香貫山の植物  ノダケ (番外編 ヒガンバナ)    

香貫山の草花(その89)

 今日は今、香貫山に咲いているセリ科のノダケ(野竹)を綴る。資料には「セリ科の植物には白い花を咲かせるものが多い中,ノダケは黒紫色の小さな花を咲かせます。花全体の形はシシウド(猪独活)などと同じような形です。」とある。
画像
                      (ノダケ   上から見て)
画像
                      (ノダケ    横から見て)

 草丈は1m位で竹の様なしっかりした茎をしている。初めて見た時は、足和田山で見たシシウド(下から二番目の写真)と思った。しかし、背が少し低いように感じたので資料を調べたら花色も異なるノダケと知った。
画像
                  (すらっとした背高ノッポのノダケ)

 黒紫色の花後は白色になる。
画像
            (花後は白色になる   右奥の黒紫色は開花中の花)

 このノダケの蕾は面白い形をしている。
画像
                         (ノダケの蕾)

 上の写真は尾根の林の下に生えているノダケで、背が高いので回りの下草から抜きん出ている。すかさず、ヤマノイモの蔓が巻きついている。横には、これも背の高いツリガネニンジンが寄り添って咲いている。良く見ると、奥にもノダケ、ヤマノイモ、ツルガネニンジンの同じ組み合わせのグループがいる。相性が良いのかな?
画像
            (ノダケ、ヤマノイモ、ツルガネニンジンは仲良しグループ?)

 名前に竹が付いているので茎は曲がらないかと思ったら、針金を湾曲させた様なノダケが出現した。
画像
 (大きく曲がったノダケの茎  根元は斜面に有り、茎を水平に伸ばしその後花を上に向けている)

<参考>
画像
                   (8月6日に足和田山で見たシシウド)

<ノダケ( 野竹 )>
  セリ科、シシウド属
<特徴>
  多年草
  9~10月開花
  独特な赤茶色系の渋い花
  少し高地の湿り気のある草原や林縁などに生える
  草丈1.5Mまで

《番外編》 ヒガンバナ
 9月21日の香貫山の草花(その82)でヒガンバナを綴った。その中に白色のヒガンバナと富士山の写真を掲載したが、昨日その場所を覗いてみたら白色のヒガンバナが増えていたし、更に赤色のヒガンバナも一緒に咲いていた。昨日は富士山もクッキリと見えたので写真に収めて来た。以下にそれを載せる。あわせて、9月21日のブログにも追加しておく。
画像
                  (富士山をバックに紅白のヒガンバナ)

 今日のウォーキングは香貫山で、今日の歩数は 8,022歩、
                  今週の累計歩数は33,438歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月29日 20:50
こんばんは。毎日山には何がしかの植物がアップして~と待ち構えているようですね。昨日のススキの追加写真、見せて頂きました~。やはり富士の写真には皆さん溜息ですよね~。良い所にお住まいで、毎日仰いでらっしゃて羨ましいです。人間もデッカクなりそうですよね。私が先日出かけた時は富士はお隠れでした。(日頃のサボりの行いが悪いのでしょうネ。)今日はノダケ。セリ科のシシウドの色違い(小豆色)のようですね。野山には白が多い中、こんな花色は珍しく花後は白に変身ですか。丈が1メートルと高いのでノダケ(野竹)なんですね。シシウドと間違いやすいですね。傍には釣鐘人参がわんさかあって、色取り取り仲良しグループですね。釣鐘人参がこんなに咲いていて、盗掘遭わず良い事ですね。1鉢良いお値段ですよ~。(すみません~~ああ~~現実的でした~~。)
紅白彼岸花、白が殖えて一緒に富士見物ですね~。
2006年09月29日 23:12
紅白の彼岸花と富士山はステキですね。
それにしても香貫山の植物は多彩です。
ganzy
2006年09月30日 08:56
お早うございます。
シシウドは分かりますが、ノダケ…が、記憶の画像の中から浮かび上がってきません。
やれやれ、何と言うことかと、毎日、わが目を情けなく思うばかりです。
今夜あたりから天候下り坂とか…いまのうちに、あちこち、いろんなものを目にするようにしたいものです。
2006年09月30日 09:00
ノダケ、珍しい植物を拝見しました、この山はいろいろと植物があって良いですね、これから秋が深まるといろいろの実を楽しめそうですね。
デコウォーカ
2006年09月30日 20:42
一花さん、今晩は。
登山道のかなりの部分で、草花がバッサリと刈られてしまったのでこれからは草花に会う事が難しくなると思います。と、思っていたんですが今日も新たな出会いがあり、ルンルンで一杯やったところです。
富士山は残念でしたね。地元にいても夏はなかなか姿を拝めません。秋から冬は良く拝めます。
ツリガネニンジンを最初に見た時は、この花が盗掘に会わなければいいがな、と思いましたが、その後アチコチに生えてきて、これならば多少盗掘に会っても大丈夫だと思いました。一鉢幾らですか?(商売を始めようかな?これは禁句でした。)
紅白のヒガンバナと富士山はマイカレンダの候補と思いますが・・・?自分で、気に入っています。
デコウォーカ
2006年09月30日 20:48
hirasan、今晩は。
紅白のヒガンバナと富士山は、最初の白のヒガンバナと富士山よりもズーッと良く撮れた写真と思っています。これも足で稼いだ汗の結晶かなとも思っています。(一人で満足しています。)
デコウォーカ
2006年09月30日 20:55
ganzyさん、今晩は。
こちらも来週の天気予報はあまり良くありません。6日の中秋の名月が危ぶまれます。
ノダケは実物よりも写真写りが良い方の部類に入ります。実物は日陰で、あまり目立たない姿で立っています。蕾が特徴的ですね。
デコウォーカ
2006年09月30日 21:00
OSAMIさん、今晩は。
香貫山には意外と多くの珍しい草花がある様に思います。まだまだ見落としている花も有るように思ってもいますが・・・?
そうなんです。草花の方はバッサリと刈られてしまった事もあり、また時期的にも、これからは木の実が楽しみかな?と思っています。

この記事へのトラックバック