香貫山の植物  カラスウリ (番外編 ヤマユリ)      

香貫山の草花(その44) カラスウリ       

 昨日の夕方から夜にかけ、香貫山の香陸台に行って来た。目的はカラスウリの写真を撮る事と、沼津夏祭り二日目の花火見物だ。カラスウリの花は一夜花で、夕方開花して朝には萎んでしまう。花を撮るには夜しかない。花火見物の人達は数十人は居たと思うが、暗闇の中で花火と反対方向を向いて写真を撮っていたのは私一人だった。花火がスタートした7時30分にはカラスウリは満開になって撮影を終了し花火見物に加わった。以下にカラスウリリの様子を掲載する。
 カラスウリ(A)の時間変化。油断をしていて、開花スタートを撮り損なってしまった。
画像
(撮影開始 18:55)
画像
(蛾の訪問 19:11)
画像
(撮影終了 19:30)          カラスウリ(A) 18:55~19:30

 カラスウリ(B)はレースの先が内側に丸まっている。
画像
                  カラスウリ(B) 19:16

 横から見た姿はあまり綺麗でない。
画像
                横から見たカラスウリ(C)

 資料を見ると、カラスウリは雌雄異株とある。雌花は花の中央の丸い所(メシベ)が三つに割れて出っ張っていると、ある。上記のカラスウリ(A)も(B)も雄花の様だ。(C)は不明。 
 崖の下5mくらいの所に、沢山のカラスウリの花が咲いていた。
画像
画像
                      崖下に咲いたカラスウリ

 崖下に咲いていたカラスウリはかなりの数だった。秋には沢山の赤い実が見られるのが楽しみだ。赤いカラスウリは人間(特にご婦人)に採り去られてしまうが、ここなら人に採られる事はないだろう。

        ---2007年11月4日のブログより転載開始---
《番外編》 カラスウリの実
 香貫山のアチコチにカラスウリの赤い実が綺麗に稔り始めた。
画像
画像
                 (綺麗に稔ったカラスウリの実)

 登山道から約5m入った所の木に生っている。緑色の実の時には、ここに実が生っているのを知らなかった。赤く熟れて存在をアピールしている。この場所だと鳥のカラスが食べる前に、人間カラス(?)が持ち去る事となるだろう。
        ---2007年11月4日のブログより転載終了---

<カラスウリ(烏瓜)>
  ウリ科、カラスウリ属
  別名:玉章 たまずさ

<特徴>
  多年草
  8~9月に日が沈むと咲く
  夕方から朝まで咲く夜の花
  花先のひげが長く放射状に伸びる
  つる性植物で木に絡んだり又草の上に伸びる
  秋には朱色の楕円形の実が出来るが名前の通り食べられない
  実は長さ5~7cm程度

《番外編》 ヤマユリ 
 斜面に一塊に集まっていたヤマユリがほぼ満開になった。その後の姿を次に載せる。(香貫山の草花ーその41 ヤマユリに追加する)
画像
               一塊のヤマユリが満開になった

 今日のウォーキングは香貫山往復だった。今日の歩数は 8,412歩。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月31日 22:24
こんばんは。花火見物の人達の中で反対方向を向いてお写真を撮ってらして、皆さんに変?と思われたことでしょうか?^^でもカラスウリの花に興味を持ってらっしゃるってことは、自然の植物がお好きでいらっしゃるのですね。この花に惹かれる方も多いようです。2時間近く粘ってらっしゃて、貴重な映像をこうして見れて有り難いです~。花びらは、まるで白い蜘蛛の糸が織り成すレース模様ですね~。園芸種の花の中にはこのような自然の美しいものがありませんね~。それにしてもたくさん咲いていて、蛾も寄って来るという事は、匂いがするものなんでしょうね?雌雄異株って花が微妙に違うものなんでしょうか?
>赤いカラスウリは人間(特にご婦人)に採り去られてしまうが、。。。。 それはそれは欲張りなご婦人もいらっしゃるものですね~。残念ですけど、ここならご安心でしょうか?
散歩コースにもヤマユリも咲いていて素敵な場所、なお一層お散歩に励みたくなりますよね。貴重な画像を有難うございました~。
2006年07月31日 22:36
綺麗なカラスウリの画像拝見しました、蛾もフラッシュの光に驚いたと思いますがなかなか珍しい画像になっていますね。
デコウォーカ
2006年08月01日 14:10
一花さん、今日は。
以前からカラスウリの花を撮りたかったけど、夜の山の中に一人で行くのを躊躇していました。打上花火の日には香陸台に人が集まるのを知っていましたので、其れに合わせて写真撮りに行ってきた訳です。従って、皆にどう見られているか、なんて気にせず撮りまくりました(苦笑)。
蛾まで撮れた時は、何てラッキーと、多少興奮してしまいました。
匂いもするようですが、嗅ぐ余裕がありませんでした。
デコウォーカ
2006年08月01日 14:15
OSAMIさん、今日は。
シャッターを押そうとしたら、脇から何かが飛んできました。シャッターを押したら、フラッシュにビックリしたんでしょうね、飛んでいきました。液晶画面で確認したら蛾だったので、こっちがビックリ。でも、こんな幸運は二度とないと、多少嬉しさで興奮してしまいました。
2006年08月02日 00:13
何年か前、カラスウリの花が夜に開くことを知り、見に行きましたが、こういう写真を撮れませんでした。
すばらしいカラスウリの写真です。
はじめてカラスウリの花を見たときは、「これはアンドロメダだ」と思いました。その時の感動を思い出します。
デコウォーカ
2006年08月02日 10:08
hirasan、今日は。
カラスウリの花を写真に撮る為に朝早く、と言っても6時ごろですが行って見たら既に萎んでいました。やはり夜行くしかない。と言う事で、後は一花さんへのコメント通りでした。
カラスウリの花は自然の造形の不思議の一つですね!

この記事へのトラックバック