香貫山の植物  ギョイコウ、スルガダイニオイ、フゲンゾウ他         

ソメイヨシノ以外の桜(その8) 他(タイザンフクン、ジュズカケザクラ)      

 今日も曇りで、今週は雨や曇りの日が多く、天気には恵まれない。明日も曇りの様だ。香貫山の新桜台に行って来て、その後開花した桜の写真を撮ってきた。

《ギョイコウ(御衣黄)》
  花弁は13枚、縁は外側に反り返り淡緑色、部分的に濃い筋が入る。
 ウコンの様に黄色ががっているが、もっと緑色が強い。最初は花が葉の様に見えて、まだ開花していないと思っていた。桜とは思えないが、これもなかなか綺麗だ。
画像
画像
(4/15、追加)              ギョイコウ(御衣黄)

《スルガダイニオイ(駿河台匂)》
  花は白色5弁、強い芳香がある。しばしば旗弁がある。
画像
                     スルガダイニオイ(駿河台匂)

《フゲンゾウ(普賢象)》
  八重咲きで淡紅色のち白色。雌しべが葉化して普賢菩薩の乗った象に似る。
画像
                      フゲンゾウ(普賢象)

《タイザンフクン(泰山府君)》
  枝が伸びて樹形はほうき状。花は紅紫色。
画像
画像
                    タイザンフクン(泰山府君)

《ジュズカケザクラ(数珠掛桜)》
  花は菊咲き、淡紅色のち薄れる。親鸞上人の数珠掛で知られる。
画像
                    ジュズカケザクラ(数珠掛桜)

 三島の遺伝学研究所で見た、鬼無稚児桜に大きさと色共に良く似ている。最初は同じかと思ったが、帰宅して鬼無稚児桜の写真を見たら花の中心部(雄しべ、雌しべ)が違っていた。

 昨日の宿題の「イモセの雄しべと雌しべの長さ」は、やはり説明板の通り、雌しべの方が雄しべより長かった。もう一つの宿題「八重紅虎の尾は、花の数が多くて虎の尾状。の意味」は、しげしげと見たが何処が虎の尾状なのか解らなかった。
 新桜台の桜もあと<紅時雨>1種のみとなった。今日はまだ蕾の状態だったので、後数日かかると思われる。
 鶯はだいぶ上手に鳴けるようになって来た。
 今日の歩数は 9,990歩、今週の累計歩数は 43,634歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月14日 22:45
いつも珍しい桜を楽しませていただいています、ギョイコウは目で見るともっと色が濃いのでしょうか、それからメシベが異常に長いように見えますが。
2006年04月15日 07:45
OSAMIさん、おはよう御座います。
見て戴いた写真はフラッシュをたいて撮りました。フラッシュ無しの写真を追加しました。見比べて下さい。色はフラッシュ無しの方が実際に近いかも知れません。この写真の方が雌しべの状況も良く見えると思います。
OSAMI
2006年04月15日 08:25
おはよう御座います、
追加画像のほうが色のトーンがよく分かります、又宜しくお願いします。
2006年04月15日 12:24
遺伝学研究所は動物だけではなく植物もやっているんですねぇ。勉強になりました。
2006年04月15日 12:40
相変わらずいいですねー。タイサンフクンはあまりないですね。
もう少しするとぎょいこうは赤い線が入るでしょうね。
2006年04月15日 17:29
羽島のすーさん、今日は。
すみません、遺伝学研究所が何をやっているか殆ど知りません。畑が有りましたから植物も研究の対象だと思います。
2006年04月15日 17:33
sakuragipoさん、今日は。
今日はギョイコウを覗いて来ませんでした。明日以降に調べます。赤い線が入るなんて、面白いですね。
2006年04月16日 01:18
遺伝研は昔有名なさくらの先生、竹中要さんかな、がいたようです。
ワシントンのさくらも一回目は病気で捨てられ、2回目はここが関与したようです。
2006年04月16日 11:38
sakuragipoさん、今日は。
情報戴き有難う御座いました。ワシントンのさくらを再生とは、なかなか国際的に貢献したんですね。竹中先生の名前も含めて覚えておきます。

この記事へのトラックバック