三国山ウォーキング    

 今日は箱根の西側外輪山の一つ、三国山に行って来た。箱根峠~三国山~湖尻峠まで約4時間の歩行時間であった。
 下界の沼津市は今日一日残暑厳しかった様だが、外輪山は雲に覆われて見通しが悪く霧の中の山行であった。唯一、三国山を目指している時に霧が切れて芦ノ湖が一瞬見えた。
画像
                  (三国山への途中で垣間見えた芦ノ湖)

 富士山も見えず眺望には恵まれない山行だった。しかし、霧の中でも色々の草花に会う事が出来た。以下に順次綴る。<今日の写真は全て圧縮して有りません。拡大して見て下さい。>
 先ず、ホトトギス(杜鵑)。花の点々が鳥の不如帰の羽の模様に似ていることから名前が付いたと資料にある。この花は昔は香貫山でも見られたが最近は絶滅したと、聞いていた。是非とも何処かで見たいと思っていたが、今日あっさりと見る事が出来た。
画像
                          (ホトトギス)
 株が寝ていた為ホトトギスの花が横一列に並んで皆を迎えてくれていた。
画像
                (通常は縦一列だが、今日は横一列に並んでいた)

 次はマツムシソウ(松虫草)。マツムシソウの名前の由来には諸説が有ると資料にある。「松虫の鳴くころに咲くのでという説。マツムシソウの花の終わった頭花が巡礼の鳴らす松虫鉦(音が松虫の音のように聞こえるので松虫鉦と呼ばれています)の形に似ていることからという説などがあります。」
画像
画像
       (マツムシソウ  下の写真を拡大すると花の終わった頭花も見れる。)

 花径が4cm位で大きく、花弁に特徴がある。ピンクががった藤色で野の中で、良く目立っている。こんな山中で咲くにはもったいない清楚な花だ。
 次はオミナエシ(女郎花)。9月2日に、香貫山のオトコエシを綴ったがそのお相手のオミナエシだ。香貫山にはいないのでペアで綴れず残念な思いで有ったが、箱根育ちのご令嬢にお会い出来、感激でした。この写真は是非とも9月2日の香貫山の草花(その68)に追加しておく事とする。香貫山のオトコエシも喜ぶだろう。
画像
画像
                (箱根育ちのオミナエシ)

 次はツリフネソウ(釣舟草)。資料には湿気の多い所が好きと有るが、確かに日陰の湿気の多い所に有った。お蔭で、接写は皆ボケ、唯一フラッシュで撮った写真がボケでなかった。
画像
                        (ツリフネソウ)

 最後にヌスビトハギ(盗人萩)。昨日に続いての登場でトータルで3回目となる。一回目の8月17日はよく見られるピンクのヌスビトハギ、2回目の昨日は白色のヌスビトハギだった。3回目の本日は、ピンクがもっと濃くて見た瞬間は赤のヌスビトハギだと思った。
画像
                   (赤色に見えたヌスビトハギ)

 花のピンクも濃いが、花自体が大きくて赤みのピンクの面積が広いので、赤と見えたかも知れない。それ以上に実が赤いので株全体が赤く見えたと思われる。環境条件が異なると随分色や大きさに差が出るものだなと、思った。

 今日の歩数は 15,160歩、今週の累計歩数は 31,990歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月10日 21:38
風景は残念だったようでお気のどくさまですが、花はやはり自然の中か一番綺麗ですね、拡大してみるとホトトギスやマツムシソウなど本当に艶やかという感じで楽しませていただきました。
2006年09月10日 22:47
こんばんは。今日はとても暑く夜も30℃あってエアコンしています。
今日の歩行は4時間で15,160歩と大変な健脚ぶりだったのですね。おまけに沢山の花との出会いのルンルンで、祝杯だったことでしょうか?
霧が出ていて、眺望は望めなくて残念でしたが、山の上は涼しくてよかったですね。ホトトギスも点々模様がはっきりと付いていますね。山の自生のものでタイワンさんではないのでしょうね。マツムシソウも自然で見ると綺麗で写真も素敵ですね。育てましたがすぐ枯れました。箱根育ちの女郎花、すらっとして美形で、オトコエシさんもお喜びでしょうね。ツリフネソウもこれからですよね。湿気が好きで、ホウセンカ、インパチェンスの仲間には見えませんよね。そして赤いヌスビトハギも居たのですね。赤、白、ピンクの他に盗人には黒も居ても良さそうですよね。今日は、4時間も歩かれてお疲れだったことでしょうね~。お蔭で楽しませて頂きました。
ganzy
2006年09月11日 02:15
お早うございます。
またまた羨ましい山行ですね。
我が家にも咲くのは、ホトトギス、オミナエシだけです。
ホトトギスは、いろんな種類を作りましたが、ほとんどの種類は自然消滅してしまいました。庭に泉水でもあって、その辺にでも植えておけば好条件でうまくゆくのかもしれませんが…。
マツムシソウは、れっきとした園芸植物になってしまっています。
オミナエシにしてもマツムシソウにしても、「やはり野におけレンゲソウ」ではありませんが、庭で栽培すると堂々としたものになってしまって風情に欠けるかもしれません。
デコウォーカ
2006年09月11日 17:27
OSAMIさん、今晩は。
ヌスビトハギ以外は全て初めて見ました。写真を見返して、その美しさに見とれています。
デコウォーカ
2006年09月11日 17:40
一花さん、今晩は。
昨日の最大の収穫はホトトギスでした。あの横一列に並んで、それぞれが起き上がっていた姿は見事でした。二度と見られないのではないかと思っています。
黒色のヌスビトハギ、世の中の何処かに有るかも知れませんね。盗人が隠しているかも知れませんね。ヌスビトハギの影絵は黒色だが・・・?
デコウォーカ
2006年09月11日 17:45
ganzyさん、今晩は。
犬も歩けば棒に当たる、の精神で歩いています。お蔭で色々の花にも会えて満足しています。

この記事へのトラックバック