足和田山ウォーキング(その2)     

 昨日に続き、足和田山ウォーキングの後半を綴る。三湖台の昼食後の休憩時間に山頂に咲いている花を探した。山の上の草むらの中には意外と沢山の花が咲いていた。風当たりが強くて草花が育たないと思うが、むしろ逆で日当たりが良いので草花が良く育つと思われる。食事を取った場所のすぐ横にはウツボグサがひと塊になって咲いていた。
画像
                        (ウツボグサ)
 草丈の大きい花は眼下の西湖や樹海を見下ろしているようだ。
画像
                        (クサレダマ)
画像
                       (オオバギボウシ)

 草むらの中に咲いている花を以下に綴る。
画像
                       (ハクサンフウロ)
画像
                        (ダイコンソウ)
画像
                      (アキノタムラソウ)
画像
                          (ヒヨドリ)
画像
                        (サワヒヨドリ)
画像
画像
                      (ワレモコウ)

 お花畑の様な山頂を後にして下山を続ける。途中の紅葉台で休憩を取り、青木が原の樹海に到着した。樹海の中は道を外れたら迷子になる。
画像
                        (青木が原樹海)
東海自然歩道の標識に沿って、鳴沢の氷穴・風穴に到着して本日のウォーキングは終了。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ganzy
2006年08月07日 16:56
我が家にあったり、わたしが見たりしているのは、わずかに「ワレモコウ」だけです。これは我が家に植えてあります。フウロの仲間は、当地にもいろいろな種類があって、それぞれに魅力的な花を見せてくれます。
お疲れ様でした。でも、うんと羨ましいことでした。
2006年08月07日 17:30
結構いろいろの花が咲いていましたね、楽しませていただきました。
2006年08月07日 22:13
この時期、色々と花が咲いているものなんですね。名前は知っておりますが、うちにあるのは「ワレモコウ」だけで、あと「ウツボグサ」でも「セイヨウウツボグサ」はあります。
「クサレダマ」と「オオバギボウシ」の写真がまたとても良いですね~。背景の青い空に山が微かな色の柔らかい稜線を描き、また後ろの緑の叢の夏草の一本一本の尖った葉先が如何にも自然の野山の雰囲気を出して、主役のクサレダマ、またはオオバギボウシが悠然と言うか毅然と自然の中で美しく咲いていますね。ハクサンフウロ、ワレモコウの写真も綺麗です。1枚目のウツボグサ、たくさん咲いていますね。これも夏草の中から元気に顔を出している小さな小坊主?踊り子?たちのイメージですね。
デコウォーカ
2006年08月07日 23:35
ganzyさん、今晩は。
ワレモコウを初めに、ganzyさんのお庭には色々のお花が植えられているんですね。私はワレモコウを含め、初めての花が多々有りその珍しさや美しさに会って、その都度感激してます。
山行は暫く予定がありません。しかし、今が絶好の夏山シーズンなのでチョッと考えようかなと、思ってもいますが・・・。
デコウォーカ
2006年08月07日 23:37
そんなに高くない山ですが色々の花が咲いていて感激でした。
デコウォーカ
2006年08月07日 23:48
一花さん、今晩は。
私の稚拙な写真をこんなに上手に表現して戴くと、何か一流のカメラマンの作品になった様な気分になりました。ありがとうございます。
この写真と解説文を合わせて一枚にして来年のマイカレンダにしようかなぁ~。(かなり本気です。)
MAN
2006年08月08日 16:39
暑い夏の最中、色んな山に出かけていますね!
どれも綺麗な写真でよく撮れているので
カレンダーにするのはいい提案だと思います!!
今後も水分をちゃんと取って無理せずに歩いて下さいね。
デコウォーカ
2006年08月11日 10:45
MANさん、おはようございます。
気付くのが遅れて、返事も遅れてしまいました、すみません。
カレンダーは年末にどれにするか決める積もりです。
夏は水持参でウォーキングしています。必須ですね。気遣いありがとうございます。

この記事へのトラックバック