香貫山の植物  ベニシグレ、ギョイコウ、ウコン      

ソメイヨシノ以外の桜(その9) 

 新桜台に植えられている桜の最後の品種について綴る。

《ベニシグレ(紅時雨)》
  花弁は20~40枚あって淡紅紫色。雌しべ2本は葉化する。
画像
画像
                     ベニシグレ(紅時雨)

 新桜台にはベニシグレは2本しかなく、また小さい為目立たない。今日現在、新桜台で咲き誇っている桜は、カンザン、フゲンゾウ、テマリ、ショウゲツ等である。最初咲き誇っていたコケシミズ、シロタエ、シラユキ等は既に花が散ってしまっている。同時に咲いたらさぞ凄いだろうな、とつい思う。しかし、順次咲いて長く楽しむのが自然であり、ベストなのだ。

ギョイコウ (追記)

 本シリーズの(その8)にて、ギョイコウ(御衣黄)を記載したところ、sakuragipoさんから「もう少しするとギョイコウは赤い線が入る」と、コメントを戴いた。今日確認すると、コメント通り花の中心部が赤く色付いていた。前回載せた写真と合わせて以下に載せる。
画像
                赤く色付く前のギョイコウ
画像
                   赤く色付いたギョイコウ

 女学生が卒業して、口紅を始めて付けた様な変化だ。やはり、桜には紅色が良く似合う。ギョイコウと同じ黄緑色のウコンも開花後、時間が経つと中心部が赤色に変わってくる。
画像
                  展望台入口のウコン(4/7)
画像
                  展望台入口のウコン(4/19)

 以上で、香貫山・新桜台にある30種の桜の記述を終了する。香貫山に30種も桜が植えられている事に先ずビックり。それに加えて三島の遺伝研の桜も見に行って桜の種類の多さと、それぞれの美しさに驚いた1ヶ月でした。今まで桜と言えば、ソメイヨシノ、山桜、八重桜、枝垂桜ぐらいしか知らなかった。今回の経験でそれぞれに沢山の種類がある事が解った。これを機会に、これから少しづつ名前を覚えていこうと思う。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月19日 17:29
こんばんは。よくここまで勉強しましたね。おどろき!おどろき!です。
MAN
2006年04月19日 17:49
ひとつひとつの桜の写真をアップで撮ったり、全体を撮ったり、説明書きをしたり・・毎日ウォーキングをしながら色々大変だったことと思います。お陰様でこちらも楽しませて頂きました!
2006年04月19日 22:15
羽島のすーさん、MANさん、今晩は。
今年の桜のシーズンはおかげ様で楽しい毎日でした。
多少天気が悪くても情報集めに香貫山へ出かけました。おかげ様でブログも継続出来たし、第一の目的のウォーキングも継続出来ました。
2006年04月20日 07:13
続けて拝見していますが桜も奥が深いですね、桜の種類が少ない所に住んでいるとなかなか出会う機会も少なくて良い勉強をさせて頂いてます。
2006年04月20日 20:25
OSAMIさん、今晩は。
桜の種類は400種あるそうです。その内の30種を今回追いかけた訳ですが、結構似ている品種があり、何処が違うか見分ける事が難しい場合があります。なかなか奥が深いです。

この記事へのトラックバック