香貫山の植物  コマツナギ、マルバハギ、ヤマハギ他          

香貫山の草花(その40) 他(キハギ、メドハギ)

  今日は香貫山の萩の仲間を綴る。
《コマツナギ》
 ミヤギノハギは6月22日の香貫山の草花(その19)で綴った。今もまだ咲いているが一頃の見事さは無くなっている。同じ日に綴った、コマツナギはハギの名前が付いていないが同じマメ科なので萩の仲間として綴る。コマツナギは現在も満開でまだ暫くは綺麗に咲いていそうだ。もう一ヶ月以上も咲いている。随分寿命が長い。
画像
                 (1ヶ月以上も綺麗に咲いているコマツナギ)

 一方、今年の新株だろうか登山道の脇で最近咲き出した。ここの場所では大きく育つ前に切られてしまうかも知れない。
画像
                       (新株のコマツナギ)

《マルバハギ(丸葉萩)》
 ミヤギノハギよりも葉の先が丸いものが、マルバハギ(丸葉萩)だ。
画像
画像
                        (マルバハギ)

《ヤマハギ(山萩)》
 ヤマハギ(山萩)も葉の形はマルバハギに似ている。差異は花の付き方が葉の脇に葉より短い総状花序を出すのがマルバハギで、葉から離れるのがヤマハギだ。
画像
                         (ヤマハギ)

《キハギ(木萩)》
 白色がメインの萩もある。キハギ(木萩)だ。コマツナギの様な円錐花序を付けている。
画像
画像
                    (キハギ)

《メドハギ(目処萩)》
 もう一つの白色がメインの萩は、メドハギ(目処萩)で、葉が長細い形をしてい、ほうき状の枝に咲く。
画像
                         (メドハギ)

 コマツナギ以外は一つの株にあまり花が沢山付いていない。まだ季節的に早いかも知れない。マルバハギを良く見ると葉の脇に小さな蕾の芽の様な物が見える。これからが花の咲くシーズンなのかも知れない。

 今日も香貫山の往復で、歩数は 9,324歩、今週の累計歩数は 50,844歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ganzy
2006年07月22日 21:49
ハギは木なのだと思っていました。
今日のブログを見て、「ハギ」という言葉一つで済ませていた自分を知って恥ずかしくなりました。
急いで、図鑑を調べると、私の愛用している「日本の野生植物 草本」に、マメ科、ハギ属としてキハギ以下マキエハギまで11種類が載っていました。
バカな話ですが、これを見て「萩って草なんだ」とビックリしています。
2006年07月23日 23:22
萩の色がいいですね。
これから9月いっぱいは萩を楽しめそうです。

コマツナギやキハギなどは小低木という記述があります。
デコウォーカ
2006年07月23日 23:24
ganzyさん、今晩は。
やっと、今日のブログ入力が終わりここに来ました。返事が遅くなり申し訳ありません。
私もハギに11種類も有るとは知りませんでした。又、草とも知りませんでした。情報どうもありがとうございました。
デコウォーカ
2006年07月24日 22:14
hirasan、今晩は。返事が遅くなり、申し訳有りませんでした。
やはりこれから萩を楽しめますか?萩の色は本当に良い色ですね。私の好きな色の一つです。
私が写真を撮ったコマツナギ、キハギは共に50cmぐらいの高さだったと思います。

この記事へのトラックバック