健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 香貫山の植物  オニユリ、オシロイバナ、他      

<<   作成日時 : 2006/07/27 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

香貫山の草花(その43) 他(アキノタムラソウ)      

 今日は朝から夏空が広がった。暑さに負けずに香貫山に登るが、汗はポタポタ落ちる。
今日も香貫山の草花を綴る。
《オニユリ(鬼百合)》
 一昨日ヤマユリを綴ったが今日はオニユリ(鬼百合)を綴る。現在までに見た株数は2株で、ヤマユリに比べて圧倒的に少ない。登山道沿いでなく、尾根や谷沿いにもっと咲いているかもしれないが、夏は草が茫々としていて入るのを尻込でしまう。
画像
                       (オニユリ その1)

画像
                       (オニユリ その2)

 ヤマユリは同じ株の花はほぼ同時に咲くがオニユリの花は順次咲くようだ。上の写真(その2)は3日前に撮影したが、今日の状態では、開いている花が萎み始めて右上の蕾が開いていた。一株だけの観察なので間違いがあるかも知れないが・・・。

<オニユリ(鬼百合)>
  ユリ科、ユリ属
<特徴>
  7〜8月に開花
  朱赤の地に黒い斑点の花
  どこにでもある暑い夏の花といった風情だ
  葉の根元に黒い珠芽が出来る
  蒔くと生える
  花径10cm程度
  草丈1M以下

《オシロイバナ(白粉花)》
 展望台の入口にオシロイバナ(白粉花)が咲いている。この花も真夏の花だ。誰かが植えた
かもしれないが香貫山に咲いているので掲載する。
画像
                        (オシロイバナ)

《アキノタムラソウ》
 上のオニユリ(その2)の写真にはオニユリの前に青紫の花が何本か咲いている。登山道から4〜5m上の急斜面に這いつくばって咲いている。7月16日に綴った、アキノタムラソウだ。今、香貫山はこのアキノタムラソウの最盛期にある。最初に見た時は登山道脇だったが、今は山側の斜面の高い所まで生えて咲いている。花が可憐に見えるが、意外とタフな草の様だ。
画像
                (急斜面に咲いたアキノタムラソウの一団)

 今日の歩数は9,849歩、今週の累計歩数は 38,572歩/4日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
オニユリはあちこちで見かけますが、山を歩いている時に花に会えるのはいいものです。
ムカゴのまわりの白いもにはなんでしょうか。
hirasan
2006/07/27 23:40
花にも、流行り廃りがあります。
オシロイバナなどは、廃れてしまった花の代表格ではないでしょうか。今では、自宅の庭に、花壇に、わざわざ種を蒔いて栽培している奇特な人は皆無に等しいだろうと思います。
そのかわりに(?)強健な生命力で、あちこちで自生して逞しく行き続けています。私が見かけているのは3〜4種類というところです。
今日の画像の色彩のものがいちばん強健なのかもしれません。
ganzy
2006/07/28 04:01
植物園でオニユリの咲いているのを見ましたが、やはり自然の状態のオニユリが良いですね、しかしヤマユリより生命力が弱そうなところが気になりますね。
OSAMI
2006/07/28 07:22
hirasan、今日は。
ムカゴのまわりの白いものは、昆虫の類が卵を産みつけたのでは?と推測しています。このオニユリだけでなく、色々の草の茎や葉に白い物がついています。
デコウォーカ
2006/07/28 15:05
ganzyさん、今日は。
オシロイバナの解説、どうもありがとうございました。花期も長いし、意外と綺麗なので見捨てるのはもったいないですね。
デコウォーカ
2006/07/28 15:10
OSAMIさん、今日は。
登山者の手の届く所はなくなって、手の届かない急斜面のみになってしまった様です。皆が自然を残す意識があればもっと咲いているのではと、思います。
デコウォーカ
2006/07/28 15:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
香貫山の植物  オニユリ、オシロイバナ、他       健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる