香貫山の植物 ノゲシ     

 冬の香貫山で今、咲いている花は少ない。今日はその中の一つのノゲシ(ハルノノゲシ)を綴る。
 展望台下の旧駐車場斜面の陽だまりの暖かい所に咲いている。
画像
           (松と駿河湾を見下ろしながら咲いているノゲシ)
画像
          (ノゲシの花)

 ノゲシは秋に芽生え、ロゼットで越冬し、春から夏にかけて茎をもたげて花を付けると、資料に有るがこの株は随分早くから茎を伸ばした様だ。草丈も高いし、花も沢山咲かせているし、花後の綿毛の種子も既に出来ている。

 横には越冬したロゼットから茎が伸び始めた株も有るが、もう花を咲かせている。
画像
           (茎の伸び始め直後で花が咲ている)

 もう一箇所ノゲシが咲いている所がある。それは香陸台下の陽だまりの斜面だ。1週間前は上の写真の様にロゼッタから茎が伸び始めた直後に花が付いていたが、今日見ると草丈が大分伸びている。とても成長が早いのだろう。
画像
画像
              (香陸台下のノゲシ)                 

 冬枯れの草原で他に花が無いので黄色い花が目立つ。春から夏にかけて咲く花らしいが冬にも咲くとある。これから春にかけてもっと沢山のノゲシが花開くのだろうか。
 オニノゲシとの差異は葉の鋸歯が棘になって痛いのがオニノゲシで痛くないのがノゲシと資料に有る。香貫山に咲いているのは棘みたいだが全然痛くないのでノゲシと判断した。

<ノゲシ>
  キク科、ノゲシ属
<特徴>
  名前はケシの葉に似ていることから
  春に開花することからアキノノゲシに対してハルノノゲシともよばれる。
  秋に芽生え、ロゼットで越冬し、春から夏にかけて茎をもたげて花を付ける
  種子の綿毛は絹状の毛であり細い
  同じ属のオニノゲシと比べると、葉の質は柔らかくて鋸歯の先端は棘とはならない

 きょうのウォーキングは香貫山。歩数は8、051歩、今週の累計歩数は57,057歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2007年01月13日 23:10
こんばんは。一見した時もう蒲公英かと思いましたが、この時期ロゼットで越冬するのでそんな風に見えるのですね。花期が3~10月とずっと長く咲いて、草丈が1mと道端でよく見かけるあの雑草?なんですね。
先日黄色い花が咲いているのを見ましたが、葉がケシのようでしたよ。そしてアキノノゲシって、図鑑で見ると白い花なんですね。春は黄色い花が多く、似たような紛らわしい花が多いでね。
1枚目の画像は、草丈が高く、松と駿河湾を見下ろしながら気持ちよく咲いていて、随分ノッポのノゲシさんですね。
寅太
2007年01月14日 10:46
ノゲシという名前からケシ科の植物と勘違いしてしまいます。
香貫山には一歩早く春が訪れますね。
2007年01月14日 16:16
空き地のような所とか菜園の片隅のようなところで此花は咲いていますね、私が見た所では葉ガ少し赤みをおびていたように記憶がありますが、こちらは緑の綺麗な葉をしていて元気そうです。
デコウォーカ
2007年01月14日 22:11
一花さん、今晩は。
道端でよく見かける雑草?といわれるものです。花はタンポポみたいでなかなか綺麗ですよ。この時期、香貫山を色付けている貴重な、オハナ?です。「春は黄色い花が多く、似たような紛らわしい花が多いでね」、本当にその通りで、これから暫く悩みが続きます。
デコウォーカ
2007年01月14日 22:14
 葉がケシに似ているからノゲシだそうです。日が良く当たる所に生えていたので、ここだけ春が早く来たのでしょうね。
デコウォーカ
2007年01月14日 22:18
OSAMIさん、今晩は。
ロゼットから茎が伸び始めた直後は紫色が強く出ています。又、茎の下部の方も紫色が濃いです。

この記事へのトラックバック