北八ヶ岳・池めぐりウォーキング      

 昨日は北八ヶ岳の中腹にある池を巡るウォーキングに行って来た。幸いに晴天の空の下で風も無く、気温も暑くも寒くも無い絶好の天気に恵まれた。
 コースは蓼科別荘地を抜けたピラタスの丘からロープウェイで山頂駅まで行き、そこから雨池峠~雨池~麦草峠~白駒池。歩行時間は約4時間だった。

 ロープウェイ山頂駅からの眺望が素晴らしかった。
画像
    (ピラタス ロープウェイ山頂駅から見た八ヶ岳と南アルプス   画面拡大出来ます)

 今回は山頂を目指したウォーキングではなく標高2230m~2084mの間をほぼ水平に歩く為、遠くの山々の眺望はこのロープウェイ山頂駅が最初で最後であった。絶好の天気の中では、チョッともったいなかった。

 雨池山を左に、縞枯山を右に見ながら雨池峠を目指して進む。左手の雨池山に枯れた木が横一列に並んでいる。縞枯現象だ。
画像
                (枯れて白くなった木が帯状になる縞枯現象)

 縞枯現象とは、標高2000m~2400mにかけてシラビソが80年から100年程を周期として帯状に枯れていく現象で、年々その場所を1.0~1.6mの速度で移動させているといわれています。そして枯れた木の下には次世代の若い木が生えて来る。この縞枯現象は右側の縞枯山に多く見られると資料にあるが、見えた場所が悪い為か縞枯山には見る事は出来なかった。更に進むと立ち枯れの木が立っている。縞枯現象の木々はこの様になっているのかな?
画像
                        (立ち枯れの木)

 雨池に到着して、昼食を取る。雨池の水位が低くなった為出現した大きな岩の上に座って食べた。天気も景色も良くて最高の昼食だった。
画像
                    (水位が下がった雨池と後ろの雨池山)

 麦草峠を過ぎて白駒池に到着。シラビソやコメツガの原生林に囲まれた美しい池だ。ボートが数艘のんびり浮かんでいる。
画像
                (シラビソやコメツガの原生林に囲まれた白駒池)

 今回のウォーキングでは高山植物には殆ど会えなかった。時期的に遅いようだった。その代わり綺麗な赤と白の実に会えた。
 赤い実はゴゼンタチバナの実だ。
画像
                     (ゴゼンタチバナの赤い実)
 白い実はシラタマノキの実だ。
画像
                        (シラタマノキの実)

 このシラタマノキの実をつぶすとサロメチールの匂いがすると聞き、早速つぶして匂いをかだら、あの独特の爽やかな匂いがした。
 ナナカマドの葉が大分色付いてきていた。
画像
                       (ナナカマドの葉も色付き始めた)

 高山植物も花から実へ、木々の紅葉も始まり高原は着実に秋の季節へと入っているのを肌で感じたウォーキングだった。

 今日は休養日とし、ウォーキングは近所の公園での散歩で終了。今日の歩数は3145歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月25日 19:55
こんばんは。八ヶ岳快晴ですね。素敵な写真拝見しました。ありがとうございます。是非行って見たいです。
ganzy
2006年09月25日 21:06
今晩は。
縞枯れ現象と言うのを初めて知りました。
四国の山では、石鎚山に続く瓶が森、剣山ともに、頂上付近の熊笹が枯れたことがあります。剣山は他の草に敗れて熊笹は回復しませんでした。瓶が森の「氷見千石原」と呼ばれる広大な熊笹は回復しましたが、元の草丈になるのに時間がかかっているようです。
デコウォーカ
2006年09月25日 21:45
羽島のすーさん、こんばんは。
これからは山行の良いシーズンです。出来るだけ山を楽しもうと思っています。お互いにおおいに楽しみましょう。
デコウォーカ
2006年09月25日 21:48
ganzyさん、こんばんは。
私も縞枯れ現象を知りませんでした。現地に行って初めて見ました。なかなか綺麗でした。自然界にはいろいろ珍しい事が有りますね。
2006年09月25日 23:03
こんばんは。昨日お出かけなさって何処にも泊まられずに、夕べお帰りなさって、此処へは日帰りで出かけられる距離なんですね?きっと早朝にお出かけなさったのでしょうか、この時期気儘な山歩きも良いですね。
此処は北八つ横岳ロープウェーを昇り、ロックガーデンの坪庭に出て、また其処から先の場所なのでしょうか?以前坪庭までは出かけた事があったのですが、山頂駅は未だ先にあったのでしょうか?記憶が古くていい加減です。そして、縞枯現象は以前ロープウェーから見えましたが、画像は懐かしい風景でした。この時期、高山植物に出会えなくて残念でしたね。ゴゼンタチバナの赤い実とシラタマノキの白い実の紅白ですね。紅葉にはまだ早いようでしたが、雨池と後ろの雨池山、そして白駒池の水は青々として美しいですね。こんな原生林の中でボートをのんびりと漕いでいる人もいるのですね。絶好のお天気にも恵まれ、一日良い池めぐりウォーキングだったのですね。白駒池って、ネットで見ましたが素敵な場所なんですね。
2006年09月26日 14:02
良い天気でよかったですね、たしかにこのお天気ですからほんの一汗をかくと横岳に登れますから少し残念な所かもしれません、昨年の11月に私も同じ様な所をあるいています、この時の横岳山頂からの夕日に輝く八ヶ岳を11月6日のブログにアップしていますので見ていただけたらと思います。
デコウォーカ
2006年09月26日 19:30
一花さん、今晩は。
地元山行会の主催で、往復バスで行って来ました。休憩を入れて片道3時間半掛かりましたが十分日帰り可能です。
場所は一花さんが既に行かれた所です。坪庭を通り越して行きました。山中の池の水はとても綺麗でした。この日は青空だったので更に湖水が綺麗に見えたのでしょう。紅葉の時期は更に良いと思います。
デコウォーカ
2006年09月26日 19:45
OSAMIさん、今晩は。
昨年の11月6、7日のブログ拝見しました。麦草峠から坪庭の間は、我々とは逆に歩いた様ですね。横岳からの眺望は最高ですね。我々もあの日に横岳に登っていたら同じ眺望を楽しめたかも知れませんね。残念!

この記事へのトラックバック