶ月経ちます。あの紅葉は見事で今もあの姿が目に浮かびます。フユヅタに乗っ取られたハゼノキが春にどうなるか?継続して観察します。これは理系の研究者なんかでなく、単なる物好きと言うのでしょう。アイビーもキヅタの仲間です。花も実も似ていると思います。
2007年01月16日 22:57
キズタの記事を拝見していましたが、今日、散歩中に偶然キズタを見つけました。3m位の木に絡み付いていました。立ち止まり見ていましたが、黒くなりかけたキズタの実も見つけました。見たことが無かったので嬉しかったです(子供みたいですね)
デコウォーカ
2007年01月25日 23:26
杏さん、気が付くのが遅くなりスミマセンでした。
キヅタを見つけましたか。シッカリ木に絡んでいるでしょう。本家を乗っ取るような勢いでしょう。実が黒くなり始めていましたか?私も見てみます。

この記事へのトラックバック