赤い実の木(その12) アオキ    

 アオキのその後の状況を綴る。
 数日前に雌株の蕾が膨らみそろそろ開花するかな、と思っていたが桜の方に気を取られ、
観察し忘れてしまった。昨日覗き込んだら、雌花も一斉に開花していた。花の大きさ5mmと
花弁の茶色は雄花と同じだが、雄花には黄色の4つのオシベ(?)があり、雌花にはこれが
無い。
 
画像

                                         開花したアオキの雌花

 雄花の房(塊)と一つの花を以下に載せる。

画像

                                      開花したアオキの雄花の房

画像

                                         開花したアオキの雄花

 アオキの木を良く見ると赤い実は数個しか残っていない。しかし緑の実が未だ多く残って
いる。この緑の実は今後どうなるのかな? 赤くなってから落ちるのか、緑のままで落ちる
のか、暫く緑のままで残るのか?しかし、ここで受粉が完了すれば今年の新しい実が成長
していく訳で、2世代の実が同居するのかな?

画像

                                       緑の実が未だ残っている

 隣の雄花は3月24日に開花した。雌花の開花は多分4月4日頃と推測するので約10日
の差が有った。雌花の開花が遅れて受粉に間に合わないかと心配したが、雄花がまだ元
気に咲いているので、どうやらお隣同志で開花している期間が重なり合い受粉には影響な
さそうだ。

 アオキの花は小さくて色も地味な茶色の為、人目を引かない。実はそこそこの大きさで鮮や
かな赤色で目立つが花は今一であった。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック