香貫山の植物  ヤマユリ             

香貫山の草花(その41)  ヤマユリ(山百合)
 
 今日も香貫山へ行って来た。今日までに集めた香貫山のヤマユリ(山百合)の幾つかの風景を綴る。今年、最初に見たのが7月17日でその場所は登山道の山側崖の5mくらい上だ。
画像
                     (崖上に咲いたヤマユリ)

 同日に五重塔の下でも咲いた。7月9日の香貫山の草花(その28)で綴った、「五重塔を見上げているモントブレチア」の下に咲いていた。
画像
                   (五重塔を見上げているヤマユリ)

 実はこの五重塔を見上げているヤマユリの近くには、もっと早く咲くと思って見守っていた株があったのだが、7月9日以前に誰かに折られてしまったのだ。斜面から登山道に蕾を突き出していて、良く目立っていた。咲いたらさぞかし綺麗だろうと、思っていたがそれが逆に出て、採リ易くなってしまったようだ。
画像
                     (蕾を折られたヤマユリ)

 その後はアチコチで咲き出した。
画像
                      (他草に隠れたヤマユリ)
画像
                    (蝶を迎え入れたヤマユリ)
画像
                 (道端のお地蔵様に供えられたヤマユリ)
 香貫山に咲いているヤマユリを切った事は感心しないが、持ち帰らずに登山者全員が見て
通るお地蔵様に供えられているので許せる。むしろ感謝している。ここのお地蔵さんにはその
時々に香貫山で咲いている旬の花が供えられていて登山者の目を楽しませてくれているの
だ。
画像
                   (約1mも首を下げたヤマユリ) 
画像
                 (霧の中、咲き始めた斜面のヤマユリ)
画像
            (ほぼ満開になった斜面のヤマユリ  8/2日:追加)
画像
                  (一株に6ヶの花をつけたヤマユリ)

 まだ蕾の株も有るので、もう暫くは美しい姿と良い香りを楽しめると思う。

<ヤマユリ(山百合)>
  ユリ科、ユリ属
<特徴>
  7~8月に開花
  百合の王様
  花径15cm程度で大輪
  改良した百合の原種で日本の誇れる花
  草丈1M以下
  笹百合が女性的ならこの百合は男性的

 今日の歩数は 11,456歩、今週の累計歩数は 19,922歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月25日 21:05
岩場のヤマユリ、草むらのヤマユリ、どれもいいですね。
とにかくヤマユリが好きなので楽しめました。
2006年07月25日 23:17
自然の中に咲いているヤマユリは良いですね、一個だけ咲いているのも風情が有っていいですが、6個も咲いていると又豪華です。
ganzy
2006年07月26日 01:07
おはようございます。
hulala 様のブログで、ヤマユリにお目にかかったのが 7月9日でした。その日のブログに:
「私が自生のヤマユリを目にしたのは一度だけです。
その場所は、大和は多武峰の背後の山『御破裂山』の山中でした。
昨日の『サクララン』などと同様に、『ヤマユリ』も園芸植物としか思えないような華やかなものですね。
花屋さんが、百合の雄蕊を切り取って売るようになったのは、いつの頃からでしょうか?と、へんなことを思っています。」
というコメントを残しています。
2006年07月26日 06:28
ゆりはいいですねー。女性の姿のようです。香りもあったりして。
デコウォーカ
2006年07月26日 09:05
hirasan,お早うございます。
岩場のヤマユリは、高嶺の花で手が届きません。見惚れているだけです。
草むらのヤマユリも、蛇に噛まれる気がして手を入れられません。これも覗き見しているだけ。
冗談はさて置き、ヤマユリは豪華な花です。
デコウォーカ
2006年07月26日 09:15
OSAMIさん、お早うございます。
写真を撮っていて気が付いたんですが、一株に一個だけの場合も六個の場合も花の大きさは同じサイズの様です(計測していないので不確かですが)。日当たりの良い所の元気な株は花の数が多く、日陰の草むらの中の株は少ない(一個)様です。従って、どの株の花も大きく開いて綺麗です。
他の花も同じかな???
デコウォーカ
2006年07月26日 09:36
ganzyさん、お早うございます。
ヤマユリは本当に園芸植物の様に華やかですね。そこでなるべく自然の中の、あるがままの姿を撮りたくてここ1週間は香貫山の中をウロウロしていました。
オシベは確かに厄介です。一番最後の写真の一株に六個の花が付いている株は蔓に絡まれて倒れていました。そこで写真を撮る為に持ち上げて、植え込みに寄り掛からせました。その後、手を離したら株が反発力で元に戻り、ヤマユリが私の袖に触れてオシベの茶色の花粉がべっとりと着いてしまいました。
自然界のヤマユリのオシベも誰か切り取ってくれて、なかったのかな~
と、一人で苦笑いでした。
デコウォーカ
2006年07月26日 09:46
sakuragipoさん、お早うございます。
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。
ヤマユリはその百合の中でも女王様ですかね?本当に綺麗です。

この記事へのトラックバック