キブシとヤシャブシのその後

 キブシとヤシャブシはその後、どうなっているか?

 キブシはその後、かんざしが膨らみ益々綺麗になり、回りの景色の中で一際目立っている。回りはまだ冬景色から抜け出していないのでキブシが目立つのだ。ここ香貫山にはこのキブシの木が意外と沢山あり、この時期ではキブシが一人気を吐き目立っている。これから雄株と雌株を継続して観察して行こうと考えている。その対象の株をそれぞれ写真に撮った。
画像
                キブシの雄株

画像
                キブシの雌株

 実はこの雄株と雌株の写真は昨日の曇りの中で撮影した。今日の晴天の中ではこの雌株のバックに富士山が覗いていた。
画像
                富士山とかんざしの競演

 一方のヤシャブシはどうなっているか?
ヤシャブシの雄花は茶色化し始めたり、落下した者もある。それに対して雌花は小さいがピーンと上を向いて元気だ。
画像
                ヤシャブシの雄花と雌花

 これから、この三本の株を継続観察して行く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック