香貫山の植物  コセンダングサ、ムラサキニガナ   

香貫山の草花(その69)

《コセンダングサ(小栴檀草)》
 本家のセンダングサの名前の由来は葉が、木のセンダンの葉に似ているからと、資料に有る。最近はコセンダングサの方が良く見られる為、センダングサと言えばコセンダングサの事を言うそうだ。分家が本家を乗っ取ってしまった様だ。
画像
          (コセンダングサ  8月25日  真中の蕾が開花した)

 この花を香貫山で最初に見たのは8月25日だ。登山道から1m程谷側に入った所にあった。既に草丈は私の顔辺りであったと思う。次に見たのが2日後。

画像
             (コセンダングサ  8月27日  左右の蕾も開花した)

 次に訪れたのが昨日の9月2日だった。上の2枚の写真の花は既に終わっていた。又、草丈も大きくなり、特に花柄は長くなって約1週間で私の背を越えて見上げる様になっていた。8月25日の草の写真と合わせて以下に載せる。
画像
        (コセンダングサ  9月2日   観察中の三つの花は既に終わっていた)
画像
                (8月25日の上と同じコセンダングサの株)
 
 随分成長が早い。又、集合花のくせに、一つの花の終わるのも早い。成熟した実は花火の様に種がはじけ、それぞれの先に棘があってそれが動物の毛に絡まって散布される。人間の衣服にも直ぐ着いてしまう。いわゆる、ひっつき虫、と言われるやつだ。今から花を咲かせて種を今年中に散布する為には、このくらいのスピードで成長段階を進めて行かなければならないかも知れない。

 ここ1ヶ月位の間に登山道の上に草が引っこ抜かれて放置されていた。多い時は数十本は放置されていた。今日も確認したら昨日あたりに抜かれて放置されていた草が有る。
画像
                  (引き抜かれて登山道に放置された草)

 どうもこの草はコセンダングサの様だ。常連の登山者の中にどなたかがこの行為をしている様だ。コセンダングサのひっつき虫を広めないようにする為なのか、はたまた何か恨みでも有るのか、徹底的に引っこ抜かれている。
 引っこ抜かれたコセンダングサが全て花を咲かせ、種をばら撒いたら香貫山の登山道はコセンダングサに占領されてしまうかも知れない。そういう意味では感謝しなければならないのかも知れない。今年、どれだけ取りこぼしが出てくるか、そして来年のコセンダングサの出現状況がどうなるか? 注目して見て行こう。

<コセンダングサ(小栴檀草)>
  キク科、センダングサ属
  名前の由来:木の栴檀の葉に似ている
<特徴>
  1年草
  9~10月にくすんだ黄色の花を咲かせる、花径1cm程度
  道沿いや荒地に生える
  葉は鋸歯で整っており形が良い
  草丈は1m以下
  そう果は黒く、とげが3~4個つく、ひっつき虫

《ムラサキニガナ》
 最後に、6月27日に綴ったムラサキニガナのその後の姿を次に載せる。この花も次から次へと長く咲いていたが、もうこの株の終わりを持って今年の花期は終了だろう。<6月27日のブログにも追加しておく>
画像
                    (ムラサキニガナのその後の姿)

 今日の歩数は 7,900歩、今週の累計歩数は 50,509歩/7日。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月03日 23:57
こんばんは。こうして写真で野山の花を見せて戴くと、どれも昔見た雑草の?ようなイメージがなくなり、何故かいとおしくさえ思えてくるので不思議です。ひっつき虫嫌でしたよ~。でも此処でこうやってブログでアップされてあれこれ書かれて取り上げられると、ちょっと可愛いヤツとさえ思えて来るのですよね。「コセンダングサ」草のイメージなんですが、花は良く見ると可愛いですね。でも雑草(失礼な呼び方ですが?)はとても成長が早いですよね。だれか恨みの在る別人がこの山にウォーキングに来ているのですね。「ムラサキニガナ」下向きの綺麗な花ですね。
一日1万歩までは行かれないのですね。お山は結構近いのですね。それとも写真撮影と観察が忙しいのですね?
ganzy
2006年09月04日 01:59
お早うございます。
センダングサにも、いろいろあることを勉強してから、コメントを書き始めています。
私の画像には、コセンダングサの種子はたくさんありますが、花を撮ったものは入っていないような気がしています。花は、私の興味を引かなかったでしょうね。
あの線香花火のような、四方八方に広がった種の形は造形的にも面白いものですから、これはついつい撮りたくなるものです。
丁寧に、特定の植物を抜き取ってゆく…すごい執念の持ち主のようですね。どんなお方なのか、一度お会いしてみたいような、してみたくないような…。
デコウォーカ
2006年09月04日 20:29
一花さん、今晩は。
最近は一万歩いっていません。ご推察の通りの写真撮影と観察が忙しい事もありますが、やはり暑さの為余計な回り道をしない為に最低限の歩数(約8000歩)に止まってしまっています。涼しくなったら頑張りますヨ。
雑草は何時まで経っても雑草です。しかし良く見てあげると、花なんですね、可愛い立派な花なんです。ムラサキニガナも貧相な花ですが、良く見てみると可愛い立派な花なんですネ。

デコウォーカ
2006年09月04日 20:35
ganzyさん、今晩は。
確かに凄い執念を持っておられる様です。今日も新しく引き抜かれた株を20本位見ました。私も「どんなお方なのか、一度お会いしてみたいような、してみたくないような…。」同じ様に感じています。
コセンダングサの種も面白い形の様ですね。私も期待して見て行こうと思っています。
2006年09月06日 18:44
私の散歩コースの多摩川にもコセンダングサがたくさん咲いています。背が高いのですが、傍にいろいろな雑草があり案外花を見逃しています。冬、雑草が枯れてなくなったあとに背の高いコセンダングサの実が目立ちますので、ついつい写真を撮ってしまいます。

この記事へのトラックバック