香貫山の植物  ダンドボロギク、オオアレチノギク

香貫山の草花(その86)

 今日は香貫山に咲くキク科の草花を綴る。
《ダンドボロギク》
 先ずは、ダンドボロギク(段戸襤褸菊)。名前の由来は、「北アメリカ原産の 50 ~ 150 センチになる一年草です(帰化植物)。昭和 8 年に愛知県の段戸山で発見されたことにちなんで名付けられています。」と資料にある。
画像
画像
                    (ダンドボロギク)

 株の上部が枝分かれし筒形の花を沢山付ける。舌状花は殆ど見えない。
画像
                      (ダンドボロギクの株)

 花は開ききらないで、最後はタンポポの様な冠毛を付けた種子が形成される。花より冠毛時の方が綺麗だ。
画像
                 (冠毛を付けた花後のダンドボロギク)

《オオアレチノギク》
 次は、オオアレチノギク(大荒れ地野菊)。資料には「南アメリカ原産で,日本には昭和初期に帰化したもので、道ばた,空き地などにたくさんはびこっています。」とある。確かに香貫山の登山道脇に沢山生えている。
画像
               (狩野川を見下ろしているオオアレチノギク)

 この花も株の上部が枝分かれし筒形の花を沢山付ける。舌状花は殆ど見えない。
画像
                     (沢山の筒状の花を付ける)

 この花も、花は開ききらないで、最後はタンポポの様な冠毛を付けた種子が形成される。この花も冠毛時の方が綺麗だ。
画像
                  (冠毛を付けた花後のオオアレチノギク)

 共にキク科で筒状のあまり綺麗とは言えない花を付ける点では一昨日綴ったヤブタバコとガンクビソウと同じだが、冠毛を付けて最後を飾る点ではヤブタバコやガンクビソウよりはまだ、ましだ。

<オオアレチノギク(大荒れ地野菊)>
  キク科、イズハハコ属
<特徴>
  花期:晩夏~秋
  草丈は1.5m~2m
  キク科の花であるが花には舌状花の花びらは見られず、そのまま綿毛になる

 今日のウォーキングは三日ぶりに香貫山に行って来た。ビックリした事に東側の登山道の両脇の草がバッサリと刈られてしまった。
画像
                 (草がバッサリと刈られた登山道脇)

 山野草の宝庫だった草薮が無くなってしまった。ハギも終わりこれから咲く花はあまり無いと思うのでしょうがないかと思うが、残念だ。スズメウリの実もバッサリと切られてしまった。登山者のために登山道を明るく広く確保する為にはしょうがない。
 今日の写真は先週の撮り溜めで対応したが、あと数種類の花しか残っていない。香貫山のその他の所に咲く花や実を捜す事とする。

 今日の歩数は 8,489歩、今週の累計歩数は 11,634歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ganzy
2006年09月26日 19:49
今晩は。
たしかに難しいところですね。
道端の雑草を刈り取るか、刈り取らないか…。
香東川の自転車道は、夏も終わりに近付くと、場所によっては両側から草木が覆いかぶさってきて、見通しが悪いほどになります。
そんな頃に、ばっさりと切り倒してくれると、一挙に明るく爽快になります。
でも、草木を眺めながら山歩きをする人にとっては「余計なことを」と思う場合もあるかもしれませんよね。
庭木でも、剪定時期を一つ誤ると、翌年の花が咲かないなどということが起こります。野の草や木も同じことだろうと思います。そうなると、幸運なものと不運なものとが紙一重で分かれることも起こりそうです。
2006年09月26日 22:26
こんばんは。3日見ぬ間の草花かな?で残念でしたね~。せっかくスズメウリとカラスウリの紅白を期待していましたのに、それはそれはガッカリでしたね~。頑張って他の場所を探して下さいませ~。
ダンドボロギクとオオアレチノギクって、お花は雁首みたいですが、花後の冠毛は蒲公英のようであちこち飛んで似ていますね。襤褸菊って名前がいけませんよね。オオアレチノギクって、うちの花壇にも生えて来て、ハナトラノオかとずっと間違って一緒に育てていました。ちょっと葉がザラザラしていますが、残念ながら花が咲く前に引っこ抜きました。(ごめんなさい~)以前アップして下さったヤブタバコの葉は花の時期には見れなかったのですね。すみません、良く文章を見ていませんでした。それと昨日の記事の白駒池の記事は、坪庭から雨池峠~雨池~麦草峠~白駒池と4時間歩かれたのですね。そんな良い所がまだ上にあったとは知りませんでした。一度は訪れて見たい所ですね。私もOSAMIさんの去年の11月の6、7日の記事も読ませて頂きましたヨ。
2006年09月27日 11:57
ダントボロギクも私も取上げた事のあるベニバナボロギクも良く似た花で、花の後の綿毛の種の時の方が綺麗な感じですね、それからオオアレチノギクも同じ様な感じがします。
デコウォーカ
2006年09月27日 13:54
ganzyさん、今日は。
花の写真を撮りながら歩いているのは私ぐらいですから、明るく、歩き易くした方が多くの人に喜ばれると思います。そんな訳で、諦めています。
デコウォーカ
2006年09月27日 14:14
一花さん、今日は。
残念ですけど諦めています。
ダンドボロギクもオオアレチノギクも雑草の範疇ですね。人に好かれる草花ではないと思います。タイトルが香貫山の草花なので取り上げました。しかし、この他にも取り上げるのを止めている草花も有りますので、趣旨一環していないのも事実ですが。
白駒池には車で麦草峠まで行き、そこから歩いて40分位で行けます。若干のアップダウンは有りますが、ほぼ水平です。坪庭からは縞枯山を右回りと左回りとあり、我々は右回りでしたが、左回り(左に縞枯山を見る)の方が楽なようです。いずれも200m程の下りになります。是非、行って見て下さい。
デコウォーカ
2006年09月27日 14:19
OSAMIさん、今日は。
2種類とも花後の綿毛が綺麗なので取り上げました。OSAMIさんのブログでベニバナボロギクの花後の綿毛を見ました。ダンドボロギクと良く似ていますね。
2006年09月27日 16:52
千葉のおいどんと申します。ウオーキングで健康管理ですね・・・歩け・歩けの紙芝居を作りましたよ。お暇な時覗いて下さい。
デコウォーカ
2006年09月28日 14:34
「おいどん」さん、始めまして、ようこそお出で下さいました。
面白そうな紙芝居ですね。ゆっくりと拝見いたします。
先ずはお越しいただいたお礼まで。今後とも宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック