香貫山の植物  ガガイモ、スズメウリ       

香貫山の草花(その84)

 今日も昨日に続き、香貫山に咲く蔓性の植物の花を綴る。
《ガガイモ》
 先ずは、ガガイモ(がが芋)。淡い紅色で5裂した花弁に白い毛が生えていてとても特徴的で、一度見れば忘れない。
画像
                          (ガガイモ) 

 ガガイモの名の由来は諸説あって「古名のカガミはしゃがむという動作で、かがむような低い所に太い茎があるところからカガミイモがガガイモになったと言う説や、ガガはスッポンの事で、葉の形が亀の甲羅のようで、芋に似た実を付ける事からガガイモになったとする説等がある。」と資料にある。
 このガガイモの蔓は、2m位まで伸びていたアジサイの株に巻き付いていた。アジサイの株の中から竹も伸びていて、この竹の葉とガガイモの葉に覆われていてアジサイの姿は見えない。
画像
            (亀の甲羅のような葉に覆われて母屋のアジサイが見えない。)

 写真を撮っている時は気が付かなかったが、今写真を見ると芋に似た実がもう生っている様だ。
画像
                (芋に似た実が右下の花に重なって見える) 

<ガガイモ(蘿摩)>
  ガガイモ科、ガガイモ属
<特徴>
  蔓性多年草
  8月に淡い紅色の花弁が5裂した花を集団で咲かせる
  花径1cm程度
  葉は細長いハート型
  花に白い毛があり特徴的
  実が乾燥すると中から種が出て風で飛び繁殖する
  土手や道端に生える 

《スズメウリ》
 次はスズメウリ(雀瓜)。カラスウリに対応して名付けられたとも、実が雀の卵のようであるから名付けられたとも言われている。
画像
                         (スズメウリ)

 カラスウリに比べて花も実も小さくて、カラスウリに対応して名前が付けられたとしたら、名前負けしている。あのカラスウリのレース状の花には到底及ばない。又、スズメウリの実は1cmと小さいが、熟すと白くなって綺麗になると資料にあるが、これもあのカラスウリの赤く色付いた実には到底及ばないと思う。
 花後すぐに実が膨らんできている。
画像
                 (花後の成長はカラスウリと同様に早そうだ)

  このスズメウリも手当たり次第に近くの植物に絡まっている。
画像
                   (ヤブマオに絡まっているスズメウリ) 

 横を見るとカラスウリの葉も見える。スズメウリの葉とカラスウリの葉は相似形で良く似ている。烏と雀の大きさの差は認められるので、葉は互角の判定になる。残念ながらカラスウリの実はここには見当らない。
画像
               (カラスウリとスズメウリの葉が並んでいる)                      

 葉の下には随分多くの実が吊る下がっている。これが一斉に白く熟したら以外に綺麗かも知れない。

<スズメウリ(雀瓜)>
  ウリ科、スズメウリ属
  名前の由来:カラスウリに比べて小さい
<特徴>
  一年生の蔓植物
  やや湿った場所に生育
  巻きひげによって他の植物に登る
  夏に直径7mmほどの白色の花を咲かせ
  秋には直径1cmの球形のかわいい果実をつける
 
 今日も良い天気で、香貫山に行ってきた。今日の歩数は 9,131歩、
                       今週の累計歩数は 55,180歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

羽島のすーさん
2006年09月23日 19:48
こんばんは。いつも珍しいブログ拝見しています。散歩の途中花を見るとデコウォーカさんの写真を思い出しています。
2006年09月23日 23:21
こんばんは。ガガイモ、これって皆さんあちこちでご覧になってらっしゃるのに、私は未だ見たこともないのですよ。何故って、私の大好きなサクラランはガガイモ科で一度其の本家本元を見てみたいな~と思ってましたからです。去年も花と実をブログで知ったのですが全然出会えません。こちらは随分自然に花が色々咲いていますね。特徴は花弁に白い毛が生えていて、結構綺麗な花で印象的ですよね。葉は亀の甲羅みたいなごついものなんですか?
そしてスズメウリ、以前OSAMI さん宅で鉢で誰か育ててらっしゃるもの拝見しました。白い実が印象的でしたよ。どちらも蔓性で他の植物に巻き付いている逞しいものなんですね。カラスウリの赤とスズメウリの白、紅白並べば面白いでしょうね。 (すみません~21日の彼岸花にもコメント入れてありますヨ)
ganzy
2006年09月23日 23:50
今晩は。
もうすぐ、お早うございますになりますが…。
ガガイモは、何度もブログに載せました。目に入ると撮らずにはいられなくなる花です。
でも、実が成るとは知らなかったのです。今まで目に入っていません。それほど、目に付きにくいものなのでしょうか。
ガガイモの花を目にする機会は、そんなには多くないようです。思いがけないときに、思いがけない場所で、ぱったりと出会うというような具合です。
スズメウリは知りませんでした。私も探してみます。今日、叔母の家へミョウガを届けた帰途、カラスウリをみかけたので撮ってきました。明日のブログに載せます。色づいたのを目にした、今年初めてのものでしたので。
2006年09月24日 11:37
ガガイモというのは資料で知っているだけで見たことがないのですが、花はアップで見ると毛が生えているような感じの可愛い花ですね。
デコウォーカ
2006年09月24日 22:15
羽島のすーさん、今晩は。
散歩の途中で思い出して戴き光栄です。どうも有難うございます。
初めて見る山野草ばかりで勉強しながら綴っています。今後も宜しくお願い致します。
デコウォーカ
2006年09月24日 22:28
一花さん、今晩は。
ガガイモの花を見つけたのは偶然でした。カラスウリやヤマノイモやヘクソカズラはいやでも目に入るくらい生えていますが、ガガイモは香貫山でもここ一ヶ所でしか見ていません。実もこんなに大きくなっていますので多分、花の時期も終わりの段階だったと思っています。気に掛けていると意外と見つかります。でも、今年はもうお仕舞いで、来年になるかも知れませんね。葉はごつくは無くて、形が亀の甲羅に似ていると言う事だと思います。
カラスウリの赤とスズメウリの白、紅白並んだ写真を是非撮りたいですね。チャンスを狙いますが、どうなるか・・・?
(スミマセン、ヒガンバナのコメントの返事を先ほど入れました。)
デコウォーカ
2006年09月24日 22:35
ganzyさん、今晩は。
私もガガイモの花には気付いて写真を撮りましたが、実は写真を見て初めて気付きました。葉と同じ緑色で気付きにくいと思います。
スズメウリ探してみて下さい。実が白くなると綺麗だそうです。私も白色になった実を写真に撮るようにします。
私は色付いたカラスウリを未だ見ていません。明日を楽しみにしています。
デコウォーカ
2006年09月24日 22:38
OSAMIさん、今晩は。
チョッと毒々しい感じもしますので、一度見ると忘れる事が無いくらい特徴的だと思っています。

この記事へのトラックバック